DoomsDayProject1


The Battle for Germany(以下、本作)は、2021年に米国Compass Gamesが発表したシミュレーションゲームだ。テーマは1985年8月を想定した西ドイツにおけるワルシャワ条約機構(WP)軍とNATO軍の対決。1Turnは実際の1日、1Hexは12kmに相当し、1ユニットは連隊~師団規模になる。 本作の基本システムは、 以前の記事 で紹介したので、そちらを参照されたい。

今回は、その中からシナリオ4「The Battle for CENTAG」をソロプレイしてみた。このシナリオは北部戦域を除いたドイツ中南部での戦いを描いたシナリオである。キャンペーンシナリオほどではないが、それでもフルマップ2枚相当のかなり大規模なシナリオである。個人的には実質的にプレイなのはこの程度のシナリオまでかな、とも思っている。

前回までの展開は --> こちら

7Turn(1985/8/7)

戦略フェイズ

WP_SAMb天候は悪天候になった。一気に航空攻撃でWP軍を圧倒したかったNATO軍にとっては、ちょっとした水入りとなった。WP軍はHQ活性化のためにSPを大量に必要としたため、損害を受けたSAM部隊を完全に修理することはできない。それでもギリギリSAMによる射撃が可能なレベルまで修理した。そこへNATO側の航空戦力がSAMネットワークに集中攻撃を行う。悪天候なので爆撃精度はあまり良くなかったが、それでも圧倒的な兵力を誇るNATOの戦闘機はWP軍のSAMネットワークを痛撃した。攻撃によって損傷を被ったSAM部隊は計10個。WP側の生き残ったSAMは僅かに2個に過ぎなかった。しかもNATO側の損害は全く皆無であった。

WPプレイヤーターン

戦争の潮目が変わった。もはやWP側に侵攻を続ける能力はない。このまま攻勢を続けてもNATOの反撃で壊滅を早めるだけである。そこでWP側は主力部隊を後退させ、戦線を再構築した。ライン川まで到達したWP側の部隊は後退してドムトムント東方で陣地を構築する。
戦線最南端のチェコ軍は、これまでの戦闘で半数近くを失う損害を出していたため、東へ向けて後退。レゲンスブルグを中心に防御態勢を整えた。

WP側が唯一反撃を行ったのは、フランクフルトとギーセンの間隙の突破である。しかし例によってNATOの強力な航空兵力がWP側の攻撃を粉砕し、WP側は後退を余儀なくされた。

Turn07a


NATOプレイヤーターン

NATO軍は攻撃の手を緩めない。最も激しく攻撃を行ったのは、南方に展開する西ドイツ第2軍団。相対するチェコ軍が弱体化しているので、攻撃は容易だ。敵2個師団を撃破した西ドイツ軍。残ったチェコ軍は、ダニューブ川東岸に後退していく。
北方では、西ドイツ第3軍団と米第5軍団の共同攻撃。しかしこちらに展開するソ連軍部隊は未だに強力であり、NATO軍の反撃は予定通りにはいかなかった。

Turn07b


8Turn(1985/8/8)

戦略フェイズ

天候は晴天。WP軍は温存していた戦闘機を制空戦闘に投入。制空権の奪回は望むべくもないが、せめてNATOの戦闘機を空中戦に引きずり出すことで、他の任務への投入を少しでも妨害しようという意図である。その結果、出撃したWP側戦闘機は悉くNATO戦闘機の餌食となり、NATO側戦闘機隊に多くのエース物語を生ませた(NATOが1VPを獲得)。

WPプレイヤーターン

最早WP側の攻撃は無理である。戦線を整理しつつ防御態勢を固める。それでも戦線南部が弱点なのは変わらない。

NATOプレイヤーターン

US_1ID_1NATO軍は戦線中央で大規模な攻勢に転じた。まず西ドイツ第3軍団麾下の第12装甲師団が攻撃。ギーセン北東部に布陣したソ連軍第27親衛機械化歩兵師団や第32親衛戦車師団を撃破し、攻勢の火ぶたを切る。
次に米第5軍団が攻撃。伝統の第3機甲師団「スピアヘッド」がギーセン南東部のソ連軍を攻撃し、ソ連第25親衛戦車師団等を後退・混乱に追い込んだ。
トドメを指したのが米第1歩兵師団「ビッグレッドワン」。先ほどの戦闘で混乱していたソ連第90親衛戦車師団を攻撃。敗走中のソ連軍部隊は強力な米軍部隊の攻撃にひとたまりもなく壊滅。突破口を穿った米軍部隊はそのままソ連軍の後方に突破し、フルダを奪回した。これによりソ連軍の戦線は南北に分断され、それを繕う手段は最早無きに等しかった。

Turn08a


この時点で大勢は決したと判断し、今回のプレイはここで終了とした。ちなみにこの時点でVPを計算すると、NATO側が未開封の目標チット分を含めて19VP、WP側が3VPで、NATO側の圧勝であった。

Turn08b



つづく

M60A