イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

だいたい空港のレストランと言えば「高くて不味い」のが定番です。一部例外もあるようですが、この「米米麦麦」は、「値段はそこそこで味はまあ良し」というレベルでした。
鹿児島空港3Fのレストラン街。その一番奥に「米米麦麦」がありました。黒豚トンカツの店ということなので、鹿児島と言えば「黒豚トンカツでしょう」ということで黒豚トンカツ定食を注文しました。
しばらく待たされた後に出てきたのは、平凡なトンカツ定食。トンカツ、サラダ、漬物、御飯、味噌汁という定番の内容です。
「勝負はトンカツ」
と思ってまず食べてみたら、これが案外「旨い」。
サクサクした衣に包まれた豚肉には十分に火が通っていて柔らかい。肉の歯ごたえと衣のサクサク感が心地よいハーモニーを醸し出します。トンカツソースをかけて辛子をつけるとこれがまた良し。辛子の辛さがトンカツの柔らかさと程良くマッチしていて良いアクセントになっています。

空港の食堂だけに値段はやや高めですが、出発前の時間に美味しい版御飯が食べられるというのは有難いです。鹿児島での選択肢がまた1つ増えました。

お奨め度★★★★