イメージ 1

Gulf Strikeは1981年に米国Victory Games社から発表されたシミュレーションゲームだ。テーマはイラン・イラク周辺における軍事衝突で、4つの仮想戦シナリオと1つの半仮想戦シナリオ(イラン・イラク戦争)を含む。今回はVASSALを使ったソロプレイにチャレンジしてみた。
選択したシナリオはシナリオ1「ジハード」。これはイラン・イラク戦争に勝利した革命イラン軍が、湾岸諸国へ攻め入るという内容のものである。


5Turn(6月9日)

イメージ 13サウジアラビア軍とイラン軍が砂漠で遭遇戦を繰り広げた。しかし砂漠という地形の特性上、両軍とも決定的な戦果を挙げられない。徒に時が過ぎていく。
ここの至ってイラン軍は新たな活動を開始。オマーン湾岸の主要都市マスカットを航空機で攻撃したのである。マスカット基地は米空軍のF-15CイーグルやE-3CセントリーAWACSが集結しているので、ある意味格好の攻撃目標といえる。しかし米軍は現在の湾岸危機に対して軍事的な活動を強めては来ているものの、未だイランに対して正式には攻撃を実施していない。イラン軍による米軍基地に対する攻撃は、米軍による戦争介入を招く危険な行為でもあった。

イメージ 14AWACSからの緊急通報で国籍不明機の接近を知った米軍は、マスカット基地からがF-15Cイーグル2個中隊が発進する。後に「オマーン湾事件」と呼ばれる遭遇戦が米軍介入のキッカケとなった。
F-15とF-4、米国の世代違いの制空戦闘機同士の対決は予想通りF-15の勝利に終わった。F-15Cの失ったステップ数は3ステップ、それに対して革命イラン空軍は投入した航空機のうちF-4Eファントム2個中隊壊滅。残り1個のファントム中隊も爆弾を投棄して撤退していった。
しかしこの戦闘で米軍の湾岸戦争への介入は決定的となった。

そしてもう1人。米軍と共に戦局の推移を見守っていたソ連も、いよいよ参戦の決意を固めていく。

今回イラン軍がワザと米軍を攻撃したが、それはイランにとってはソ連の参戦を早めるという意味合いを持っていた。

イメージ 2



6Turn(6月11日)

イメージ 15イメージ 16米ソ参戦。湾岸戦争は、ここに米ソが直接対決する第3次世界大戦へと発展していった。
インド洋で米ソ両海軍が激突する。米空母「キティホーク」をマークしていたソ連巡洋艦「アドミラル・フォーキン」が先制攻撃を敢行した。それが見事に命中し、「キティホーク」を中破せしめた。米機動部隊の反撃で「フォーキン」は撃沈されてしまったが、引続いて接近してきたソ連海軍オスカー型巡航ミサイル原潜が「キティホーク」に対してミサイル攻撃を敢行。それが見事に命中し「キティホーク」を葬り去った。さらに戦闘機の傘を失った米艦隊に対してTu-26バックファイアが襲い掛かった。生き残った米水上艦もバックファイアの対艦ミサイル攻撃を受けて次々と撃沈されていく。一連の戦闘で米空母打撃群は大損害を被り、事実上戦闘能力を損失した。

イメージ 3


イメージ 17米艦隊の仇を取ったのはロサンゼルス級攻撃型原潜2隻からなる水中攻撃部隊であった。まずソ連海軍のヴィクター型原潜と水中での一騎打ちを演じたロス級原潜は、見事にこれに打ち勝った。ソ連原潜2隻撃沈(4Hit)、米原潜1隻中破(1Hit)。さらにロス級原潜は先ほどの攻撃で「キティホーク」に止めを刺して意気上がるオスカー型原潜を捕まえた。一連の戦闘でオスカー型2隻が撃沈され、ロス級の損害は皆無。しかも攻撃を終えたロス級は、ソ連対潜網による探知を躱してインド洋の彼方へ姿を晦ませた。

イメージ 4


イメージ 18湾岸地区ではイラン軍の攻撃が続いているが、サウジアラビア軍の抵抗にあい、その進撃は捗らない。
一方ペルシャ湾に浮かぶ小国バーレーンでは、ソ連軍の親衛空挺部隊2個連隊が降下。イラン空軍F-4Eファントム中隊による地上支援もあってバーレーンの守備隊を撃破。バーレーンをその支配下に置いていた。

イメージ 5


イメージ 19イラクは既にイラン軍の支配する所となっていたが、南部イラクに対して米軍の特殊部隊による奇襲攻撃が実施された。バスラ(1140)のイラン空軍基地に対する奇襲攻撃は対空砲火に阻まれ失敗に終わる。しかしアフヴァーズ付近(1337)に対する奇襲攻撃は成功。トラック輸送中のソ連軍航空基地が目標となり、破壊された。

ソ連海軍航空隊はペルシャ湾岸に機雷を敷設。水上部隊の活動と共にペルシャ湾へ向かう米軍の補給ルート(SLOC)を妨害する。


7Turn(6月13日)

