自作空母戦ゲーム「海空戦!南太平洋1942」(以下、本作)。再び追加シナリオであるミッドウェー海戦に挑戦する。以前のテストの結果は以下の通り。

ソロプレイ-->こちら
対人戦(米軍)-->こちら

なお、ミッドウェー海戦シナリオの概要は-->こちらを参照されたい

===========================================================
「海空戦!南太平洋1942」は自作の空母戦ゲームです。
作品についての詳しくは-->こちらを参照して下さい。
また入手方法は-->こちらを参照して下さい。
===========================================================

今回は下名が日本軍を担当することになった。

前号まで

イメージ 8ミッドウェー攻撃を重視する作戦方針に従って南雲機動部隊はミッドウェー島に対して3度に渡る攻撃を仕掛けて同島における米航空兵力を壊滅させた。しかし米機動部隊は南雲機動部隊を相手にせず、専ら南方から近づく近藤中将の攻略部隊に攻撃を仕掛けてきた。一連の攻撃で改造空母「瑞鳳」、水上機母艦「千歳」と輸送船4隻が沈没、さらに潜水艦の攻撃によって特設水上機母艦「神川丸」が大破した。
夕刻になってようやく敵空母を攻撃圏内に捉えた南雲機動部隊は戦爆連合36機からなる攻撃隊を発進させたが、米戦闘機と対空砲火による激しい迎撃を受けて目的を達せず、大損害を受けて引き上げていた。

詳しくは-->こちら

1942年6月4日(つづき)

2200

夜の帳が戦場を包んだ。両軍の艦隊は翌朝の戦闘に備えて機動する。夜間の機動が翌朝の戦闘を大きく左右する。そういった意味で夜間の移動は重要だ。さらに各空母では戦闘で被弾した機体の修理が進められている。ミッドウェー島では航空基地の修理が進められている一方、損傷した航空機の修理も進められていることだろう。

1942年6月5日

0000

イメージ 9ここで状況を整理しておこう。初日の戦闘では日本側は多数の艦船を失い、艦対艦の戦闘では明らかに分の悪い結果となった。しかしミッドウェー島の航空基地と航空兵力に大損害を与えたので、その分はかなり有利だと考えて良い。トータルして見た場合、4:6で米側有利な状況と考えた方が良いだろう。

この状況を考慮した結果、我々は米機動部隊の位置をエリアKと推測した。理由は索敵兵力である。米側の索敵兵力の主力はPBY飛行艇だが、同飛行艇はミッドウェー基地の機能喪失によってジョンストン島への後退を余儀なくされている。そして戦線後方のジョンストン島を基地とする限り、大航続距離を誇るPBY飛行艇といえども索敵範囲はミッドウェー近海に限られる。具体的にはエリアC,F,Jとその東側だ。(下図参照)

イメージ 5


イメージ 10そこで米機動部隊の位置をエリアKと予想し、それと距離を離隔すべく我が艦隊は布陣した。その位置はミッドウェー西北西240海里(8ヘクス)。南雲機動部隊が扇の要の位置に布陣し、その西南西30海里に山本長官直率の主力部隊(戦艦「大和」を含む戦艦3隻基幹)、南方30海里には近藤中将の攻略部隊主力(高速戦艦2隻、重巡2、その他)、東南東30海里に栗田少将の支援部隊(重巡6、その他)が布陣している。もし我々の予想が正しければ、米機動部隊は南雲機動部隊の南東約360海里又はそれ以上の距離に出現する筈である。後は米機動部隊を動きを監視しつつ、ミッドウェーへの攻撃を継続すれば良い。チャンスを見てミッドウェーへの上陸侵攻を実施することになるだろう。

イメージ 4


0600

イメージ 11決戦2日目の朝が来た。未明から発進していた索敵機が次々と敵艦隊発見を報じた。しかしその位置は日本軍の予想とは異なっていた。索敵機の報告から予想される米機動部隊の位置は、ミッドウェーの西南西360~390海里(12~13ヘクス)。日本艦隊よりも西側に進出していたのである。彼らの戦意は我々の予想を超えて遙かに旺盛であった。

イメージ 1

イメージ 3


イメージ 12米艦隊の狙いは日本側輸送船団にある。速度の関係上、南雲機動部隊から離れた位置を航行していた輸送船団は、米機動部隊から150海里(5ヘクス)の距離にあった。米側から見ればまさに「鴨がネギをしょっている」状態である。
米艦載機の全力攻撃が輸送船団を襲う。SBD艦爆108機、TBD艦攻9機、計117機が4波に分かれて船団上空に飛来した。輸送船4隻が沈没する。先日の損害を合わせると輸送船計8隻が失われた。元々12隻しかなかった輸送船は、今や4隻を残すのみとなった。

イメージ 6


イメージ 14その頃南雲機動部隊では攻撃計画が練られていた。予想される米機動部隊の位置は南雲機動部隊から270海里(9ヘクス)である。艦爆隊にとっては十分に攻撃可能な距離だが、魚雷を抱えた艦攻隊にとってはやや苦しい攻撃距離だ。そこで南雲機動部隊からは、まず零戦18機、艦爆54機の計72機からなる攻撃隊が米機動部隊を求めて発進していった。
続く第2次攻撃隊は雷装した艦攻隊が主力となる。しかし先にも述べた通り艦攻隊は足が短い。そこで攻撃隊を小グループに分割。艦隊上空で合同せずに母艦別に目標に向かわせることとした。さらに護衛戦闘機の不足を補うため、上空援護に当たっていた36機の零戦から18機を選別し、攻撃隊に加えることにした。こうして南雲機動部隊は、第1次攻撃隊と合わせて以下の攻撃隊を編制できた。

 第1次攻撃隊:零戦18、艦爆54
 第2次攻撃隊
  第1グループ:零戦9、艦攻27(「蒼龍」「飛龍」隊)
  第2グループ:零戦9、艦攻27(「加賀」隊)
  第3グループ:零戦9、艦攻27(「赤城」隊、一部「瑞鳳」機含む)

合計すると零戦45、艦爆54、艦攻81の計180機からなる大攻撃隊だ。

イメージ 13第1次攻撃隊が発見したのは、空母「ヨークタウン」を中心とする機動部隊であった。F4Fワイルドキャット約40機が迎撃に向かってくる。米軍は日本空母への攻撃を諦める代わりに保有全戦闘機(計72機)を防空戦闘に投入し、日本側攻撃隊の阻止を狙ってきたのだ。そんな中、護衛の零戦隊が奮戦し、2倍以上のグラマン相手に一歩も引かない戦いを演じている。その間隙を縫って艦爆隊が「ヨークタウン」に急降下爆撃を敢行する。激しい対空砲火が艦爆隊を包む。防空軽巡「アトランタ」を含む巡洋艦3、駆逐艦5からなる護衛部隊が濃密な対空弾幕を張ったのだ。次々と被弾・撃墜されていく艦爆隊。それでも生き残った機体は次々と爆弾を投下した。

イメージ 2


3発の250kg爆弾が「ヨークタウン」に命中した。「ヨークタウン」の飛行甲板が一部破壊され、発進能力が一時的に失われた(2Hit)。ここに至り、ようやく日本機動部隊は米機動部隊に対して一矢を報いたことになる。
しかし損害も決して小さくはなかった。零戦3機、艦爆12機が撃墜され、他に8機が被弾損傷しながらも辛うじて母艦に帰投したのである。

しかし日本空母機による攻撃はこれで終わったわけではなかった。


イメージ 7