220112_歴史群像202202

歴史群像2022年2月号

これも入院先の病院で購入した本。とかく入院生活は暇なので、本を読むぐらいしかやることがない。まあ手術が終わって少し余裕が出てきたら、VASSALソロプレイとか、Game Journalの原稿とかを書きたいとは思っているが・・・(この稿、21/01/12に記す)。
特集は日本海軍航空隊。戦前から戦中にかけて日本海軍航空隊がどのような思想に基づきどのような形で整備され、戦争を戦ってきたのか。「大艦巨砲主義」と呼ばれる人種は本当にいたのか、といった感じの内容になっている。末尾に1945年8月における海軍航空隊戦力表が記載されているが、この時点で海軍航空隊は相当大規模な航空兵力を有していたことが理解できる(質的な面は兎に角とした)。
他には八甲田山雪中行軍についての記事があり、新田次郎氏の小説で描かれている同行軍の実態がどのようなものだったのか。そういった観点から興味深い記事であった。
他にも全体的に読む所が多く、今回は「当たり」であった。

お奨め度★★★★