211202_TheRoyalNavyandtheMediterranean

The Royal Navy and the Mediterranean: Vol.II

David Brown Routledge


この第2巻は1940年11月から1941年12月までの地中海の戦いを描いている。この時期は、タラント空襲から始まり、マパタン沖海戦、クレタ島攻防戦、K部隊の活躍、ボン岬沖海戦、空母「アークロイヤル」の沈没、そして戦艦「バーラム」沈没、アレキサンドリア港での英戦艦2隻大破着底等が主要なイベントとして扱われている。それと並行して、北アフリカにおける地上戦とそれに対する海上からの支援作戦、北アフリカに対する枢軸軍の輸送作戦やマルタ島への連合軍の輸送作戦、それに対する両軍の妨害戦等が描かれている。
内容的には公刊戦史的なものであり、地中海の戦いがそこそこ詳細に記載されている。ボリュームの割に高価なので、万人にはお奨めできないが、WW2地中海の戦いに興味がある向きにはある程度は推奨できる。意外とアッサリ読める点も良い。

お奨め度★★★