イメージ 1

Gulf Strikeは1981年に米国Victory Games社から発表されたシミュレーションゲームだ。テーマはイラン・イラク周辺における軍事衝突で、4つの仮想戦シナリオと1つの半仮想戦シナリオ(イラン・イラク戦争)を含む。今回はVASSALを使ったソロプレイにチャレンジしてみた。
選択したシナリオはシナリオ1「ジハード」。これはイラン・イラク戦争に勝利した革命イラン軍が、湾岸諸国へ攻め入るという内容のものである。


11Turn(6月21日)

左記のTurn、米軍は南イエメンの基地を放置したままでホルムズ海峡に突入したため手痛いしっぺ返しを食らうことになった。そこで今回は南イエメンを基地を完全に破壊し、Tu-26の脅威を完全に排除することを米軍は考えた。生き残った最後のTu-26部隊が南イエメンに潜伏していることは衛星情報その他により明らかかだったからだ。

イメージ 10傷ついた「エンタープライズ」がオマーン湾を離れてアラビア海に向かう。先のTurnは受け身一方の戦いだったので、今度は積極的に討って出る。傷ついた飛行甲板から攻撃隊が発進していく。F-14Aトムキャット、A-6Eイントルーダー、A-7Eコルセア2各1個中隊からなるアルファストライクチームだ。攻撃隊は南イエメンの防空網を掻い潜って目標に殺到する。爆弾が滑走路や格納庫を次々と粉砕する。僅か1回の攻撃で南イエメンの基地は機能を損失する。これで連合軍はTu-26バックファイアを無力化することに成功した。

イメージ 2


これで制海権はほぼ確立した連合軍は、湾岸諸国で新たな攻勢に出る。
ホルムズ海峡を扼する要域バンダルアバス(Bandar-e Abbas 4555)。民兵の1個師団が市街地の防衛についており、イラン空軍の1部隊が防空任務についている。他にソ連空軍の航空基地も展開済みであったが、航空兵力の展開が終わっていなかった。そしてそこを米軍が叩いた。

イメージ 11イメージ 12オマーン南西部のサララ基地を発進した米空軍のF-4Eファントム2個中隊がバンダルアバス上空に殺到する。それをイラン空軍のF-5Eタイガー2が迎撃する。しかし迎撃は失敗。例によってグリーンベレーの特殊部隊が事前展開していたお蔭で米軍機の爆撃は成功。ソ連軍航空基地は早くも半壊状態となる。
第2波はマスカット基地を発進したF-4E 1個中隊による攻撃。これがバンダルアバス基地の死命を制した。爆撃によってソ連軍航空基地は壊滅した。
第3波はB-52 2個中隊による爆撃で、残っていたイラン軍航空基地とF-5Eタイガー2の飛行隊は壊滅。バンダルアバスの空を守るのは各部隊の対空火器のみというお寒い状況となった。そこへオマーン空軍のジャギュア攻撃機とUAE空軍のミラージュ戦闘爆撃機が飛来。町を守るイラン革命防衛隊を爆撃する。一連の攻撃でイラン革命防衛隊の歩兵師団(5-1-4)は大打撃を被った。

イメージ 3


イメージ 13ソ連軍は急遽親衛空挺連隊(3-2-6)をバンダルアバス方面に派遣。同方面の守りを固める。さらにサウジ戦線から航空基地部隊1個とF-4Eファントム、F-5Eタイガー2の計3個中隊を急遽バンダルアバスに派遣した。しかしそれを察知した米軍はバンダルアバスに到着したばかりの基地部隊を猛爆撃する。F-4E 3個中隊による爆撃で航空基地は文字通り壊滅。バンダルアバスに降り立った3個中隊のイラン空軍戦闘機部隊も、爆撃の煽りを食って2個中隊が成すすべなく地上で撃破された。

イメージ 5


イメージ 14バンダルアバス周辺を空から制圧した米軍は、いよいよイラン本土への侵攻を開始する。
まず強襲揚陸艦に輸送された海兵隊1個大隊(1-1-4)が、ホルムズ海峡西方のペルシャ湾に浮かぶキーシュ島(3558)に上陸し、同島の飛行場を占領していった。そしてC-130輸送機が第7海兵遠征旅団(7MAB 3-2-4)と第82空挺師団の第1旅団(3-2-4)をバンダルアバス西方55km地点に運んだ。米軍の地上部隊が遂にイラン本土の土を踏んだのだ。西からバンダルアバスへの進撃の機会を伺う米軍部隊。

