表紙


「真珠湾強襲」(以下、本作)は、2011年にGame Journal#39の付録ゲームとして発表されたシミュレーション・ウォーゲームだ。テーマは1941年12月に開始される太平洋戦争。3年8ヶ月に及ぶ太平洋戦争を1Turn4ヶ月、計11Turnで再現する。
システムはいわゆる強襲システム。決められた数のカードで自分のデッキを構築し、カードを交互にプレイすることで進行する。マップはエリア方式、艦艇は同型艦2隻、航空隊、地上部隊は旅団から師団で再現する。
今回、その中からシナリオ2「珊瑚海海戦」をプレイしてみた。このシナリオは第2Turnから始まり、第5Turnまでをプレイするシナリオである。1942年の春から翌1943年の春までを扱う。日本軍が30VPの勝利ラインをどこかでクリアすれば勝利、それ以外は連合軍の勝利である。

Turn02-00


2Turn

日本軍は、急襲作戦2枚、空母機動部隊2枚、補給2枚、共同作戦、独立部隊でデッキを組んだ。
対する連合軍は、空母機動部隊、補給、独立部隊である。

JP_CVL祥鳳瑞鳳日本軍はまずガダルカナル攻略を目指して同島に展開する米歩兵師団(4-2-2)の無力化を図る。基地機による爆撃は失敗(成功率1/3)に終わったが、軽空母による爆撃は成功(成功率1/2)し、米師団は裏返しになる。
このままではガダルカナルが危ない。米軍は「補給」カードの利用も考えたが、まだ早い。そこでエスピリッツサントの航空機によってガダルカナルの日本軍旅団(3-1-3)を攻撃。成功率は1/3に過ぎなかったが、これが見事に命中して日本軍旅団を裏返しにした。これでガ島の危機は僅かに遠のいた。

Turn02-01


日本軍は「独立部隊」でセイロン沖の制海権を確保する一方、ラングーンには2個師団を送り込んでこれを脅威し、レイテ島を無血占領した。

連合軍はパスしたので、日本軍は「補給」を使ってラングーンの2個師団、レイテの旅団、ガダルカナルの旅団を復活させる。

Turn02-02


連合軍はラングーンとガダルカナルの両方が危機に陥った。ラングーンの日本軍に対してカルカッタの英空軍が爆撃を試みたが、失敗に終わる。

この機を逃さじ。日本軍は「急襲作戦」でラングーンを強襲した。この作戦が奏功し、日本軍がラングーンを占領した。

Turn02-03


さすがに連合軍もこれはヤバイと見て、「補給」でガダルの師団と基地航空隊2個を復活させた。

JP_BG川口日本軍は基地航空部隊でマニラとシンガポールの連合軍部隊を裏返した後、「共同作戦」により地上部隊で2個所同時攻撃を敢行。確率1/9での失敗が危惧されたが、無難に作戦は成功した。

日本軍はさらに「空母機動部隊」を以てジャワ海に進出。やや「牛刀を以て鶏肉を割く」の感がなきにしもあらずだが、空母部隊の圧倒的な攻撃力でジャワ島のオランダ軍を制圧した。その後日本軍は「急襲作戦」でジャワ島へ奇襲上陸を敢行。成功率1/2のギャンブルを見事に成功させてスラバヤを制圧した。

Turn02-04


JP_CV赤城加賀日本軍にとって残る目標はガダルカナルである。日本軍は「空母機動部隊」をソロモン海に進出せしめてガダルカナルを攻撃。ガダルカナルの米軍師団を再び裏返し状態にした。さらに珊瑚海に展開中の連合軍水上部隊を航空攻撃にて撃退する。頃合い良し。日本軍は最後の1枚「補給」カードを裏返しで使用。ガダルカナルの日本軍で米守備隊を攻撃した。成功率1/2のギャンブルであったが、今回は運命の女神が米軍側に微笑んだ。日本軍による攻撃は失敗に終わり、ガダルカナルは連合軍が保持し続けた。

Turn02-05


US_DV32D連合軍は「独立部隊」でヌーメアとフィジーに各1個師団を送りこんで守りを固める。さらにインパールには英軍2個師団が進出。ラングーンの日本軍に対しては基地航空隊とさらにベンガル湾に進出した空母「ハーミーズ」の機動部隊が猛攻を加えたが、出目に恵まれずに有効打はなかった。

Turn02-06


このTurnに獲得した日本軍のVPは、マニラ、シンガポールで各5VP(計10VP)、ラングーン、スラバヤ、レイテで各2VP(計6VP)、レイテで1VPで合計16VPであった。これまでの槨得分と合算すると計23VP。ボーナス1VPなので計24VPなる。勝利まであと6VP。

