イメージ 1

イメージ 2

(写真1)日本シリーズ第3戦、阪神先発メンバー
(写真2)日本シリーズ第4戦、9回裏4-5と1点を追う阪神。1死で2塁に赤星、1塁に代走野口が出塁。バッター今岡という図。この後2塁走者赤星は3塁への盗塁を成功させ、今岡の犠牲フライで生還。タイガースは土壇場で同点に追いついた。

前回までのあらすじ

 こんにちは。
 PFB2005のお披露目ということで、大阪ミドルアースで2005年パリーグプレイオフ&日本シリーズシナリオをプレイしました。これは以前このブログで紹介したプレイオフシナリオと日本シリーズシナリオをつなげたものです。日程等はシナリオ通りですが、負傷者についてはシナリオの規定を無視して「全員出場」としました。
 前回は日本シリーズ第1,2戦をレポートしました。セリーグの覇者=阪神タイガースとパリーグプレイオフを制した福岡ソフトバンクホークスの間で闘われることとなった2005年の日本シリーズ。福岡ドームで戦われた第1戦,第2戦はホークス先発投手陣の好投でソフトバンクが2連勝。舞台は甲子園に移って第3戦が戦われることとなったのです。

 (注)PFB2005とは、サイコロとカードを使ってプレイするタイプの野球ゲームです。選手1人が1枚のカードになっていて、カードの数値とダイスの結果を照合しながら試合を進めていきます。1試合のプレイ時間が20~30分なので、その気になれば年間140試合前後をプレイすることも可能です。
 詳しくはこちら
 入手方法はこちら

日本シリーズ第3戦 甲子園

 敵地で連敗を喫して甲子園に帰ってきた我がタイガース。このまま引き下がる訳には行きません。今までは指名打者制やら何やらで不利な戦いを強いられてきましたが、本拠地に帰ってきたらこちらが有利です。まずは1勝して波に乗りたい所です。
 タイガースの先発投手は福原忍、ホークスは斉藤和巳です。スタメンは以下の通り。ホークスの方は負傷から復帰した川崎がスタメンに戻り、松中が右翼手、宮地が中堅手となりました。タイガースは3番シーツと5番今岡を入れました。今岡が意外と三振が少なく、エンドランマシンとして使えるみたいなのです。

<先攻:福岡ソフトバンクホークス>
1.(中)宮地
2.(二)川崎
3.(一)ズレータ
4.(右)松中
5.(捕)城島
6.(左)カブレラ
7.(三)バティスタ
8.(遊)本間
9.(投)斉藤

<後攻:阪神タイガース>
1.(中)赤星
2.(二)関本
3.(三)今岡
4.(左)金本
5.(一)シーツ
6.(右)桧山
7.(捕)矢野
8.(遊)鳥谷
9.(投)福原

 タイガース先発福原は好調。速球が冴えて4回までで早くも10個の三振を奪います。唯一の失投は3回表にバティスタに投じた1球。バティスタはそれをレフトスタンドに運び、ホークスが今日も1点を先制します。
 1点を先制されたタイガースは3回裏、矢野、鳥谷の連続ヒットと送りバントで1死2,3塁と絶好のチャンスを掴みますが、連敗している焦りか、続く赤星、関本が相次いで倒れ、タイガースは得点をあげることができません。
 1点リードされたタイガースは、好調福原を降板させて5回から早くも2番手橋本を投入。さらに6回7回は久保田がマウンドに上がり、ホークス打線から4個の三振を奪う好投を見せて追加点を許しません。
 1点を追う阪神は、5回裏、1死から鳥谷が四球で出塁。橋本バントで2死ながらもスコアリングポジジョンにランナーを進めました。そこで1番赤星がホークス斉藤の初球をライト前に弾き返し、2塁から鳥谷がホームへ駆け抜けてタイガースが1-1の同点に追いつきました。タイガースは続く6回裏、1死から今度は主砲金本が待望の1発を阪神ファンの待つライトスタンドに叩き込み、遂にタイガースが2-1と逆転に成功しました。
 8回表からは阪神4番手ウィリアムスが登板。8回裏にはホークス2番手吉武を攻め、今岡、シーツのヒットで2死1,2塁とした後、6番桧山の代打中村豊が左中間突破の二塁打。走者2人が返ってタイガースが4-1とリードを広げます。9回表ウィリアムスはバティスタの二塁打等で1点を失いますが、最後は代打大村を打ちとってゲームセット。タイガースがようやく一矢を報いました。

