欧州海域戦_表紙


「欧州海域戦」( 「ソロモン夜襲戦」 の欧州戦線版)で地中海の戦いを再現してみる。
今回挑戦するのは「パンテレリア沖海戦」。「ハープーン作戦」と呼ばれるマルタ島輸送作戦の途中で起こった海戦だ。シナリオの詳細については、 こちらの記事 を参照されたい。

前号までの展開は、--> こちら

11Turn

IT_CL7a勇敢にも接近を続ける英駆逐艦とそれを迎え撃つ伊艦隊。その距離は6Hex(約9km)まで近づいてきた。この距離だと両軍の砲火もその正確性を増してくる。英駆逐艦の砲撃を受けた伊駆逐艦「アスカリ」が被弾小破。だが戦闘続行は可能だ。
それに対して伊艦隊は、軽巡「ライモンド・モンテクッコリ」が英駆逐艦「マーン」に2発の6インチ砲弾を命中させた。「マーン」は中破し、事実上戦闘力を失う。

Turn11


12Turn

TorpMk9Pa英艦隊はこのまま座して死を待つよりも決死の突撃を敢行する。とはいえ残った艦隊駆逐艦は僅かに2隻(他に船団護衛中のハント級駆逐艦5隻と防空軽巡「カイロ」が残っていたが・・・)。その2隻に対してイタリア艦隊の集中砲火が降り注ぐ。至近距離から放たれる巡洋艦の砲撃はすさまじいものがあったが、奇跡的にも命中弾なし。英駆逐艦2隻は必中の思いを込めて12本の魚雷を解き放った。

Turn12


このTurn、またもや枢軸軍の空襲があった。狙われたのは輸送船「オラリー」。船尾方向から接近して来たJu88は、対空輪形陣の弱点を突く形となった。250kg爆弾1発が至近弾となったが、幸い「オラリー」の損害は軽微であった。

13Turn

IT_CL10a英駆逐艦が渾身の想いを込めて放った魚雷は、しかし無情にも目標を逸れた。反転して離脱を図る英駆逐艦に対し、イタリア艦隊の砲火が降り注ぐ。トライバル級の駆逐艦「ベドウィン」は、伊軽巡「エウジェニオ・ディ・サヴォイア」の放った6インチ砲弾2発を受けて中破。また最後まで無傷であった駆逐艦「イシュリール」もイタリア駆逐艦の集中砲火を浴びて中破した。

Turn13


14Turn

DamegeH英駆逐艦は煙幕を展張しつつケツをまくって逃げを図る。煙幕が功を奏したのか、イタリア軽巡による射撃は至近距離であったにも関わらず両方外れ。しかし伊駆逐艦の射撃は的確であった。1発が英駆逐艦「イシュリール」に命中。同艦は大破して最大速度が10ktまで低下してしまう。

Turn14


ナヴィガトーリ級駆逐艦を侮るなかれ。一見鈍足で使えない同級駆逐艦だが、その砲戦能力は英海軍のL/M級艦隊駆逐艦に匹敵するのだった。英駆逐艦はこの思わぬ大敵によって多大な出血を見ることになる。

RMS_DD_NavigatoriClass_DaRecco


15Turn

逃げる英艦隊。追う伊艦隊。このTurnはヘタリア海軍の本領発揮。煙幕に邪魔されて1発の命中も得られず。

このTurn、枢軸軍の空襲があったが、対空砲火に阻まれて外れ。

16Turn

英駆逐艦「マーン」に6インチ砲弾が命中。「マーン」は大破する。

17Turn

伊軽巡部隊はまたもや煙幕に阻まれて命中弾なし。一方、伊駆逐艦隊は英駆逐艦「イシュリール」に集中砲火を浴びせて撃沈。ようやく最初の獲物をしとめた。

18Turn

最終Turnである。イタリア艦隊は、英駆逐艦「パートリッジ」に命中弾を与えてこれを大破に追い込み、さらに射程距離内に入ってきた護衛駆逐艦「バードワーン」に命中弾を与えて小破せしめたが、そこまでだった。 頼みの空爆もまたもや外れ。この時点でタイムアップとなった。

Turn18


両軍の損害

英艦隊

沈没:駆逐艦「イシュリール」
大破:駆逐艦「パートリッジ」「マーン」
中破;駆逐艦「ベドウィン」「マッチレス」、油槽船「ケンタッキー」
小破:駆逐艦「バードワーン」

伊艦隊

小破:駆逐艦「プレムダ」「アスカリ」

VPではイタリアは50VPを獲得、英側は0VPであったが、イタリアがボーダーラインである50VPをギリギリでクリアしたため、イタリア海軍がギリギリ勝利した。プレイ中はイタリア側の圧勝と思えたが、意外とギリギリだった。イタリア側としては優勢を決めた13Turn以降の戦いがやや雑であった感がある。

感想

シナリオ自体はいい感じに仕上がっているように思う。ある程度勝敗が見えてきても、ボーダーラインが厳しいので劣勢側にもチャンスがある。空襲の結果にややバラつきが大きいように思ったので、その点だけ少し手を加えよう。それから輸送船のVPを少し高めにし、輸送船を攻撃する「美味しさ」を増やそう。それ以外は今のままで良いんじゃないかな・・・。

RMS_Eugenio_Di_Savoia