イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

北海道の函館といえば、五島軒のカレーとかラッキピエロのハンバガーとか函館ラーメンとか美味しいものが色々あって個人的には好きな町です。北海道の陸の玄関口という位置づけ上、北海道へ陸路で行く際の通過点とすることも多く、函館の街自体も個人的には結構馴染みの街だと思っています。

そんなこんなでやってきた函館。新幹線を使えば東京から半日とかからない近さ(勿論ヒコーキならもっと速い)。それでいて北国情緒漂うこの街に来たら、やはり欠かせないのが丼物。駅前朝市というどうみても観光客(特にアジア系)目当ての一角に「きくよ食堂」はありました。

2階に通されて早速注文したのが「三色丼」。具材は自分で選べるとのことだったので、ウニ、イクラ、サケを頼みました。ウニとイクラは甘くて美味しかったのですが、サケは失敗。ナマ鮭ではなく焼鮭で、それをほぐしたものが出てきます。これじゃサケの振り掛けだよ、と思ったのも後の祭り。素直にホタテにしておけばよかった・・・。
あと量が少なめなのが少し気になる所で、所謂コスパはあまり良くありません。
それでもウニとイクラが十分に美味しかったので、お奨めできる店だと思います。

お奨め度★★★