イメージ 6

主題のゲームをソロプレイで試してみました。最初ルール確認も兼ねて4度ばかりプレイしてみましたが、4度ともプロイセン軍の圧勝でした。特に「ここぞ」という時に「革命運動」等のフランス軍に不利なイベントが出て、そのままゲーム終了という展開が何度かありました。
そして迎えた第5回戦。序盤は順調だったフランス軍ではあったが、第3ターンのモーゼル川攻防戦で、プロイセン軍の橋頭堡を撃破することに失敗。その戦線は今や崩壊の危機に直面していた。果たしてフランス軍に明日はあるのか。

ゲーム展開

第3ターンまで

第1~3ターンは-->こちら

第4ターン:プロイセン軍

ここでプロイセン軍が決定的なFOWチットを引いた。それは「革命運動」。このチットを引かれたフランス軍は、続く自軍ターンに一部の部隊を除いて全く移動ができなくなるのだ。そう、つまりこのチットはプロイセン軍に、2ターン連続で移動する権利を与えるという強烈なものなのである。フランス軍にとってはまさに「最悪の時期に最悪のチットを引かれてしまった」と言えるのかもしれない。
とにかくプロイセン軍はチャンスである。モーゼル川西岸の橋頭堡を確固たるものにすべく増援部隊を続々とモーゼル川西岸に送り込んでいった。その総数は10個師団を越え、モーゼル川橋頭堡は忽ちのうちにプロイセン軍部隊で溢れかえっていた。
この圧倒的兵力を背景にプロイセン軍は総攻撃を敢行する。計7個所で行った攻撃をプロイセン軍は悉く成功させ、2ユニットのフランス軍を葬った他、多くのフランス軍部隊をZOCに拘束した。さらにフランス軍戦線に大穴を穿ち、西方に向けての突破口を開いた。

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/6/d/6d1f4bf3.jpg
第4ターンプロイセン軍攻撃終了時の状況。緑の矢印は、フランス軍戦線の空隙とそこを突いたプロイセン軍のヴェルダン直撃コースを示している。

第4ターン:フランス軍

国内で革命運動の嵐が吹き荒れている。その影響でこのターンフランス軍は移動できない。移動はできないが戦闘はできる。1-2攻撃が5個所、1-1攻撃が1個所と不利なオッズは否めないが、それぞれの戦場でフランス軍は善戦した。特に帝国近衛軍団の戦いは見事だった。1-2の不利なオッズながらも、その逆境をはねのけて見事に勝利を収めた。この勝利により他の戦線の士気も高まり、フランス軍は6戦中4戦に勝利、損害を2ユニットに押さえ、戦線崩壊という最悪の事態だけは免れた。

第5ターン:プロイセン軍

フランス軍戦線を抜けてプロイセン軍が平原を西に向かう。目指すはヴェルダン。ミューズ川沿いの要塞都市だ。ヴェルダン前面でフランス軍海兵師団と交戦するプロイセン軍。その頃モーゼル川西岸地区では、帝国近衛軍団を含めたフランス軍5ユニットがプロイセン軍の重囲下に陥ろうとしていた。

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/5/5/556d0b03.jpg
第5ターンプロイセン軍攻撃開始時の状況。青丸がヴェルダン攻防戦、緑丸がモーゼル川西岸包囲戦である。

第5ターン:フランス軍

ここでフランス軍はまたもや幸運に救われた。FOWチットで「全面退却」を引いたのである。前線に残された部隊は次々と後退を開始する。もう戦線を張って防御することはできない。各都市に篭って拠点防御に走るしかない。各主要都市に1乃至2ユニットが走る。

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/d/2/d29d0b83.jpg
第5ターン終了時の状況。フランス軍は戦線防御を諦め、拠点防御に切り替えた。

