もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

2020年10月

berlin_v2_box_cover-1200px


The Enemy is at the Gates はCSSシリーズの新作(2020年10月現在、まだ出版されていませんが)で、テーマは1985年東西両陣営によるベルリン攻防戦です。実際には起こっていない戦いを描いたシリーズで、先日発売された Fulda Gap の続編ともいうべき作品です。

さて、そのFulda Gap。テーマはすごい魅力的なのですが、個々のルールを見ると物理的に何だか変。またゲームとしてみた全体像についても、ややバランスに欠けている感があります。そのあたり、次回作である The Enemy is at the Gates には期待が大なのですが、前作の印象があまりに良くなかっただけに・・・。

取り合えずFulda Gapで「変」だと思った点を列挙してみました。ちなみに以下の(1)~(4)については、Fulda Gapだけではなく、CSSシリーズ全てについて言えることです。

 (1) 小河川の効果が大き過ぎる。幅1メートルにも満たない水たまりに近いような小河川であっても、戦車の移動を完全に阻止してしまう。また移動だけではなく、対戦車ミサイルもこの「水たまり」を飛び越えられない。

 (2) 間接射撃の阻止効果が大き過ぎる。105mmクラスの対応で間接射撃を行うと、500m四方のヘクスが完全な通行不能地形になってしまう。だから砲兵1個中隊があれば、特定方向からの敵の進撃を完全に阻止できてしまいます。

 (3) 直接射撃の阻止効果が乏しい。本来現代戦なら砲兵等の間接射撃よりも戦車砲などの直接射撃の方が効果が大きいように思えるのですが、本作では完全に逆転しています。戦車の臨機射撃は1回きりなので、囮を使って敵に1発撃たせれば、もうあとは敵を無力化できます。例えば「装甲擲弾兵」や「オペドン」のように「対戦車戦は回数無制限で臨機射撃できる」とか、そこまで行かなくても「Old School Tactical」のように射撃は1Turnに2回まで実施できるとすれば、もう少し直接射撃が有効になると思えるのですが・・・。

 (4) 火災の効果が大き過ぎる。簡単に火がついてしまう上、一度火が付けばそのヘクス全体が通行不能地形になってしまう。防御側にしてみれば、いわゆる「火計」によって敵の進撃をストップできてしまいます。

 (5) 対戦車ミサイルが使えない。ATGMに最小射程距離ルールがあって、隣接ヘクスの敵を撃てません。しかし隣接ヘクスといっても距離500メートルは離れているのだから。ATGMで射撃するのに不都合はないと思いますが・・・。

 (6) これはあくまでも私の感想なのですが、「チョバム装甲を摩耗する」ルールが変に感じます。Fulda Gapでは、チョバム装甲を持つ戦車(米国製のエイブラムス)は、1発でも被弾すると「チョバム装甲を摩耗」して以後防御力が低下します。確かにWikipedia等では、チョバム装甲は複数被弾に弱い、ような記述がみられますが、たった1発の被弾で「剥離」するほどのものかなぁ・・・?。それとも近年何か新説が発表されたのかしらん・・・。

 (7) 電子戦の効果が過激すぎてゲームとしての興を殺いでいる。これはシミュレーション云々ではなく、ゲームとしての処理の問題です。


とまあ、色々書きました。
最後の(6)(7)はとにかく、それ以外の問題はかなり重大な問題と考えます。新作The Enemy is at the Gatesでそのあたりの問題が解消していれば「買い」なのですが、そうでなければ見送った方が良いかもしれません。

写真1<

写真32


中国山地の真ん中、広島県と鳥取県の県境に位置する道後山は、標高1269mの山である。広島県にとっては代表的な山の1つで、日本300名山の一座を占める他、花の百名山の一座でもある。そんな道後山に登ってみた。

山の近くにある温泉地を朝に出発。それほどキツイ山ではないので、朝は普通の時間に出発する。それでも登山口である月見ヶ丘駐車場には0800過ぎには到着した。

写真33


登山口から目の前に見えるのが岩桶山。山頂までの距離は約1.5kmで20分ほど歩くとその山頂に到着する。岩桶山に行く途中の登山道には様々な花々が咲いていた。また山頂には山頂平原が広がり、絶好の展望が広がっている。

写真34
写真35
写真36
写真37

岩桶山からは一旦鞍部に下がり、再び緩やかな登り坂を登った所が道後山の山頂である。道後山の山頂はお花畑のようになっており、まさに「この世の楽園」といった雰囲気があった。

写真39
写真40
写真41

帰りは山裾を巻くような登山道を通って月見ヶ丘の駐車場に戻る。こちらの方が標高差は少なく、時間的には楽だったが、やはり山頂の高原を歩く道の方が気持ち良い。

写真42
写真43

登山口に戻ってきたのは10時過ぎ。所要時間2時間弱のミニ登山であった。

道後山。山自体は登りやすい山で、高尾山よりも楽なぐらい。それでも登山路の所々に咲く花々と山頂部の広大な山頂平原から見る景観には一見の価値がある。広島県を代表する山に相応しい名山だと思った。

4
岡山駅前から徒歩10分程。「天満屋」の近くにあるうどん屋さんです。
夏だったので「冷やかけうどん」650円を注文しました。
これはその名の通り「冷たいかけうどん」で、腰の強い讃岐風うどんを冷たい関西風のうどんだしと一緒に食べるというもの。冷たいうどんといえば、醤油風のダシが定番ですが、冷たい関西風のダシと言うのも悪くない。今までとは違う食感でツルツルと喉を通るうどんが気持ち良いです。

