PFB2007チーム別戦力紹介--北海道日本ハムファイターズ

このコーナーもモタモタしている間に2008年のシーズンが始まってしまいました。先を急ぎましょう。

PFB2007戦力分析。今回は北海道日本ハムファイターズついて取り上げてみたいと思います。なお以下はあくまでも「ゲームの中のお話」です。現実の世界と類似する個人名や組織名が登場することがありますが、あくまでも「偶然の一致」であることを申し添えておきます。また本文中で「今年」とか「今シーズン」といった言葉が出てきますが、「2007年」あるいは「2007年度シーズン」のことであるとお考え下さい。

 (注)PFBとは、サイコロとカードを使ってプレイするタイプの野球ゲームです。選手1人が1枚のカードになっていて、カードの数値とダイスの結果を照合しながら試合を進めていきます。1試合のプレイ時間が20~30分なので、その気になれば年間140試合前後をプレイすることも(一応は)可能です。
 PFBについて詳しくはこちら
 PFBの入手方法はこちら

他のチームについては-->こちら

北海道日本ハムファイターズ

小笠原道大と新庄剛志が抜け、小粒になったファイターズ打線。昨年に比べると迫力不足は否めません。稲葉篤紀、セギノールの3,4番が打線の中核を担いますが、両名とも昨年に比べるとグレードダウンしています。チャンスメーキングすべき森本稀哲、田中賢介の2人は健在で、その他金子誠、坪井智哉といった俊足選手も揃っています。足を絡めた巧妙な攻めがファイターズには必要になってくるかもしれません。

投手陣はなんといってもダルビッシュ有の能力が光ります。マリーンズの成瀬義久と並びPFB2007最強の先発型投手となりました。欠点を上げるとすれば制球力にやや難があること。四球連発による自滅、というのが怖いパターンかもしれません。その他、昨年活躍した金村暁、八木智哉、武田勝の3人については、金村、八木が共に不調。唯一使えるのが武田です。金村らに代わる先発陣の柱として、グリン、スィーニーの両外国人投手がいます。また若い木下達生もいます。いずれも並以上の能力を持った好投手で、これらの優秀投手を先発陣にずらりと並べたファイターズ先発投手陣は、間違いなく12球団最強です。

申し分ない先発陣を誇るファイターズですが、救援陣になるとかなり怪しくなります。クローザーMICHEALは球威こそあるものの制球力に難があります。昨年抜群の安定感を誇った武田久も、今年は今ひとつパッとしません。岡島秀樹も抜け、江尻慎太郎がなんとか使える程度。むしろ先発陣が潤沢すぎるぐらいなので、必要に応じて先発投手陣から人を回すのが良いのかもしれません。

< スタメン例 >
イメージ 1


< 注目の選手たち >
イメージ 2


小笠原、新庄なき後、チームを引っ張るのがこの森本稀哲です。xxx
グリンについては「こんなすごい投手がいたのか・・・」というのが正直な感想。勝ち数9はデータから見ればやや物足りない感はありますが、継投能力を除いた能力ならばグライシンガー級です。

投手A、打線B、総合A