Turn03-00


3Turn

このTurnから日本軍の手札は確保している資源エリアの数となる。現時点で日本軍が獲得している資源エリアは、計6ヶ所。これは地図上に存在する全ての資源エリア数に等しい。つまり日本軍は最大でも1Turnに獲得できるカードの枚数は6枚となり、それは今後減ることはあっても、増えることは決してない事を意味している。

このTurn、日本軍としては、ビアク、ラエは無血で取りたい。あとはガダルカナルとポートモレスピーが攻防の焦点となるだろう。
日本軍は、急襲作戦2枚、空母機動部隊、補給、独立部隊、海上輸送でデッキを組んだ。
対する連合軍は、急襲作戦、空母機動部隊、補給、海上輸送である。図らずも両軍似たようなデッキ構成となった。

まず日本軍は軽空母を使ってガダルカナルを航空攻撃し、守備隊を無力化した。あとは日本軍旅団による突撃が成功すればガダルカナルを占領できる。

US_DV32Dところが、だ。米軍がなんと海兵隊(4-2-3)を単独でガダルカナルに送り込んできたのだ。「急襲作戦」によってガダルの日本軍旅団を一気に追い落とす作戦である。成功率2/3なので悪くない作戦であったが、何とここで米軍は作戦に失敗してしまう。ガダルカナルでは日本軍1個旅団と米軍2個師団が睨み合う形となった。

Turn03-01


日本軍にとっても困った事態である。これまでの状況なら無力化した敵師団を旅団で海に追い落とせば良かった。しかし相手が2個師団ならそうはいかない。1個師団を撃破しても、それだけでは足りないのだ。さてどうしたものか・・・。
取り敢えず日本軍は「海上輸送」を使って本国から増援部隊をラバウルに送り届けた。米軍も「海上輸送」で増援部隊を南東太平洋方面に送り込んだが、早速日本軍の攻撃を受けて航空機1ユニットが蒸発してしまう。
日本軍は「急襲作戦」を使ってニューギニア北岸のビアクとラエを一気に占領した。これで日本軍は勝利まであと4VPとなった。
連合軍がパスしたので、日本軍はさらに「急襲作戦」でガダルカナルを猛撃する。2回連続で3以下の目が出ればガダルカナルは日本軍の手に落ちる(確率25%)。しかし3以下の目が1個しか出なかったので、米軍1個師団が除去されたものの、何とか踏みとどまる米軍なのであった。

Turn03-02


日本軍が「補給」を使ってガダルカナルの旅団を復活させたため、米軍もなけなしの「補給」を使ってガダルカナルの地上部隊を回復させた。
残り手札は日本軍が2枚、連合軍が1枚である。
JP_AF台南日本軍はカードを使わない航空攻撃でガダルカナルの米海兵隊を再び航空攻撃する。しかし軽空母による攻撃は外れ。一方の米軍はガダルを狙わずにラバウルで唯一健在な日本軍基地航空隊を狙う。確率50%。これが見事に成功し、日本軍基地航空隊1ユニットを壊滅させた。さあ、日本軍はどうする?。虎の子「空母機動部隊」を使ってくるのか?。

JP_CV赤城加賀使うしかない。「空母機動部隊」を使って南雲機動部隊を珊瑚海に進出させた。これで日本軍の機動部隊は空母5ユニットが集結したことになる。日本機動部隊の威力はすさまじく、ガダルカナルの海兵隊を無力化し、さらにポートモレスピーの基地航空部隊を無力化させた。しかし日本軍の手札は残り1枚。これを使うかどうか・・・。

日本軍にとっては難しい決断になる。ここで最後のカードを使ってしまうと、無防備の空母機動部隊が珊瑚海に残ってしまう。それに対して米軍が「空母機動部隊」で攻撃を仕掛けてきた場合は、虎の子の日本機動部隊が大打撃を被る危険性がある。
しかし日本側に手札が1枚残っていると、それが「迎撃機」である可能性があるので、米軍としても迂闊に攻撃できない。

US_CVホーネットワスプ米軍が先に決断した。日本軍に「迎撃機」を持たないと見切って「空母機動部隊」による攻撃を決意したのである。危険な賭けであったが、米軍の賭けは成功した。米空母部隊の奇襲攻撃で空母「蒼龍/飛龍」が大破、空母「翔鶴/瑞鶴」と「赤城/加賀」が後退した。奇襲に成功した割には戦果はやや寂しかった。さらに日本軽空母の反撃によって米空母「ホーネット/ワスプ」が沈没。空母戦自体は日本軍の勝利に終わった 。

Turn03-03



JP_BG川口日本軍は「独立部隊」でガダルカナルを攻撃。米海兵隊を撃破し、遂にガダルカナルを奪取した。このTurnに獲得した日本軍のVPは、ガダルカナルで2VP、ビアク、ラエの2ヶ所で各1VP(計2VP)、これまでの獲得分と合算すると計27VP。ボーナス1VPなので計28VPなる。日本軍勝利まであと2VP。

Turn04-00


つづく