PFB2008が完成しましたので、注目選手の皆さんを紹介したく思います。

今までは主にセリーグの選手を紹介し、パリーグといえば第3回にライオンズの選手を紹介しただけでした。
そこで今回はライオンズを除くパリーグ各チームの打者を紹介します。

過去の掲載分
 2008Giantsの場合 --> こちら
 2008Tigersの場合 --> こちら
 2008Lionsの場合 --> こちら
 2008セリーグ打者 --> こちら
 2008セリーグ投手 --> こちら

後藤光尊

イメージ 1バファローズの場合、ローズ、カブレラの両外国人が突出しています。どちらを紹介しようか迷いましたが、少し趣向を変えて左の選手を紹介します。
打率.285、本塁打14本と平凡ですが、この人の強みは長打力と出塁率、そして足を兼ね備えていること。セイバーメトリクス"OPS"(出塁率+長打率)の.793はローズ、カブレラに次ぐチーム第3位。その他の部分でも決して目立ちませんが、そこそこの数値を残しています。これでセカンドというポジションを考慮すれば、十分に価値のある選手といえるでしょう。史実では6~8番を打つことが多かった選手ですが、俊足を生かして1~3番といった上位打線で使ってみるのも面白いかもしれません。

稲葉篤紀

イメージ 2ファイターズについては全般的に貧打で、傑出した選手が少ないです。森本、高橋信、スレッジ。色々考えたのですが、やはり全日本の3番を打ったこの人を外す訳にはいかないでしょう。稲葉の"OPS"は.894。これはローズ、カブレラ、中島、GG佐藤といったオリックス、西武勢に続く第5位です。またセイバーメトリクス"TA"(1つのアウトを取られる間にどれだけ塁を奪えるか)は.889でリーグ4位。出塁率.380もリーグ4位です。
こうしてみるとそれなりに好打者と思われる稲葉なのですが、数少ない弱点の1つが走力=S。もともとそんなに足が遅い選手というイメージが少ないだけにどうしてかな、と思ったのですが、どうやら併殺の多さが響いたようです。

大松尚逸

イメージ 3正直な所、マリーンズの選手たちには余り馴染みがないので(マリーンズファンの皆さん、ゴメンナサイ)、誰にしようか迷いました。出塁率の高い西岡、長打力に優れた今江、一発長打の大松。今回はその中からチーム最多の24本塁打を放った大松を取り上げたいと思います。
データカードを見ると、なるほど本塁打24本が効いているためか、長打力はさすがに優れています。本塁打率でいえば、ホークスの松中や小久保以上です。打率と出塁率がやや小さいため、5~6番あたりの「返す」場面で使うのが良いかと思います。

リック

イメージ 4今までもコンスタントに3割の打率をキープしてきたリックでしたが、今年は長打力を加えてさらに威力を増しました。打率.332はライオンズ中島を.001差で押えてリーグ1位です。ただリックの場合、打率以外の数値について少し不満が残ります。出塁率.365はリーグ10位。首位打者にも関らず出塁率が低いということは、それだけ選球眼に難があるということでしょう。実際、セイバーメトリクス"BB/K"(三振に対する四死球の数)は.490と低いレベルに留まり、選球眼の悪さが伺えます。決して三振が多いタイプではないため、所謂「早打ち」が多いのかもしれません。
データカード的には走力Sが痛いです。

川崎宗則

イメージ 5かつては打者王国だったホークスですが、ここ数年の流出その他によってすっかり寂しくなってしまいました。松中、小久保両選手にしても、年齢的にそろそろ苦しい状態。若い選手の台頭に期待したい所です。
そんなホークスから誰を選ぶかは悩みましたが、五輪出場を果たした川崎宗則を取り上げたいと思います。
川崎の特徴は高い打率と俊足です。打率.321はリーグ第3位。ただ出塁率.350は先のリックよりも低い数値で、いわゆる「早打ち」タイプであることを伺わせています。走力Fは当然として、盗塁成功率69は意外と低い値ですね。史実の数値を見ると成功19に対して失敗9。成功率68%ですから、こんなものかもしれません。