表紙


The Battle for Germany(以下、本作)は、2021年に米国Compass Gamesが発表したシミュレーションゲームだ。テーマは1985年8月を想定した西ドイツにおけるワルシャワ条約機構(WTO)軍とNATO軍の対決。1Turnは実際の1日、1Hexは12kmに相当し、1ユニットは連隊~師団規模になる。

今回、キャンペーンシナリオの中から航空戦場面だけを選んでプレイしてみた。キャンペーンシナリオをプレイする前に航空戦の流れを押さえておくのが狙いである。

Turn00


1Turn

US_F15_36TFWNATOはAWACS優勢を取れなかった。それでも制空戦闘機の数と性能で勝るNATO側が制空権を確保した。

NATOは英国と西ドイツのトーネード9ユニットでSAM制圧任務を実施する。しかし出目に恵まれずSAM4個を制圧したのみ。この程度の打撃であれば、すぐに修復されてしまうだろう。

WPは果敢にも飛行場攻撃を実施。濃密なSAMを掻い潜って飛行場を爆撃し、英本土のNATO飛行場2個を制圧した。しかしこの損害は勇敢なNATO工兵隊の活躍によって修復されてしまう。

Turn01


2Turn

悪天候となった。NATOがAWACS優勢を確保した。そのままの勢いでNATOが制空権を掌握する。WP側の五月雨的な増援は、ここでは焼け石に水となっている。

Turn02


3Turn

NATO_Z_AWACS 天候が回復した。NATOがAWACS優勢を確保した。圧倒的な戦闘機兵力を誇るNATOは、上空からWPの戦闘機を一掃。NATO側戦闘機は全くの無傷である。また米空軍のF-4と西ドイツ、イギリスのトーネードはSAM制圧任務を実施。こちらはさすがに無傷という訳には行かなかったが、SAM8個を制圧した。

Turn03


4Turn

WG_Trndo_JBG32またもや悪天候である。NATOがAWACS優勢を確保した。WP軍が兵力温存を図るべく、航空兵力の発進を控えた。NATOは大規模な航空撃滅戦を行うべく、F-4、F-16、トーネード、アードバーグといった各種攻撃機を大量投入した。
まず米空軍のF-4、F-16、F-111がSAM制圧任務を行う。F4とF16各1ユニットがSAMを食らってステップロスしたが、残りは順当にSAM制圧を実行。全てのSAM陣地を制圧した。
続いてNATO諸国のF-16、トーネード、F-4等が飛行場攻撃を実施する。SAMが制圧された後なので被撃墜の危険はない。ただしこちらは出目が振るわず、飛行場4個を制圧したにとどまった。

Turn04


5Turn

US_F111_20TFW悪天候は続く。またもやNATOがAWACS優勢を確保した。WP側は兵力的には不十分であったが、このままでは「座して死を待つ」のみなので、全力出撃。しかし優勢なNATO側戦闘機に敵う筈もなく、敵に一矢を報いることもできず、大空から一掃された。

F-16やF-4の一部が制空任務に投入されたため、対地攻撃に回す機体はやや減少した。それでもF-111やF-4がSAMを完全制圧。トーネードの編隊が東ドイツ領内のWP側飛行場を一掃するなど、対地攻撃でも目覚ましい戦果を挙げていた。

Turn05


感想

BE_Air_Group1_F16取り敢えずこの時点でNATO側の航空優勢は明らかになったので、終了とする。今回は航空戦のみを試してみたが、実際にはSSMによる攻撃、化学兵器、核攻撃、さらにはWPの進撃による西ドイツ領内飛行場の蹂躙といった要素があり、これらはWP側に有利に作用する。従って実際のプレイで今回のような一方的な展開になるとは限らない。

プレイしていて思ったのは、やはりカウンターに数値がないのは不便と感じた。空戦能力や戦略航空作戦能力を一々チャートを参照する時間はやはり無駄。数値を3つカウンターに追加するだけなのだから、現状のままでも十分対応できると思うのだが・・・。

まあデザイナー様の拘りというやつでしょうね。

EF-111A_Raven