イメージ 1

世界の傑作機No.162 ヤコブレフYak-38"フォージャー"

文林堂

今回の"世傑"は、冷戦時代、米機動部隊を向こうに回して奮闘したYak-38"フォージャー"。冷戦時代を扱った仮想戦ゲームでは、海を舞台とするゲームでキエフ級空母と並んで「ラスボス」的な役割を担っていた「名機」である。しかし実際の所、本機の性能は冷戦時代から疑問視されており、「鳥なき里の蝙蝠」などと言われていた。
本書はYak-38の開発から運用、そして後継機であるYak-141"フリースタイル"まで技術的側面や運用面から詳しく追っている。本書で嬉しいのはYak-38の様々なカラー写真で、キエフ級空母の飛行甲板上や格納内での写真は一見の価値ありだ。
全般として読む所はやや少なく、また機体の運用史も地味な感は否めない。しかしこれは本書の罪というよりは、Yak-38自体の「つまらなさ」を反映しているだけかもしれない。

お奨め度★★★