イメージ 11

毎年秋に開催されるウォーゲーマーの祭典「猿遊会」。全国各地からゲーマーが集まるビックイベントで、私も参加してきました。
今回プレイしたゲームは以下の通りです。

Air Superiority(GDW)/Air Power(CoA)

Air Powerのルールを使ってAir Superiorityのシナリオをプレイしました。プレイしたシナリオは以下の通りです。

・シナリオH9「小国の意地」
・シナリオH15「高空の地獄」縮小版

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 8

イメージ 9



Wing Leader(GMT)

以前にも紹介させて頂いた横スクロールの空戦ゲームです。tさんにインストして頂いてシナリオ1、シナリオ2をプレイしました。移動と戦闘の基本的な考え方。目視索敵や無線に関するルールといった基本的な部分について理解できたと思います。あとは自力で英文ルールを読んで、ソロプレイに持ち込みたいなぁ・・・。

イメージ 7


Down in Flames(DVG/CMJ)

カードでプレイする空戦ゲーム。GMT社の"Zero!"と類似のシステムです(デザイナーが同一人物)。キャンペーンシナリオである「ガダルカナル」に挑戦しました。最初のシナリオでは、F4U-1A「コルセア」1機が護衛するSBD「ドーントレス」2機編隊を、零戦21型の一式戦「隼」計3機で攻撃するという場面。「コルセア」は1対3の不利にも関わらず3機の日本機を連続撃墜して、「コルセア凄げぇ」と言わしめました。しかし続く第3回戦では、「コルセア」1機とF4F-4「ワイルドキャット」1機の混成編隊が零戦3機と交戦。「コルセア」は零戦の1機を撃墜した直後に別の零戦に背後を取られ、2連射食らって撃墜されてしまいました。
結局4回戦戦って戦闘機5機、爆撃機1機を撃墜し、戦闘機1機、爆撃機1機を失いました。撃墜機数では勝っていましたが、こちらはいずれも高性能機が撃墜され(F4Uの他はB-17)、しかも味方空母が撃沈される等もしたため、トータルではどちらの勝ちとも言い難い状況でした。

イメージ 10


他の卓

その他にプレイされていたゲームは、だいたいこんな感じでした。

 ・Flat Top(AH):第2次ソロモン海戦シナリオ
 ・OCS Korea(MMP):北朝鮮初期侵攻シナリオ
 ・Triumph and Tragedy(GMT)
 ・大東亜戦争(GJ)
 ・真珠湾強襲(GJ)
 ・その他

イメージ 4

イメージ 1

イメージ 5

イメージ 6


最後に

会場準備その他で御尽力頂いたたかさわさんやお相手頂いた皆さん、お話させて頂いた皆さん、どうもありがとうございました。お陰さまで楽しい週末を過ごすことができました。