「ラコックの陰謀」はTDFという同人グループが出版しているシミュレーションゲームです。テーマはアニメ「太陽の牙ダグラム」における連邦軍と解放軍の戦いで、所謂「デロイア独立戦争」を戦略レベルで描きます。
ゲームスケールは不明ですが、1ユニットは数百~数千名の歩兵、1機(ダグラム)~50機ぐらいのコンバットアーマーといった所でしょうか。1ヘクスは数千キロ、1Turnは2~4週間ぐらうと思われます。
システムとしては移動・戦闘の繰り返し。そして政治的なイベントを解決するためのカードプレイがあります。またゲリラ戦という特殊な戦いを再現するため、解放軍側は潜伏や煽動、連邦軍側は治安維持活動に関するルールがあります。

今回、この「ラコックの陰謀」をソロでプレイしてみます。

前回まで-->1~9Turn

10-12turn

イメージ 10ダグラムはパルミナ大陸の聖地=アンディ鉱山に入った。ここは複雑な国際政治の影響下にある要域で、一枚岩ではない連邦軍はこの地に手を出すことはできない。アンディ鉱山で修理を終えたダグラムは、パルミナ大陸の首都ドガに進出。ここの連邦軍を撃破し、一時はドガ市を制圧した。

しかし連邦軍は直ちに対応。ヘリボーンその他でラウンドフェイサー7ユニットをドガ市に投入。ダグラムを一気に撃破せんとする。ザルツェフ少佐の指揮による連邦軍の攻撃は猛烈であった。ダグラムは再び中破する。しかしダグラムと太陽の牙による反撃もまた強烈であり、ラウンドフェイサーの半数以上が撃破されてしまう。この大損害によって連邦軍内での評判を落したザルツェフ少佐。失脚の日は近い・・・か?。

イメージ 1


その頃、ドガ市では、新たに就任したレーク・ボイド行政官が就任の演説を行っていた。

13-15Turn

ドガ市では、密かに市民の協力を得てダグラムを修理した太陽の牙が再び船で渡航。首都大陸のランベルに上陸した。ここにはサマリン博士が監禁されているバラク軍刑務所がある。ダグラム以下太陽の牙達は難攻不落を謳われたバラク軍刑務所を襲撃し、サマリン博士の解放に成功した。

イメージ 2


さらに解放軍は連邦軍の名将ザルツェフ少佐に工作を仕掛けて同少佐を連邦軍の中枢から排除することにも成功した。

イメージ 11対する連邦軍はランベルで動きのとれないダグラムを叩くべく、新型コンバットアーマー「ブッシュマン」を含む7ユニットのコンバットアーマーをランベルに送り込む。しかしその中には旧式のクラブガンナーが2ユニット含まれている。ブッシュマンは限定空間を利用した巧みな攻撃でダグラムを翻弄。ダグラムを損傷状態とすることに成功した。しかしその代償は大きく、ブッシュマン2ユニットとラウンドフェイサー1ユニットが撃破されてしまう。前回のドガ市の戦いを含めて連邦軍が失ったコンバットアーマーは10ユニット以上に達し、さしもの連邦軍にも疲れが見えて来た。

イメージ 3



16-18Turn

イメージ 13連邦軍を干されたザルツェフ少佐が、解放軍に再就職した。時代は動いている。昨日敵は今日の友だ。ラコック氏もそろそろ細かな動きを開始し、カシム家の次男坊にちょっかいを出したり、ボナール財界に圧力をかけてゲリラへの協力を止めさせようとしていた。
連邦軍の新兵器開発も順調で、ブロックヘッドB型、C型に続き、早くも第3世代型と呼ばれる新型のアイアンフッド「ヘイスティ」を就役させていた。

イメージ 12ダグラムがカーディナル市に侵攻し地元のゲリラと協力して首都を荒らしまわる。しかし隣のサンドレアに待機中の連邦軍主力はじっと待ちかまえていた。やがてダグラムがランベルに撤退すると、頃合いよしと見た連邦軍は、計6ユニットのコンバットアーマーを投入してダグラムを追った。ブッシュマン2、ブロックヘッドC型2、そして最新鋭のヘイスティ2である。ヘリ部隊が上空から援護。さらにブロックヘッドの1機には「ダグラム憎し」の連邦軍パイロット、「ハンクとアーロン」が乗り込んでいた。

