松代城はかつて海津城と呼ばれ、戦国時代では武田麾下の城郭として対上杉の最前線に位置していた。かの川中島の合戦でも重要な役割を演じている。松代に名を変えたのは慶長年間で、武田滅亡後は城主が何度か変化したが、最終的には真田信之が入城し、明治まで続いた。従って松代には真田の空気を残している。
写真01
写真02
写真03
写真04
写真05
写真06

松代城趾から千曲川を渡って3kmほど行った所に川中島古戦場がある。現在は公園として綺麗に整備され、公園の中央部には佐久間象山の銅像が立っている。

写真07
写真08
写真09

川中島合戦にまつわるものは、公園に隣接する八幡社に設置されており、武田信玄と上杉謙信の一騎打ち像等が置かれている。

写真10
写真11
写真12
写真13