写真00_Map
2021年12月のとある休日、青春18切符を使って甲信越を旅行しました。
今回紹介するのはその前半部分。東京から高崎、水上を経由して越後川口に出て、越後川口からは飯山線に乗って千曲川沿いに雪景色の中を長野へ。長野からは篠ノ井線、中央線を経て、その日の宿、上諏訪まで移動します。

首都圏を高崎まで

自宅のある神奈川県の某所から今回の旅は始まります。18切符でも乗車可能なグリーン車に乗ってまずは群馬県の高崎へ。特記事項は特にないのですが、グリーン車の車販嬢が好みだったので、思わずビールを買ってしまいました。

写真01


車販嬢の売上って個人差がありそうに思うのですが、やはり美人が有利なのでしょうかね。時々男性の車販担当が回ってくることがあり、そういう場合はパスすることが多いのですが、車販担当によってどれぐらい売上に差があるのか、少し気になる所ではあります。
とても残念なことに車販嬢に友達がいないので調べようがないのですが・・・。

高崎-->水上-->越後川口

高崎からは上越線の水上行に乗り換え。この上越線は高崎~水上の区間と水上~長岡の区間に大きく区分されます。前者は比較的運行されている列車数が多く、乗車率も高い様子。また渋川~水上間は列車本数が減るので、水上まで直行する列車はいつも乗車率が高いようです。

写真02


この路線、赤城山や榛名山、水上に近づくと谷川岳が見えるという山岳景観が魅力の路線です。ただ残念なことにロングシート車両が多く、なかなか景観をゆっくり楽しむという訳には行かない所がやや残念。

写真03


1時間ほどで群馬県最北端の水上に到着。ここから接続良く長岡行きが出ています。18切符ユーザーは皆知っているようで、18切符の時期は乗り換えを急ぐ人たちが跨線橋に殺到します。私はと言えば、幸いなことにボックス席の窓際席をゲットできたので、高崎で購入していた「だるま弁当」(1,100円)をここで頂くことにします。達磨の形をしたユニークな容器に詰まっただるま弁当は、山菜や鶏肉がてんこ盛りの一品。量的には決して多くはありませんが、とても美味しいお弁当です。

写真04
写真05

川端康成の小説ではないのですが、谷川岳の下を抜けて新潟県に出ると、そこは一面の雪景色。わかってはいてもこのギャップにいつも驚かされます。こういう景観を見ると、やはり「鉄旅は楽しいなぁ」と思わずにはいられません。

写真06


越後川口-->長野

越後川口からは1310発の飯山線戸狩野沢温泉行きに乗ります。キハ110系の1両編成。車内は比較的空いており、特に途中の十日町を過ぎると本当にお客さんが少なくなりました。

写真07


千曲川が良く見える左側席をゲット。ノンビリと流れる川面を眺めます。この路線は日本でも有数の豪雪地帯。地元の人たちにとっては大変ですが、旅行客は呑気なもので、「まだまだ雪が少ないなぁ」等と好き勝手な感想を抱いております。

写真08
写真09
写真10

途中の戸狩野沢温泉には1500前に到着。そこで30分程の間があって長野行き列車に乗り換えます。こういう所で列車を待っていると、「あーあ、今晩は野沢温泉で1泊するのも良いかな」等と思ってしまいます。

写真11
写真12


戸狩野沢温泉から先は飯山、豊科を抜けて長野へ。飯山は北陸新幹線の駅が出来て駅前が随分と立派になりました。昔はもっと田舎の駅っぽい感じだったのですが・・・。また飯山から先の千曲川も深い雪景色を堪能できます。

写真13


長野に着いたのは1700前頃。辺りはすっかり暗くなっていました。

写真14
写真15


長野-->上諏訪

小腹が空いたので長野駅で軽食を購入。残り2時間半の旅に備えます。長野発は1717発の大月行き。篠ノ井線で松本に出て、塩尻から中央東線に入る列車です。最近は中央東線と長野を直接つなぐ列車が増えました。因みに車内は旅人にとって嬉しいボックス席。
辺りはもう暗くなっているので風景を楽しむような状況ではありません。途中の姥捨駅は日本三大車窓の1つと言われている景勝地。既に夜でしたが、遠くに見える長野市街の灯が綺麗でした。

写真16
写真17


という訳で上諏訪に着いたのは1930頃。今日の宿は温泉地として有名な上諏訪温泉です。

写真18
写真19

つづく