イメージ 1

恐ロシア航空機列伝

ユーリィ・イズムィコ パンダ・パブリッシング

主に旧ソ連時代にロシアが開発しながらも実用化されなかった様々な軍用機を紹介した著作である。数々の空母艦載機や3つのエンジンをトライアングル状に配置した巨大ヘリコプター、アメリカ本土を目指した超長距離爆撃機、多種多様なVTOL機などだ。中でも目を引いたのは数多くの「エクラノプラン」達で、これは地面効果を利用して通常の航空機よりも遙かに巨大でペイロードの大きい機体のことだ。カスピ海等国内外に数多くの内海を持つロシアならではの機体といえよう。
これら幻の機体を見ていると、あるものはいかにもSFチックなスタイルのものから、あるものは怪獣映画から出てきたような異様なスタイルのもの、あるいは洗練されたスタイルの機体など、様々である。これらの機体からは当時のソ連航空機産業がはらんでいた熱気のようなものを感じることができる。
旧東側の機体に興味のある向きや20世紀後半の航空機発展史に興味のある向きにはお奨めしたい作品である。

お奨め度★★★