2022年1月9日(日)。僕は人生初の「骨折」を体験した。米子駅の跨線橋からホームに降りていく途中、階段の踊り場から足を踏み外し、ホーム上へ転落。その際に転倒したのだ。
診断の結果は「右膝粉砕骨折」。3ヶ月程度の入院が必要という。入院先は米子医療センター。そこから僕の入院&リハビリ生活が始まる。

前回までの展開 --> こちら

入院14日目(1/22土)

今日で早くも入院2週間になる。予想はしていたが、時間が経つにつれて1日が短く感じるようになってきた。だんだんと入院生活が「日常」になってきている。

午前中は車椅子で軽くフロアを回ってみる。少しでも運動量を増やして睡眠を深くしたい。夜眠れないのは結構辛いものだから。

午後は負傷した右膝を曲げるという新しいリハビリが始まった。専用の機械に右足を固定し、右膝を少しずつ曲げていくというエクササイズである。初日は最大40度まで曲げたが、特に痛みのようなことはなかった。また右膝を曲げたことで少し膝が楽になったような気がする。

今の所、手術した右足にまだヒリヒリとした痛みは残っているが、体温はほぼ平熱に戻り、以前のように37~38度という高熱になることはなくなった。

夜やってきた看護師さんが「足が乾くからニベア塗っておくと良いよ」とアドバイスしてくれたので、早速Amazonで注文する。その事を件の看護師さんに話すと「へぇ、米子でもamazon届くんだぁ」と驚いていた(オイオイ)。ちなみにこの看護師さん、この後私の中では「ニベアさん」と(密かに)呼んでいる。

入院15日目(1/23日)

今日で事故から丁度2週間になる。長いようであっという間の2週間だった。
昨晩は久しぶりに7時間の睡眠を確保できた。車椅子で動く機会が増えたので、ちゃんと疲れているのが大きいのだろう。また今日から自力で洗顔が出来た。少しずつ自分で出来ることが増えるのは、素直に嬉しい。

午前中は膝のリハビリと抜糸がある。傷の治り具合は順調のようだ。ただ傷自体がかなり深いので完治するにはまだまだ時間がかかりそう。

午後には別のリハビリがあり、主に右膝の柔軟体操と左足の筋トレを行った。ちなみにこの時のリハ担当は若い女性。名前は仮に広島さんとしておこう。今まで男ばかりだったので、若い女性がリハ担当というのは少し驚き。

入院16日目(1/24月)

今日からシャワー使用の許可が出た。まだ右足を使えないので、シャワー室では転倒しないかとおっかなびっくり。看護師さんが見てくれてはいるが、まだ若い看護師さん(hさん)だったので、特に慎重に行動した。取り敢えず無事にシャワーを終えて一安心。明日もシャワーを使おう。

入院17日目(1/25火)

リハビリで松葉杖を意識した練習が始まる。まだまだ車椅子なしでは生活できないが、松葉杖が使えるようになれば、退院へ向けた目星が見えてくる(かもしれない)。

写真13


今日もシャワーを浴びる。右足の傷口からまだ体液が染み出てくる状態なので、右足にはビニールを被せて水がかからないようにする。不便だが、それでもシャワーを浴びることができるのは大きい。

リハビリとは直接関係ないけど、Blue Water Navyのキャンペーンシナリオが完了した。決して「暇」という訳ではないが、VASSALをやりまくるチャンスだというのは間違いない。

Turn04c


入院19日目(1/27木)

術後2週間である。今日から松葉杖の練習が始まる。最初はおっかなびっくりでなかなか上手く歩けない。それでも少しずつ慣らしていくしかない。

写真14


今日は2日ぶりにシャワーを浴びる。今日の担当看護師さんはベテランのmさん。さすがにテキパキと要領が良い。誉め言葉のつもりで「hさん(一昨日担当の新人看護師)より全然手際が良いですね」なんて言ったものだから、mさんが不機嫌になったのかどうか・・・(そりゃ新人と比べられたら不機嫌になるわな)。その後、包帯交換と時に少しいびられた。いやー、口は災いの元である。

序に今日からパンツがオシメタイプから通常のガラパンに戻った。これで一応普通のパジャマスタイルに戻った訳である。

入院20日目(1/28金)

今日の担当看護師はニベアさん。ニベアさんが同室の他の患者さんにもニベアを奨めているのを聞いて思わず微笑してしまった。

午後からCT検査がある。まだ右足に体重をかけられる状態ではなく、術後の状況を確認するための検査らしい。その後、包帯の交換がある。包帯といっても抜糸の時のようなぐるぐる巻きの如何にも「骨折」といった感じではなく、中ぐらいのガーゼ1枚を貼るだけというシンプルなものだ。脚の表面の腫れも殆どひいている。ただし、まだ痛い。

その後はリハビリ。松葉杖による歩行練習や膝の屈伸運動を行った。

入院21日目(1/29土)

入院3週間目。今日はリハビリが休みであった。リハビリがないと暇である。仕方がないから自主トレの回数を少し増やしておく。

入院22日目(1/30日)

早くも事件から3週間が経過した。終わってみると早いものである。
病院にいて世間と隔絶されていると、世間の動きには鈍感になる。ニュースを見るとコロナの感染者が全国で8万人以上、米子界隈でも120人となっていた。病院内だからコロナは大丈夫、ということも言っていられない。マスク着用と手指消毒はしっかり行わないといけないと思う今日この頃である。

今日は午後からリハビリがあり、松葉杖歩行の練習を行った。松葉杖歩行も3度目なのでかなり慣れてきた。リハビリ担当の山形さん(仮名)からは「もう単独でも大丈夫ですね」と言われたが、右足の骨がまだ固まっていないので、リスクは避ける。

つづく