表紙


The Battle for Germany(以下、本作)は、2021年に米国Compass Gamesが発表したシミュレーションゲームだ。テーマは1985年8月を想定した西ドイツにおけるワルシャワ条約機構(WP)軍とNATO軍の対決。1Turnは実際の1日、1Hexは12kmに相当し、1ユニットは連隊~師団規模になる。 本作の基本システムは、 以前の記事 で紹介したので、そちらを参照されたい。

今回は、その中からシナリオ4「The Battle for CENTAG」をソロプレイしてみた。このシナリオは北部戦域を除いたドイツ中南部での戦いを描いたシナリオである。キャンペーンシナリオほどではないが、それでもフルマップ2枚相当のかなり大規模なシナリオである。個人的には実質的にプレイなのはこの程度のシナリオまでかな、とも思っている。

Turn00a


1Turn(1985/8/1)

戦略フェイズ

SO_Spetsnazシナリオ開始時点でWP軍は特殊部隊(スペツナズ)を3個使用できる。米軍の事前備蓄基地POMCUSに対して2個、KARLSRUHE(H13.47)で裸で置かれている目標マーカーに対して1個を投入した。2ヶ所のPOMCUSのうち1か所を破壊し、目標マーカーも奪取した。WP側が3VPを獲得した。

連絡線チェック。シナリオ特別ルールによって第1TurnのNATO軍は連絡線で不利な修正が適用されるため、連絡線遮断のユニットが続出する。このあたり、単なる「手続き」なので、シナリオのセットアップ情報に含んでいて欲しい所ではある。

WG_Trndo_JBG32続いて航空戦の割り当てである。AWACSチェック。NATO側のAWACSレベルが7なので、D10で7以下を出せばNATO側がAWACS優勢を確保する。出目は"6"でNATO側が順当にAWACS優勢を獲得した。
これによってNATO側は相手側の航空部隊を布陣を見た後で自陣営の航空兵力に任務割り当てができるようになる。WP側は可能な限り多数の戦闘機を制空任務に割り当てて、残りは対地支援に割り当てた。
NATOも可能な限りの戦闘機を制空任務に割り当てて、残りはトーネードがSAM制圧、A-10とアルファジェットを対地支援に回した。

Turn00b


SO_SSM航空戦を解決する前にSSM攻撃の解決がある。SSM攻撃は目標を選択し、D10を振る。出目が自身のSSM値以下の場合は攻撃成功で、損害判定を行う。出目がSSM値よりも大きい場合はSSM攻撃失敗となり、SSM値が1減少する。
WP側はここではSSM戦力の温存を選択し、SSM攻撃は実施しないことにした。下手に攻撃を行って失敗してしまうと、貴重なSSM戦力が減少してしまう。それを恐れたためである。
NATO側もSSM攻撃は実施しない。NATO側のSSM値は低いので、下手に使用するとSSM値が減るだけの結果になるだけである。

次が補給フェイズである。両陣営とも補給ポイントを使ってインフラを2レベル向上させる。

US_F15_36TFWそして遂にお待ちかねの航空作戦である。まずは両陣営の制空戦闘を解決する。AWACS優勢を取ったNATO側の先制攻撃で空中戦が始まる。WP側最強のMiG-29 3ユニットは、自らが射撃する前に2ユニットを撃破されてしまう。残り1ユニットの射撃で米空軍のF-16に対してステップロスの結果を得。一矢を報いた。結局空戦の結果、NATO側は2ユニット、WP側は4ユニットが減少戦力となって後退していった。
次にSAM制圧。NATO側のトーネード3ユニットが攻撃を行う。しかし1ユニットがSAMの反撃で被弾。残り2ユニットがSAM制圧攻撃を実施するが、外れに終わった。

TornadoIDS_WG


SO_Regt最後にWP側が空挺作戦を行う。WP側で投入可能な空挺部隊は2個連隊。目標ヘクスを選んでD10で輸送値以下の目が出れば空挺降下成功になる。最初の空挺降下はMUNCHENの南端ヘクス(H33.58)に向けられた。ここには目標マーカー(別名「ドラゴンボール」)がある。輸送値は8なのでD10で8以下を出せば降下成功だ。出目は"8"で降下成功。WP軍は3VPのドラゴンボールを獲得した。
もう1個の空挺部隊は将来に備えて温存する。渡河作戦等で空挺部隊が必要となる場面が出てくるかもしれないからだ。

Turn01a



WPプレイヤーターン

ここからは通常の陸戦ゲームのように移動・戦闘の繰り返しになる。ただし、「全ユニットが移動した後に戦闘」ではなく、「活性化したグループが移動、戦闘」「別のグループが移動、戦闘」という手順になる。さらに別のグループが活性化する前に相手の予備移動が入るので、展開は流動的になる。
US_11ACRまずは「フルダ渓谷」ではお馴染みのソ連第8親衛軍(8GDS)が活動を開始する。国境線を守る西ドイツ民間防衛部隊(VKK)を東ドイツ軍の第4機械化歩兵師団がオーバーランにより撃破し、国境線の門を開く。NATO軍は予備移動で米第5軍団HQを活性化し、麾下の第11装甲騎兵連隊をFULDA北方に布陣させる。アウトバーン経由でによるWP軍部隊の西方への突破を阻止するためだ。その後詰めには米第3機甲師団の1個戦車旅団をFULDAに入城させる。

Turn01b


その南、NUREMBERG北方のBAMBERG(H31.41)では、同地を守る米第3機甲師団の1個旅団がソ連軍第39親衛機械化歩兵師団の攻撃を受け、壊滅した。弾薬不足のため、殆ど抵抗できずに一方的に殲滅されてしまう。

ソ連第1親衛戦車軍(1GTA)麾下の4個師団は、第8親衛軍の北側を進んだが、この日は国境線を突破して西ドイツ領内に入っただけであった。
東ドイツ軍はソ連第8親衛軍と第1親衛戦車軍の間を埋めるように進む。チェコ軍は西ドイツ南部の突出部を西へ向けて進撃する。

Turn01c



NATOプレイヤーターン

NATO軍は補給切れの部隊が多い上、ユニット数だけは多い。北から西ドイツ第3軍団、米第5軍団、米第7軍団、西ドイツ第2軍団の4個軍団が展開している。各軍団は2~3個師団+独立部隊からなり、総兵力は10個師団以上に登る。WP側先鋒部隊の兵力が15個師団なので、実質的な兵力はこの時点で大差はない。むしろ質の差を考慮するとWP側が有利なぐらいだ。
NATO軍は後方に降りたスペツナズを撃破し、さらにミュンヘンへ降下したソ連空挺旅団を西ドイツ軍第1装甲擲弾兵師団が攻撃して街から叩き出した。

NATO軍はユニット数が多い(連隊~旅団単位)ので、特に第1Turnは時間がかかる。今回のソロプレイでも、NATO側プレイヤーTurnだけで3~4時間かかってしまった。第2Turn以降は戦線が整理されてくるからもう少しスピードアップできそうだが、果たして・・・。

Turn01d



つづく

ZSU23