このゲームにおける都市の効果は強大である。防御力3倍。それだけではない。戦闘結果のDRをも無視してしまうのだ。都市に篭る敵に対して何らかの実効性のある攻撃を行うためには最低でも2-1以上のオッズが必要になる。3倍に強化された敵に対して、さらにその2倍。つまり兵力で6倍以上の優越がなければ都市には手出しができないということになる。
フランス軍の「城篭り」はこういった都市の特性を利用したものである。このゲームは遅かれ早かれフランス軍は拠点防御に移らなければならないが、その時までに都市防御に必要な最低限度の兵力を保持していることが、フランス軍勝利への最低条件になる。逆にプロイセン軍はフランス軍が拠点防御に入る前に野戦で敵主力を撃破することが目標となる。

第6ターン:プロイセン軍

拠点防御に切り替えたフランス軍。しかしまだ全部隊が都市に篭った訳ではない。多くの部隊が都市を目指して進みながらも未だ野外で活動中なのであった。そこでプロイセン軍は野外行動中のフランス軍を捕捉、攻撃すべく行動を開始した。4個所でフランス軍野戦部隊を捕捉することに成功したプロイセン軍。しかし攻撃のダイス振るわず、攻撃4個所のうち攻撃成功は1個所のみ。あまつさえ攻撃に失敗した1個所ではプロイセン軍1ユニットが戦闘結果により昇天していった。

第6ターン:フランス軍

イメージ 4FOWチットは「外人部隊」。ダイス判定の結果第8ターンに登場することになった。わずか1戦力に過ぎないが、ユニット不足の昨今にあっては頼りになる存在である。

第7ターン

プロイセン軍はいよいよ総攻撃に着手する。攻撃要領は以下の通り。
(1) モーゼル川西岸地区の一角に追い詰めている帝国近衛軍団を1-1で攻撃。攻撃に成功すれば退路を断たれた帝国近衛軍団は壊滅。 以後の戦闘でプロイセン軍は常に1コラムシフトを得る。
(2) 続いて野外に残っているフランス軍歩兵を1つ1つ始末する。
(3) 都市そのものに対する攻撃は次のターンから。

しかし攻撃は最初からつまずいた。1-1の比率で行われた帝国近衛軍団に対する攻撃はARに終わり、帝国近衛軍団は健在なままだった。その他3個所で行われた攻撃もAR連発。フランス軍歩兵師団2個を包囲殲滅するのが精一杯であった。

フランス軍はFOWチットを引くことの他は特にやることなし。引いてきたチットは「ミトライユーズ式機関砲」。フランス軍に不利なイベントの多いこのゲームの中では、フランス軍に利する数少ないチットである。

第8ターン

イメージ 5プロイセン軍にとってフランス軍がミトライユーズ機関砲を引いたことは痛かった。何故ならこのターン予定していた帝国近衛軍団に対する攻撃を諦めざるを得ないからだ。いかに強力なプロイセン軍とはいえ、荒地に篭る帝国近衛軍団に対しては1-1のオッズが精一杯であった。もし帝国近衛軍団に対する攻撃の際にフランス軍がミトライユーズ機関砲の使用を宣言した場合、そのオッズは2コラム下がって1-3になる。1-3は攻撃成功率が1/6に過ぎないばかりか、恐怖のAE(攻撃側全滅)が1/6の確率で発生するのだ。確率は低いとはいっても一発でぶち壊しになりかねない危険なギャンブルである。戦況を有利に進めているプロイセン軍にとって、そのようなリスクをあえてここで負う必然性は乏しい。

そんなこんなでプロイセン軍は各要塞都市に対する総攻撃を敢行することにした。ちなみに都市攻撃は最低でも2-1の比率で行われるので、フランス軍がミトライユーズ機関砲を使用してもオッズは1-2止まりである。1-2ならAEはない。
メッツ、ナンシー、シャロン、セダンの4個所が攻撃目標となった。メッツ攻撃。失敗。ナンシー攻撃。失敗。シャロン攻撃。失敗。・・・・。
しかし最後に振ったセダン攻撃が遂に成功した。セダンの東半分が陥落し、プロイセン軍は最初の勝利条件都市を取得した。

残りはあと2ターン。果たしてプロイセン軍はあと2つの都市を制して勝利を手中にすることができるか。あるいはフランス軍が最後まで都市を守りきるのか。