 << 阪神1勝2敗 >>
 H 0 0 1 0 0 0 0 0 1 計2
 T 0 0 0 0 1 1 0 2 x 計4
[投手]福岡:斉藤-吉武
[投手]阪神:福原-橋本-久保田-ウィリアムス
 勝:久保田1勝1敗
 S:ウィリアムス1S
 敗:斉藤1敗
 本:バティスタ1号(福原)、金本1号(斉藤)

 「とりあえず1勝できてホッとしています。主砲の1発、救援陣の好投、ようやくウチらしい勝ち方ができました。」

日本シリーズ第4戦 甲子園

 昨日の勢いに乗ってここは連勝したいところです。タイガースの先発は杉山直久、ホークスは田之上慶三郎が先発します。だんだんランクが下がってくるホークス投手陣に対し、我がタイガース投手陣はそれほど極端な能力低下はありません。よし、今日も勝てるぞ。

<先攻:福岡ソフトバンクホークス>
1.(中)宮地
2.(二)川崎
3.(一)ズレータ
4.(右)松中
5.(捕)城島
6.(左)カブレラ
7.(三)バティスタ
8.(遊)本間
9.(投)田之上

<後攻:阪神タイガース>
1.(中)赤星
2.(二)関本
3.(三)今岡
4.(左)金本
5.(一)シーツ
6.(右)桧山
7.(捕)矢野
8.(遊)鳥谷
9.(投)杉山

 先制したのはホークス。初回宮地、松中のヒットで2死1,3塁とした後、5番城島のタイムリーで1点を先制します。タイガースの反撃は2回裏。金本、シーツの連続二塁打で1点を返して1-1の同点。3回表のホークスは川崎のヒットと2つの四球で1死満塁。そこで6番ガブレラの犠牲フライで1点を奪って2-1とホークスが再び1点リード。しかしその裏のタイガース。1死から関本の二塁打。2死後金本のタイムリーでまず同点。その後シーツに2点本塁打が飛び出し、タイガースが4-2とリード奪いました。
 「何か今日はいつもと違うぞ。打撃戦の臭いがする」
 そう思った5回表。2つの四球と松中のヒットで無死満塁とホークス追い上げのチャンス。そこで城島の内野ゴロとカブレラの犠牲フライでホークスが2点をあげ、再び4-4と追いついた。6回表に無死3塁と絶体絶命のピンチを迎えた杉山だったが、ここでは自らの牽制球で三塁走者を刺してピンチを切り抜けた。しかし8回表、この回先頭の城島が二塁打を放って無死二塁。ここでもりつち監督はようやく先発杉山を諦めて二番手江草を投入。その江草がカブレラにタイムリーを打たれてしまう。4-5。遂にホークスにリードを許してしまいます。
 絶対に負けられないタイガース。8回裏三者凡退の後の9回裏。ホークスのマウンドには3番手馬原。代打片岡倒れて1死後、1番赤星、2番代打中村豊が連続ヒット。その後赤星がすかさず盗塁。1死1,3塁とタイガースは同点のチャンスを迎えました。ホークスはここで4番手吉武を投入。しかしその吉武から今岡誠が執念の犠牲フライ。3塁走者が生還してタイガースは土壇場で5-5の同点に追いつきました。
 10回表からタイガースは3番手藤川球児が登板。すばらしい投球を見せてホークス打線に付け入る隙を与えません。11回裏のタイガース。1死から9番途中出場の藤本敦士が三塁打で1死3塁とサヨナラのチャンス。続く赤星歩いて1死1,3塁。ホークスのマウンドは5番手佐藤誠。後がないホークスベンチ。しかし佐藤は踏ん張った。代打浜中三振。続く今岡も打ちとってピンチを切り抜けた。
 12回表はタイガース4番手橋本がマウンドへ。橋本は2つの四球で2死1,2塁のピンチを迎えたが、バティスタを打ちとってピンチを切り抜けた。12回裏。最早負けがないタイガースは2つの四球と送りバントで1死2,3塁と再びサヨナラのチャンスを迎えた。バッターは矢野。しかしここで矢野が内野ゴロに倒れて2死。鳥谷粘って2死満塁とサヨナラのチャンスが続きますが、最後のバッター9番藤本が倒れて無得点。結局5-5の同点でした。

