イメージ 1

以前にGDW社のThe Third World Warについて時間短縮ルールを提案したことがあります。
先日、新ルールをソロプレイで試してみたのですが、どうもWP軍が進めない。というのもWP軍がオッズを計算できないので、どうしても「無謀攻撃」が発生してしまうこと。それから新練度ルールは数を頼みとするWP軍にとって不利に働くようです。前者はある程度予想していたのですが、後者は予想外でした。
そこで再びルールを見直し、以下のルールを考えました。

(1)プレイヤーは攻撃時以外、相手スタックの一番上のユニット以外を見てはいけない。
(2)(1)に関連し、空中機動ZOCを有するユニットはスタックの一番上に配置し、そのことを示す必要がある。そうでない場合(空中機動ZOCを持たないユニットがスタック一番上に配置されている場合)、そのスタックは空中機動ZOCを持っていないとみなす。
(3) 攻撃ヘクスを全て宣言した後、攻撃側プレイヤーは攻撃に参加するユニットを選択する前に防御側ヘクス敵ユニットを見ることができる。その内容を見た上で、攻撃側は攻撃に参加させるユニットを選択する。ただし一度宣言した攻撃ヘクスは、必ず攻撃しなければならない。
(4) 練度ルールはオリジナル通りとする。
(5)(選択) もし攻撃側が平均練度で劣っていて、その差が1.0未満の場合、コラムシフトを適用しなくても良い。

前回から変更になったのは(3)~(5)で、特に(5)はオマケ的なルールです。

これで一度ソロで試してしてみます。