イメージ 20米軍の増援が登場する。CVN-65「エンタープライズ」を中心とする空母機動部隊だ。「キティホーク」を失った米海軍にとって、「エンタープライズ」は正に干天の慈雨と言えた。他に攻撃型原潜と揚陸艦の部隊である。

ソ連軍はカタールに空挺部隊2個連隊を投入。首都ドーハに対する直接攻撃を仕掛けたのである。しかし攻撃は失敗。空挺連隊は大損害を被って撃退されてしまう。

イメージ 6


サウジアラビア正面ではイラン軍の機甲部隊が次第にリヤドに接近してきた。サウジアラビア軍はいよいよ後がなくなってきた。

8Turn(6月15日)

イメージ 21アフガン山中で補給物資を輸送中のソ連軍トラック部隊が米特殊部隊の襲撃を受けて壊滅した。神出鬼没の米特殊部隊。正規軍による護衛がないといつでも餌食なる危険があってやりきれない。

カタールの首都ドーハへ侵攻中のソ連軍は、先に大損害を被ったにも関わらずさらなる増援部隊を投入して攻撃を継続する。しかし兵力不足に加えて空から米空軍のF-4Eファントムが支援に現れてソ連空挺部隊を妨害するので、攻撃は捗らない。このTurnもソ連親衛空挺部隊はドーハに指一本触れることができずに停滞。しかも南からはアラブ連合軍が迫りつつある。

イメージ 8


イメージ 22カタール、バーレーン方面では米軍機による猛爆が続いていた。米軍は特殊部隊を投入して正確な位置標定を行った上で、F-4Eファントム、F-15Cイーグル、さらにはB-52まで投入して同方面のソ連軍空挺部隊を叩いた。補給物資が吹き飛ばされ、兵員が、装備が、失われていく。時にはゲリラの対空ミサイルがB-52を撃ち落すようなことも無きにしも非ずだったが、大局は動かない。

そして頃合い良しと見たアラブ連合がカタール前面で反撃に転じた。アラブ連合の主力はアラブ首長国連邦の機甲旅団(3-2-8)で、それにカタール軍が加わる。決して強力な部隊ではなかったが、連日の爆撃で疲れ切っていたソ連空挺部隊にとっては致命的であった。空挺部隊4個旅団は文字通り壊滅し、ソ連軍によるカタール攻略戦は失敗に終わった。

イメージ 7


9Turn(6月17日)

連合軍が主導権を奪い返した。先のTurn、主に米軍の航空攻撃がソ連軍空挺部隊に大打撃を与えたため、主導権転換の必要条件である15Hitを連合軍が得たからだ。

イメージ 9


イメージ 23ペルシャ湾口で待ち受けるソ連艦隊に対し、米艦隊による総攻撃が始まった。まず米原潜2グループ(4隻)が長距離ミサイルによるアウトレンジ攻撃を実施した。しかしこれは出目に恵まれずソ連艦隊、その主力であるキエフ級軽空母に対して僅かな損害しか与えられなかった。そこで米原潜隊は決死の肉薄戦闘を敢行。ソ連水上艦隊による警戒網をすり抜けてキエフ級空母に対して魚雷攻撃を敢行した。発見されればKa-25ヘリコプターによる先制攻撃を覚悟しなければならない危険な賭けだったが、熟達の米原潜部隊は見事にその仕事をやってのけた。
軽空母「キエフ」撃沈。

イメージ 10


イメージ 24これでエアカバーを失ったソ連艦隊に対して米軍機による激しい航空攻撃が始まる。空母「エンタープライズ」を発進した攻撃隊がソ連艦隊の防空警戒網の隙を突く形で攻撃を敢行した。A-6Eイントルーダー、A-7Eコルセアの放つ対艦ミサイルの一斉攻撃で生き残ったソ連水上艦の大半が撃破された。残るのはイラン海軍の駆逐艦(先のTurnにソ連艦隊と合流すべくペルシャ湾を南下してきた)のみ。そしてそれに引導を渡したのは、ドバイを発進したアラブ首長国連邦(UAE)空軍所属のミラージュ戦闘爆撃機であった。彼らの爆撃によりイラン駆逐艦も全滅してしまう。
ここにペルシャ湾方面のソ連/イラン水上部隊は壊滅した。

イメージ 11


イメージ 25さらに残った潜水艦も1ユニットがS-3バイキングの攻撃により撃沈され、残ったソ連潜水艦は僅かに1ユニットのみとなってしまう。これではペルシャ湾への補給線遮断も覚束ない。事実、このTurn終了を待たずして連合軍マスカット基地に対する補給線が回復し、マスカット基地は活発な活動を開始したのである。

マスカット基地を爆装したF-15Cイーグル、F-4Eファントムが発進。バーレーン方面を目指す。バーレーンでは先に攻略作戦を担当したソ連親衛空挺連隊2個が守備隊として配備されていたが、彼らは補給も届かず、半ば見捨てられたような部隊であった。米軍機はこの不幸な空挺隊員達に対して容赦ない爆撃を敢行。空挺部隊の戦力を一挙に半減させた。攻撃側に被害なしである。

イラン軍は残った力を振り絞ってサウジアラビア中心部への進撃を続行中である。首都リヤドまであと3ヘクス。


イメージ 12