イメージ 1

K2は登山をテーマにしたマルチプレイヤーズゲームです。1~5名のプレイヤーが参加可能。各プレイヤーは2名の登山家を持ち、それぞれ世界第2位の高峰=K2登頂を目指します。プレイは実際の18日間を再現し、18日間の間にK2登頂に成功するか、あるいは登頂できなくても頂上にできる限り近づけたか、を争うことになります。

前回は夏山登山を紹介しました。
今回はより難度の高い冬山に挑戦します。
君は生き延びることができるか・・・。

冬山の場合

引続いて冬山に挑戦しました。こちらは夏山のようには簡単には行かないでしょう。さてさてどうなることやら。

第1-3日目

取りあえずは6000m未満の世界で太郎くん、次郎くん共に高地順応させていく。本格的な登山はこれからだ。

イメージ 2



第4-6日目

太郎くんが6500m地点に到達した。しかし悪天候と悪路のため、なかなか前進が捗らない。夏山との違いに唖然とする。

イメージ 3



第7-9日目

太郎くんが7500m付近に到達した。このあたりでキャンプを設営しようか、と考えた太郎くんであったが、もう少し上まで行こうと思い直した。

イメージ 4



第10-12日目

太郎くんが7800mに到達。そこにキャンプを設営した。あと6日しかないが、さてK2山頂は狙えるか・・・。

イメージ 5



第13-15日目

14日目、太郎くんがついにK2山頂に立った。体力に不安があったので即座に下山し、7800m付近のキャンプに潜り込んだ。

イメージ 6



第16-18日目

太郎くんはキャンプ地でカロリーメイトを食べながら体力温存。次郎くんは登れる所まで登りましょう戦略で7000mラインを超える所までキタ。

イメージ 7



結果

太郎くん=登頂成功10VP
次郎くん=7200m付近4VP
計14VP

アルピニスト認定

感想

ソロでも結構面白いです。
夏山に比べて冬山の方が確かに困難なのですが、冬山の場合はVPラインが低いので、どちらか一方で登頂させればほぼ「アルピニスト認定」ラインのVPを稼げます。
夏山の場合、対人戦の場合よりも勝利ラインが高そうに思いました。夏山の場合、どちらか一方で登頂し、もう一人が4VPぐらい稼げればほぼ勝てたのですが、ソロプレイの場合だとこのケースはハイカーレベルにしかなりません。

いずれにしても、K2はソロでも面白いですね。