 << 阪神1勝2敗1分 >>
 H 1 0 1 0 2 0 0 1 0 0 0 0 計5
 T 0 1 3 0 1 1 0 0 1 0 0 0 計5
[投手]福岡:田之上-星野-馬原-吉武-佐藤
[投手]阪神:杉山-江草-藤川-橋本
 本:シーツ2号(田之上)

 「勝てる試合を落としてしまいました。杉山で引っ張りすぎたかなー、という反省はあります。延長に入った時は「勝った」と思いましたが、どうも読みが甘かったみたいですね。早い回から藤川を投入していれば逃げ切れたかも知れません。やっぱりPFBは難しいです。」

日本シリーズ第5戦 甲子園

 今日は負けられません。今日落としたら大変です。とても大事な試合です。タイガースはエース下柳剛を立てて必勝を期します。ホークスの先発は新垣渚。両者の能力を比べれば負けるはずのない試合です。

<先攻:福岡ソフトバンクホークス>
1.(二)川崎
2.(中)宮地
3.(一)ズレータ
4.(右)松中
5.(捕)城島
6.(左)カブレラ
7.(三)バティスタ
8.(遊)本間
9.(投)新垣

<後攻:阪神タイガース>
1.(中)赤星
2.(二)関本
3.(三)今岡
4.(左)金本
5.(一)シーツ
6.(右)桧山
7.(捕)矢野
8.(遊)鳥谷
9.(投)杉山

 先制したのはホークス。初回、ヒットと四球で2死1,2塁とした後、5番城島が走者一掃の二塁打を放ってまずは2点を先制します。タイガースも負けてはいない。2回裏、2死1塁から7番矢野に今シリーズ第1号の本塁打が飛び出してすかさず2-2の同点とします。
 立ち直った下柳はその後はホークス打線に付け入る隙を与えず4回まで無得点に抑えます。4回裏のタイガース。今岡、シーツのヒットと矢野の四球で2死満塁と勝ち越しのチャンス。ここで8番鳥谷がセンター前に弾き返し、走者2人が返ってタイガースが4-2とリードを奪いました。
 5回表からは阪神2番手久保田が登板。その久保田が6回表に松中に1発を食らいますが、その裏タイガースはシーツと桧山の連続2塁打で1点を追加して再び5-3と2点リード。7回からはウィリアムス、そして9回からは藤川が登板。この2人がホークス打線を完全に抑え込んで5-3とタイガースが快勝。これでシリーズ通算成績を2勝2敗のタイとしました。

 << 阪神2勝2敗1分 >>
 H 2 0 0 0 0 1 0 0 0 計3
 T 0 2 0 2 0 1 0 0 x 計5
[投手]福岡:新垣-三瀬-山田-フェリシアーノ-岡本
[投手]阪神:下柳-久保田-ウィリアムス-藤川
 勝:ウィリアムス1勝1S
 S:藤川1S
 敗:田之上1敗
 本:矢野1号(新垣)、松中1号(久保田)

 「いい勝ち方ができました。中盤での勝ち越し。JFKをつないで反撃を封じる。これでやっと希望の光が見えてきました」

次号に続く