211023_アジャイル

いちばんやさしいアジャイル開発の教本

インプレス

本書はアジャイル開発について記した著作である。アジャイル開発が提唱されてから約20年。ソフトウェア開発で効果があると言われながらなかなか現場で普及しないアジャイル開発について、本書ではあくまでも現場での適用を念頭に置いてアジャイル開発を導入する方法や効果を出すためのコツについて記されている。ともすれば理論が先行して実践的な解説に乏しかったアジャイル開発だが、本書はそのようなギャップを埋める存在と言えよう。また本書では実際に日本の現場でアジャイル開発に取り組んできた人々が綴った著作になっており、そのため単にアジャイル開発を「魔法の杖」のようには扱っていない。「日本におけるアジャイル開発は失敗の連続であった」という著者の言葉は、本書の性格を端的に表していると言えよう。
これからアジャイル開発に取り組む組織やアジャイル開発に取り組んでいるがなかなか効果を出せない組織にとって貴重な著作と言えよう。

お奨め度★★★