イメージ 1

北近畿タンゴ(KTR)鉄道の旅

先日、北近畿に行く機会があり、主題の列車に乗ってきました。

西舞鶴1039発の観光列車「タンゴ浪漫1号」は普通列車でありながら、特急型車両を使った観光列車です。2両編成と短い編成ながら、車掌の他に案内嬢も乗務しており、車窓風景を案内してくれます。


https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/b/f/bf9aa071.jpg
北近畿鉄道「タンゴ浪漫1号」

定刻に西舞鶴を発車した列車は由良川の左右に開けた広大な田園地帯を走っていきます。もう海が近いので由良川の流れも比較的穏やか。静かな川面と広大な田園地帯のコントラストが美しいです。

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/a/9/a969a867.jpg

3つめの駅である丹後神崎を過ぎると列車は長大な由良川橋梁を渡ります。観光列車はここで少し速度を落とし、鉄橋から見た景観を楽しませてくれます。

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/f/6/f6bbe5c4.jpg
由良川河口の景色。この先は日本海である。

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/c/1/c1b21feb.jpg
反対の山側を見る

由良川を渡った所は宮津市。次の駅丹後由良を過ぎると、右手に日本海が見えてきます。このあたりがKTRの沿線で一番美しい所だそうです。列車は一番美しいと言われている奈具海岸で一旦停車し、美しい風景を楽しませてくれます。

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/0/e/0e893319.jpg

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/1/0/10cc317f.jpg

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/f/6/f6a0c84f.jpg

次の栗田("くんた"と読むらしい)駅を過ぎると次は宮津。天橋立観光の中心地です。とはいっても観光そのものは次の天橋立駅で降りた方が便利なのですが・・・。かくいう私も天橋立で列車を降り、地元の人が教えてくれた飛龍館なる場所に行ってみました。

駅から歩いて5分程の場所に「飛龍館」へ登るリフトの駅があります。ここで往復\850のチケットを購入して約6分で「飛龍館」到着。眼下に見える天橋立は、まるで「竜が飛ぶが如く」美しいです。

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/0/3/0329b037.jpg

天橋立観光を少し楽しんだ後、天橋立発1330頃の特急列車に乗ってさらに西へ向かいました。今回は時間その他の関係上、途中の網野駅までで引き返してきましたが、この間これといった見所はなし。KTRの魅力はやはり西舞鶴-天橋立間だな、と、再認識しました。