イメージ 1

イメージ 13

イメージ 14

浅間山といえば皆さん、勿論ご存知でしょう。
群馬県と長野県の県境に聳える標高2,568mの活火山です。
現在でも活動が続いている火山なので、山頂付近への立ち入りは規制されています。2009年7月現在の規制レベルは「2」。これは比較的低いレベルですが、それでも山頂から2km圏内の立ち入りは禁止されています。

その浅間山に登ってきました。
とはいえ、山頂へ直接行くことは勿論御法度。そこで浅間山周辺の山々を巡ってみようという訳です。

1.浅間山へ向かう

7月某日。梅雨明けの関東地方は朝から天候に恵まれました。始発の新幹線「あさま501号」で軽井沢の駅に降り立ったのが0730頃。既に盛夏の様相を見せつつある首都圏とは違って、ここ軽井沢はひんやりと涼しい風が吹いていました。空は晴れていますが雲が多く、やや前途に不安を感じさせる天気です。
駅前でレンタカーを借りて目指すは高峰高原。標高約2000mの高峰高原が浅間山登山の登山口になります。

2.浅間山へ登る

高峰高原に着いたのは0900頃。駐車場は既に一杯でしたが、道路脇に車を停車するスペースがあったので、そこに車を停めます。
装備を整えて出発。今回の登山は片道約2時間、標高差が500m弱なので比較的楽だと思っていました。ところがところが、舐めたらやっぱりいかんねー。確かに標高差は小さいのですが、アップダウンが激しく、なかなか高度を稼ぐことができません。また標高が比較的高い(今年登った山の中では最高峰)せいか、結構息が苦しい。思いの他きつい山でした。

それでも歩き始めて30分ほどで辿り着いた広いガレ場からは、浅間山周辺の山々は勿論、遠く北アルプスや富士山も一望できる絶景でした。

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/9/9/99a03261.jpg
登山中に振り返った時の景観です。左手遠くに見えるのは中央アルプスかな

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/a/a/aa5061bc.jpg
登山路の景観です

歩き始めて1時間と少しで「トミーの頭」と呼ばれるポイントに辿り着きます。そこからは目の前に浅間山本体は勿論、浅間山を形成する外輪山等も一望できる絶景ポイントです。

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/8/0/80db505f.jpg
トミーの頭と浅間山。左手の小高い岩場がトミーの頭で、その右手奥に見える山が浅間山です。

トミーの頭で最後の休憩を取り、黒斑山山頂を目指します。黒斑山は標高2404mで浅間山の外輪山では一番標高の高い山です。現在、浅間山そのものへの登山が禁止されているので、浅間山登山を目指す登山者の多くは、この黒斑山を目指すことになります。
黒斑山の山頂に着いたのは1100少し前。登り始めてから2時間近くが経過していました。

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/0/0/00b3fce8.jpg
黒斑山です。

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/3/7/3790854a.jpg
黒斑山山頂から見た浅間山です

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/6/3/63229fc4.jpg

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/7/8/780b1027.jpg

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/7/5/75bdba09.jpg
黒斑山山頂から見た景観です。眼下の原生林は圧巻でした。

3.浅間山から降りる

黒斑山を制覇したので一応浅間山は制覇したことになります。このまま来た道を降りても良いのですが、それでは少しつまらないので、浅間山の外輪山を歩いてみることにしました。
黒斑山から少し北に行ったところに蛇骨山という山があります。ここからは眼下に嬬恋方面が見えるはずなのですが、生憎北側は白いガスが立ち込めていて視界が効きませんでした。

天気といえば、軽井沢ではやや不安を感じさせる天気でしたが、山の方は殆ど快晴で、眼下に白い雲が見えるという状態でした。それでも11時を過ぎたあたりからだんたんとガスが昇ってきて、少しずつ天気が悪くなってきました。

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/e/c/ec4c9123.jpg

帰りは「裏コース」と呼ばれる登山路を降りていくことにしました。このコースは往路に使った「表コース」に比べるとアップダウンが少なく、その分楽なコースでした。ただ所々に滑りやすい箇所があり、その点は要注意です。

登山口に下りてきたのは1310頃。所要時間約4時間の山登りでした。

4.感想

前回登った会津駒が標高差1,100m。その時が思いの他上手く行ったので今回は楽勝かな、と思っていたのですが、思いの他きつかったです。わかってはいるのですが、つくづく「登山は標高差だけじゃないな」と思ってしまいました。
しかし今回の山岳景観は素晴らしかったです。今年登った山はいずれも天候に恵まれず、また山の選択自体の問題もあって、なかなか綺麗な景色に巡り合えませんでした。今回も直前の天気予報があまり良くなかったので「今回もダメかな」と少し思っていたのですが、良い方に裏切られました。やっぱり山は景色ですね。

5.浅間山荘

折角ここまで来たので、有名な「浅間山荘」に立ち寄ることにしました。
「浅間山荘」といえば「浅間山荘事件」が思い浮かびます。私も現地を訪れる前は「要塞みたいに堅固な山小屋なんだろうか」等と想像していたのですが、現地に着いて実物を目にすると、あまりに平凡な山小屋なので少し拍子抜けしてしまいました。

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/1/c/1cf62adc.jpg

山荘内には日帰り入浴可能な温泉施設があるので、入ってきました。入浴料は\500と比較的良心的です。風呂は内湯が1つのみ。露天風呂もありません。泉質は鉄分が入っているので赤系で、一見すると「オレンジシュース」のようでした。

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/8/8/88a33700.jpg