イメージ 1

前回までのあらすじ --> こちら

「5th Fleet」は、米Victory Games社が1989年に発売を開始した現在海戦ゲームです。今回、YSGAにて「5th Fleet」のシナリオ11を計4名(米2名、ソ連2名)プレイすることになりました。筆者の担当は米軍の北西海域で、ペルシャ湾とアラビア半島沿岸が主要な戦場です。作戦を遂行するにあたり、筆者は空母、戦艦、イージス艦からなる強力な米機動部隊と巡航ミサイル搭載の原潜2隻、さらには空母「ヴィラート」を主力とするインド機動部隊も指揮することになりました。

イメージ 3

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/0/a/0aa21e0b.jpg
インド海軍空母「ヴィラート」(Viraat R-22)。今回のリプレイでは華々しい活躍こそなかったが、米空母を補完し、オマーン湾の制空権を最後まで守り切った。

第1Turn(1日目午前)

イメージ 4我が軍の初期配置はかなり厳しい。無防備のタンカーや輸送艦隊、上陸艦隊が各所に散らばっている。それらを護衛するために14隻のフリゲート艦が用意されているが、全てを守ることは不可能だ。結局の所、重要度の高い上陸船団や輸送船団に護衛戦力を集中し、独航中のタンカーは「運を天に任せて」目的地に向かう他ない。途中で何割かは失われるだろうが、これは必要な犠牲だと割り切るしかない。戦争とはかくも残酷なものなのか・・・。

戦略航空作戦。ソ連軍長距離偵察機が飛び回り、インド洋のど真ん中を航行するタンカーや輸送船団に次々と「発見」マーカーを乗せていく。我々は戦略航空作戦には最小限の兵力のみ投入し、西インド洋を航行中のエコー2級原潜「ハンカ」(khanka)を発見した。

アクションフェイズ。最初に動いたのはソ連側であった。空母「トビリシ」を発進したSu27BとMig29Bの混成編隊がソコトラ島を発進したTu16Eの援護の元、サラーラ基地に展開するオマーン空軍を襲う。オマーン空軍のトーネード戦闘機がそれを迎え撃つが、電子戦機の援護が効いた。トーネードの編隊はステップロスして後退。爆装したMig29Bがサラーラ航空基地に1ダメージを与えた。CAP網に穴があいた隙をついてTu16Cバジャーの編隊がオマーン海軍のミサイル艇を襲う。多数の対艦ミサイル攻撃を受けたミサイル艇は、抵抗つたなく全滅した。

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/4/9/4944726f.jpg

イメージ 8続いてイラン国内から発進したSu24フェンサーとTu16Eの混成編隊がオマーンの連合軍基地Muscatを襲った。しかしこれは些か強引過ぎる手だったかもしれない。Muscatを守る海兵隊F18CホーネットのCAP編隊が3-1攻撃でSu24に2ステップロスの損害を与えてこれを撃墜した。連合軍は最初の勝利を手にした。

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/c/4/c4480a75.jpg

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/0/9/09e17d6d.jpg
F-18Cホーネット。今では「レガシーホーネット」という呼び名の方が定着しているかもしれない。米海軍、海兵隊が運用する戦闘攻撃機で、対地対艦対空戦闘を万遍無くこなす優等生である。欠点と言えば航続距離がやや短いことだが、作戦級であるFleetシリーズで航続距離の短さは運用に著しい制約を与えることになるかもしれない。

イメージ 11一連の航空攻撃が終わっていよいよ連合軍側のアクションである。水上艦を選択した連合軍は、当初の予定通りAshkhabad(アジハバード)基地に対して巡航ミサイルを発射した。戦艦「ウィスコンシン」、イージス艦「アンツィオ」「バリー」、駆逐艦「オバノン」から計20発のトマホーク巡航ミサイルが発射された。何発かがアジハバード基地に命中し、アジハバードは1ダメージを受けた。機能停止。作戦の第1段階は成功裡に終わった。

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/8/3/83ec73ea.jpg
トマホークを発射する米戦艦。

イメージ 12連合軍の攻撃はなおも続く。続いてディエゴガルシアを発進したB52が空中給油機による給油を受けつつ長駆イラン上空に進入。ALCM(空中発射型巡航ミサイル)を発射した。この攻撃も成功し、アジハバードにさらにもう1打撃適用した。

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/d/3/d35153a4.jpg

イメージ 14空母「レンジャー」機動部隊も行動を開始した。F14トムキャット、A6イントルーダーからなる攻撃隊がEA6プラウラー電子戦機を伴ってイラン国内Kerman空軍基地を襲った。F5タイガー、J6からななる邀撃編隊が迎え撃ったが、電子戦機の援護を受けた米攻撃隊はイラン側迎撃を排除して攻撃を強行。Kerman基地に1打撃を与えた。

https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/5/b/5bd06b72.jpg
米空母部隊による猛攻。巡航ミサイルで盤外のアシハバード基地を叩き、艦載機でKerman基地を叩いた。

イメージ 15オマーンの一角を発進したP3C哨戒機が西インド洋に発見したエコー2型原潜を攻撃した。引き続いて飛来した空母艦載機S3バイキングの攻撃によってエコー2型原潜を撃沈した。1960年代就役の旧式艦だが、強力な対艦ミサイルを装備しているので厄介な相手である。撃沈できたのは朗報であった。

イメージ 16ソ連側は潜水艦を選択。キロ級潜水艦「ベルーガ」が「レンジャー」機動部隊に接近、魚雷による集中攻撃を敢行した。輪形陣の内側に潜り込んで「レンジャー」を狙う。しかし米機動部隊の対潜防御網は堅く、「ベルーガ」は「レンジャー」に接近することなく撃退された。苦し紛れに全魚雷を放った「ベルーガ」は、早くも弾切れを起こした。

ディエゴガルシア方面では、アクラ型、シエラ型、オスカー型の新鋭原潜4隻が次々と巡航ミサイルを発射した。目標はディエゴガルシア環礁。何発かのミサイルがディエゴガルシア基地に着弾し、基地に1打撃を与えた。B52が発進できなくなったのは痛い。

ソ連の高性能潜水艦群がこちら(ペルシャ湾方面)ではなく、あちら(東インド洋方面)に向かったことは有難い。まあ東インド洋方面の連合軍指揮官にとっては迷惑千万な話には違いないが・・・。

連合軍も報復(という訳ではないが)の巡航ミサイルをアシハバードに向けて発射する。ロス級潜水艦「バトンルージュ」「キーウェスト」の2隻から発射されたトマホークはアジハバードに着弾。さらに1打撃を適用した。アジハバードの損害は3打撃に達し、あと1打撃で壊滅することとなった。

とまあ、こんな感じで多忙な第1Turnは過ぎていった。巡航ミサイル攻撃でダイス目が比較的冴え、アジハバードを壊滅寸前にまで持って行けたのはラッキーだった。


https://livedoor.blogimg.jp/mk2kpfb/imgs/0/b/0b4b83ed.jpg
第1Turn終了時のペルシャ湾周辺。