イメージ 1

世界の傑作機No.148 F8Fベアキャット 文林堂

世界の傑作機シリーズの最新刊(2012年2月現代)は「世界最強のレシプロ艦戦」こと、F8Fベアキャット。戦闘機としては極めて優れた性能を有しながら、間一髪対日戦に間に合わず、その後はジェット化の波に呑まれて活躍の機会を得なかった不運な機体。今ではレシプロ機の世界最速を記録してその高性能ぶりの片鱗を伺わせる程度だ。
本書ではF8Fについて、開発経緯から技術的特徴、艤装、各型解説等、本機の主要な点をバランス良く抑えている。読者が恐らく興味を引くであろうF8Fと「烈風」の対決についても数ページ割いている点はありがたい。値段が高めなのが玉に傷かな。

お奨め度★★★