もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

2016年08月

イメージ 1

US Navy Carrier Aircraft vs IJN Yamato Class BattleShip

Mark Stille Osprey

オスプレイ「対決」シリーズの1冊で、米空母艦載機と大和級戦艦との対決を描いている。何か面白いことが書かれているかな、と、思って購入してみたが、常識的な内容が中心であり、やや拍子抜けした。個々に読んでみると、大和級戦艦の対空火力(25mm機関砲のみがアテになったが、それでも命中率・威力共に不足気味)についてや、米航空魚雷の欠陥と対策、日本海軍の対空回避戦術(日本海軍は対空火力の命中精度や艦隊陣形の維持を犠牲にしても緊急回避による航空攻撃回避戦術を重視した)等、面白い記述が出てくるのだが・・・。
値段もやや高めなので万人お奨めできる作品ではないが、英語が素直な上に内容が我々にとって良く知っているものが多いので、「洋書の入門書」あるいは「英語の教材」としてはそこそこ有用であった。

お奨め度★★

イメージ 1

大坂夏の陣をテーマとしたゲームとしては、GJ/天下布武の「真田軍記」、WGJ「ユキムラズ・ラスト・バトル」、そして近作GJの「講談級、大坂の陣」等があります(そういえばEWEにも大坂の陣があったけ?)。そのような中、大坂夏の陣を扱った古典ともいうべき「幸村外伝」がGame Journal誌別冊として再販されることを知り、早速入手してみました。

まずはコンポーネントを確認。ユニットシート2枚で大坂夏の陣に登場した主要な武将・部隊がユニット化されています。中には真田昌幸や後藤又兵衛等のユニットも入っていますが、これらは仮想シナリオ用だということは容易に想像できます。1ユニットのスケールは150~300人だそうです。

マップはフルマップ1枚。夏の陣での主戦場となった天王寺口一帯が描かれています。意外と起伏に富んでるね、と思ったら、マップの地形は「ただの飾り」。地形効果があるのは池ヘクスだけだそうです。そりゃそうだよね。茶臼山の標高って26mだしね。

1Turnの手順は先攻側移動、後攻側防御射撃、先攻側攻撃で1プレイヤーターン。それを先攻後攻で1回ずつ実施するというシンプルなもの。勿論先攻後攻のターンオーバーはありません。

このゲーム、システム的に姉妹編にあたる「激闘、関ヶ原」が面白いゲームだったので、是非本作も入手したいと思っていたのですが、ヤフオク等でも出品されておらず、長い間幻のゲームでした。
今回、Game Journal誌の別冊となって再販されることで、このゲームに触れることができたことは、筆者望外の喜びです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

少し前の話ですが、夏休みに私が稚内に着いた日、花火大会がありました。
花火大会といえば、普通は人でごった返すイメージが強いのですが、稚内の花火大会はそんなことはなく、比較的ゆったり見ることができました。
約30分の短い花火大会でしたが、それなりの数が上がったので堪能できました。

イメージ 1

太平洋の試練-ガダルカナルからサイパン陥落まで

イアン・トール 村上和久訳 文芸春秋

先日に紹介した「太平洋の試練-真珠湾からミッドウェーまで」の続編である。タイトル通りガダルカナル戦からサイパン陥落までを主に米軍側の視点で描いた作品である。勿論前作同様日本側の事情についてもそれなりに詳しく書かれている。
例によって米軍側の事情について興味深い記述が伺える。ガダルカナル戦で当初南太平洋方面の指揮官であったゴームレー提督が戦意不足の為に途中で解任され、ハルゼー提督と交代したのは有名な話だが、空母部隊を指揮させてもらえるつもりであったハルゼーの戸惑いが面白い。また中部太平洋方面での反攻作戦で、当初空母部隊を指揮していたパウノル中将が、これまた戦意不足によって何度も自軍空母部隊を危機に陥れたこと。特にマーシャル攻撃時における「レキシントン」被雷の件は、無敵に思える米機動部隊も内部では色々と問題を抱えていたことを伺わせてくれるようで面白い。
そして極めつけはマリアナ沖の海戦。ここでも日本艦隊は米軍の防空組織を前に完敗を喫したが、この戦いでも米軍は必ずしも一枚岩ではなく、特に航空関係士官は先制攻撃を強く主張していた点などは興味深い所である。もしミッチャーらの航空関係士官が同海戦で主導権を握り、もっと積極的に日本艦隊と戦っていたら?、というイフは大いに興味がそそられる。
2冊で合計900ページ近い大作なので読み通すのはかなり時間がかかるが、それだけの価値がある著作である。

お奨め度★★★★

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

星が綺麗だったので撮ってみました。

↑このページのトップヘ