イメージ 4


12Turn(6月23日)

イメージ 15米軍がいよいよバンダルアバスに攻撃を開始した。2個連隊の精鋭部隊が市街地の西側から突撃隊形で市街地に近づく。空からは空母「エンタープライズ」を発進した攻撃機がクラスター爆弾やナパーム弾で地上に籠るイラン革命防衛隊を叩く。イラン空軍も支援の為に飛来し、米空軍のF-15C、F-4E等と交戦する場面もあったが、元よりこれで大勢を覆される訳もなかった。バンダルアバスを守るイラン革命防衛軍は壊滅する。さらにその東方に陣を敷いていたソ連親衛空挺連隊はUAE空軍のミラージュ戦闘爆撃機による攻撃により壊滅的な打撃を被った。
こうしてバンダルアバス一帯は米軍の支配する所となった。占領翌日にはバンダルアバスに米緊急展開軍(RDF)の司令部が進出。同方面での指揮拠点となる。

イメージ 6


イメージ 16一方イラン軍はホルムズ海峡方面ではなくサウジアラビアに決戦を求めた。リヤド東北東3ヘクスまで迫っていた革命イラン軍は、まだ戦力を残していた2個機械化師団(第1機甲師団、第4機甲師団)でサウジ陸軍最精鋭の近衛機械化旅団(3-2-8)を攻撃する。空から支援すべきソ連空軍は、サウジ空軍の迎撃によって撃退されたが、イラン陸軍の精鋭は航空支援の有無に関係なく攻撃を強行した。兵力にものを言わせるイラン軍の前に、サウジ軍は現陣地線を放棄して後退。イラン軍が1ヘクス分の前進を成し遂げた。

戦いの焦点はリヤドを巡る攻防戦へと移っていった。

イメージ 7



13Turn(6月25日)

あと2Turnである。空母「エンタープライズ」はオマーンのマスカット港に入港し、最後の決戦に備えて傷ついた体を整備する。空母の艦載機は、行軍隊形のままバンダルアバスに向かうイラン革命防衛隊の歩兵師団を捉えた。激しい爆撃によって革命防衛隊は大損害を被ったが、まだなおバンダルアバスに向けて進撃を続けている。

イメージ 17リヤドを巡る攻防戦でイラン軍はリヤドに向けて進撃していたが、米特殊部隊がその進路を阻んだ。道路上に仕掛けられたブービートラップのためにイラン陸軍第4機甲師団がその進撃を阻まれた。第1機甲師団が進撃を続けてサウジ陸軍第1機甲旅団(3-2-8)と交戦し、これを撃破したが、その戦闘中にUAE空軍のミラージュ戦闘爆撃機2個中隊が来襲し、その爆撃によって第1機甲師団は大損害を被った。さらにイラン軍を空から支援しようと飛来したソ連空軍機は、再びサウジ空軍のF-15Aイーグル、F-5Eタイガー2の迎撃を受けた。ソ連側攻撃隊は甚大な被害を被って撃退されたが、サウジ空軍の損害は皆無だった。

イメージ 9


イメージ 18米軍はこのTurn、補給物資を節約するために積極的な行動は控えていたが、それでも次Turnに向けた準備を着実に進めていた。リヤド陥落の可能性がこのTurnでかなり減ったので、戦いの焦点は別の所に移ってきた。米軍が目を付けたのはバーレーン。ソ連が参戦早々に空挺部隊を用いて占領した島国である。今ではバーレーン占領の立役者である親衛空挺連隊2個が、補給物資もなく、細々と首都を守っているという状況であった。
このバーレーンを奪回するために米軍は、まず航空基地をバーレーンの対岸にある半島国家カタールに進出せしめた。そこへF-15C 2個中隊、F-4E 1個中隊が進出。カタール空軍のミラージュ戦闘機と共にこの一帯の制空権を握る。
そしてバンダルアバス攻略戦でも活躍した第7海兵遠征旅団(7MAB)がバーレーン南部に上陸した。次Turnにバーレーン全土を奪回する構えである。

イメージ 8