連邦軍最新型コンバットアーマーの威力は凄まじく、太陽の牙による援護がなければ、さしものダグラムも一撃で撃破される所であった。ダグラムも反撃でヘイスティ1ユニットを屠ったが、焼け石に水。ダグラムはまたもや危機を迎える。

イメージ 4



19-21Turn

ダグラムは海路でパルミナ大陸西端のガーランドに上陸した。ここは連邦軍にとって弱点となっている場所である。ダグラムは味方ゲリラ部隊と共同で連邦軍を撃破すると、ガーランド一帯を占領した。これで連邦軍の空輸能力を阻止できたので、ダグラムは一応危機を脱した形となる。

イメージ 14時代は動く。フォンシュタインと共に一旦地球に戻っていたドナン・カシムは、連邦議会で演説する。アンディ鉱山を支配する反メドール派の三州に働きかけ、デロイアでの軍事行動について三州の強力を取り付ける事に成功した。再びデロイアに戻ったドナン・カシムはレイク・ボイド行政官に命令する。アンディ鉱山に侵攻し、ゲリラ共を討て、と。

ドガ市に駐留していた連邦軍はアンディ鉱山に侵攻する。空からはデューイ攻撃ヘリの大編隊が襲いかかる。圧倒的な兵力による攻撃を受けたアンディ鉱山はアッサリ陥落。ゲリラ部隊はほうほうの体でアンディ鉱山から逃げ出すしかなかった。

しかし・・・、
順風満帆な筈の連邦軍に突然の異変が発生した。アンディ鉱山攻略部隊に参加した部隊指揮官の1人、ザナ中尉が、上官の不当な命令に反発し、命令拒否を訴えたのである。これに応じたのは連邦軍内で大半を占めるデロイア人兵士たち。アンディ鉱山攻略部隊の主力を成していたコンバットアーマー隊が突如としてゲリラ側に寝返ったのだ。ザナ中尉達はコンバットアーマーを率いてドガ市へ逆侵攻。ドガ市を守っていたブロックヘッドを撃破し、ドガ市を占領した。こうしてパルミナ大陸はいつの間にかゲリラが支配する所となり、パルミナ大陸に残ったのは僅かにアンディ鉱山に残っていた兵士たちだけとなる。

イメージ 5



22-24Turn

イメージ 15サマリンは遂にドガ市で解放人民政府を宣言した。「解放人民政府」。まるで昔の学生運動のようなネーミングだが、これが時代というものなのだろう。いち早くデロイア支持を打ち出していたアイアンフッド社は、自社製新型コンバットアーマー「ヘイスティ」をデロイア解放人民政府に提供することを発表した。動揺するドナン・カシムとフォンシュタイン。

イメージ 6


ドナン・カシムは直ちに地球に連絡し、メドール州が中心となる第6軍のデロイア派遣を決定した。その先遣部隊は北極ポートに到着。早くも北の要域エストールに進出。解放軍の北上に備える。しかし一連の激務の中でドナン・カシムが遂に倒れた。病院に運ばれるドナン・カシム。それを見たラコック補佐官は直ちに地球に飛び、反メドール三州等に工作を行い、弁務官の地位を手に入れた。その一方で解放軍側とも接触を図り、サマリンとは一線を画するヘシ・カルメルとの間で交渉のパイプをつなげることに成功した。

イメージ 8

イメージ 9


イメージ 16その間パルミナ大陸では、首都カーディナルを発した連邦軍の大船団がパルミナ大陸西端のガーランドに上陸した。圧倒的兵力に撃破される解放軍部隊。一方解放軍はダグラムの武装強化を図ると共に、ヘイスティの配備を進めてコンバットアーマー戦力の充実を図っていた。そんな中、ガーランドに上陸した連邦軍の中で再びデロイア人兵士による反乱が起こった。連邦軍の数少ないヘイスティ部隊が解放軍に流れていく。

イメージ 7


一連の動きに絶望したドナン・カシムは、失意の中でその生涯を終えることとなった。