昨日来世間が騒がしいですね。どこかの政治家が自殺したとか、有名芸能人が事故死したとか・・・・。こういう話を聞き、自分と世代的に近い人が主役だったりすると、やっぱり複雑な気持ちになります。

少し古い話になりますが、ウルトラセブンで「ソガ隊員」を演じた阿知波信介さんが先日亡くなられたそうです。詳しい事情はわからないのですが、どうも自殺のようです。

マスコミでこのニュースが報じられた時、決まって「ウルトラセブンのソガ隊員役で有名な・・・・」という枕詞がついていたので、阿知波さん=ソガ隊員というイメージはかなり強烈に世間に認知されていたみたいですね。

ソガ隊員と言えば、例えば第9話「アンドロイド0指令」での活躍が思い出されます。この中でソガ隊員は、ダンと共に「怪しい少女」を夜のデパートの中まで追い詰めたものの、チブル星人の操るおもちゃ兵器の逆襲を受けて苦戦に陥る。撤退を促がすダンに対してソガ隊員が言った台詞

「ばっきゃろう、おもちゃなんかにやられてたまるか」

他にも第37話「盗まれたウルトラ・アイ」では、年下のアマギ隊員に「このウスノロ」とやりこめられて「どーせ、ウスノロの僕ですから」と珍しく弱気な一面を見せたり、第43話「第四惑星の悪夢」では占星術にも詳しい所みせ、「科学万能の時代だからこそ、我々はもっと宇宙の神秘に目を向けるべきだよ」と熱弁を揮ったりしています。
「マジメ」なアマギと「お笑い系」のフルハシに挟まれて、ソガは際立った特徴はないのですが、それでもちゃんと個性が出ていて私的には好きなキャラクタでした。
ウルトラセブンが現在でも評価されている理由の一つに、主人公やヒロイン以外のそれぞれの登場人物のキャラクターがちゃんと描き分けられているということが上げられるかも知れませんね。

ご冥福をお祈りします。