店内の感染対策も比較的しっかりしていて、カウンター席は十分に間隔を取って合って安心できました。

お奨め度★★★★

写真30
写真31

RedStorm


またもや Red Stormである。

Red Stormについては、 これまで何度か紹介して きた。1987年を想定して発生したかもしれない第3次世界大戦における航空戦を作戦戦術級で再現するシミュレーションゲームである。1Turnは実際の1分間、1Hexは2.5海里(約4.6km)、1ユニットは1~4機の航空機からなる飛行小隊を表す。
今回、VASSALを使ったネットワーク対戦を行うこととなった。選択したシナリオは「RS.14 Offensive Counter - Air」。開戦から6日目の1987年5月20日。航空優勢を獲得すべくNATO軍が大規模な攻撃隊を東ドイツ領内のWP軍航空基地群へ差し向けた。

今回の参加者は3名。WP軍1名、NATO軍2名である。私はNATO軍の南方攻撃部隊を担当する。

攻撃プラン

司令部から与えられた命令は、ERFURT(エアフルト)周辺に展開するWP軍航空基地の撃破である。我々に与えられた兵力は以下の通りだ。

北部攻撃グループ

EJam:2x{1}EF-111A
CAP :4x{2}CF-18A
SEAD:2x[2]F-4E,2x[2]F-4G
Bomb:4x[4]F-111D/E
Rcon:2x[2]RF-4E
合計38機

南部攻撃グループ

EJam:2x[1]EF-111A
CAP :4x[2]F-15C
SEAD:4x[2]CF-18A
Bomb:4x[4]F-111D/E
Rcon:2x[2]Mir5BR
合計38機

他にBQM-74 Chukar無人機計24機が随伴する。合計76機+24(無人機)=100機の攻撃隊が2つのルートからエアフルト近郊に殺到する。予定された攻撃ルートは以下の通り。

Turm00


攻撃隊の編成についてだが、私が指揮する南方攻撃グループについては、護衛戦闘機が最強のF-15C Eagle 8機。これは有難い。無敵のイーグルなら制空権の確保も容易だろう。問題はSEAD機。カナダ空軍のCF-18A Hornet 8機。ホーネットだと強そうに思えるが、米海軍のホーネットとは違ってカナダのホーネットは装備面で劣っている。致命的なのはHARM対レーダーミサイルを装備できない点だ。つまり敵SAMの射程距離外から「早撃ち」で制圧できないのだ。敵SAMに対してはクラスター爆弾による直接攻撃しかない。
爆撃本隊はF-111D Aardvark。実はF-4E Phantomに変更することも可能なのだったが、爆弾搭載量と電子戦装備の有利さを買ってアードバーグにした。アードバーグ4個編隊16機のうち、1個編隊は対人クラスター爆弾を搭載し、突入直前の敵対空火器制圧に任じる。残り12機は滑走路破壊爆弾デュランダルを搭載。攻撃目標の飛行場に痛打を与える。
今回の任務では対地攻撃用のPGM(精密誘導兵器)を使用しないこととした。理由は盤面一面の低高度に厚い雲が垂れ込めており、誘導兵器の有効性が大いに制約を受けることが明らかだからだ。このあたり、晴天の多い中東地域と、曇った日々の多い欧州戦線との違いを感じることができて興味深い。

1Turn

最初に侵入するのは、8機のCAP機(F-15C)と8機のSEAD機(CF-18A)、それと電子戦ジャマーを担当するEF-111A Revan 1機だ。

2Turn

続いて後続波が進入する。BQM-74 Chukar無人機12機とF-111D Aardvark 4機だ。アードバークにはクラスター爆弾が搭載されている。敵のSAM攻撃を引き付け、本隊の爆撃を成功させるのが主な任務だ 。

3Turn

攻撃本隊であるF-111D Aardvark 12機が滑走路破壊爆弾を満載して盤内に侵入する。これで偵察隊を除く全攻撃隊が盤上に揃った。

Turn03a


5Turn

前衛のCAP隊が高高度で最前線を超えた。エアフルト付近に展開している敵航空機を狙う構えである。またこのTurnに偵察隊が盤内に侵入。ここに攻撃隊の全兵力が揃った。

Turn05a


6Turn

米空軍F-15Cの1小隊が急降下してエアファルトに向かう。エアフルト付近で遊弋する敵戦闘機隊をスパローミサイルで攻撃するのが狙いだ。途端に周囲から地対空ミサイルの猛烈な射撃が始まる。Lock-On After Launch(発射後ロックオン)という方法で打ち出されるSA-11。それを避けるために超低空に舞い降りた途端、隠れていたSA-13赤外線誘導SAMが飛んでくる。電子戦装備と曲芸飛行のような回避運動によってミサイルをかわしたイーグル2機は、距離15海里から正面に見えるMiG-23を相手にスパローミサイルを発射した。しかし残念ながらミサイルは外れである。

Turn06a


敵中に飛び込んできたイーグルに対して、WP軍の容赦ない攻撃が始まる。MiG-23MLD"Flogger K"2機からなるRaskova小隊は、まず「ロシア版スパローミサイル」ともいうべきR-24ミサイルを発射。これはイーグルが辛くも回避したが、そのまま格闘戦に持ち込んだMiG-23が奇襲に成功。イーグル1機に対してR-60短距離空対空ミサイルの至近弾を与えてイーグルを大破させた。

F-15による敵飛行場付近のファイタースィープは一見すると無謀だが、敵戦闘機の無力化を狙った他、敵SAMの露呈や弾薬消費による友軍爆撃機の生残性向上という意味もある。またF-15とMiG-23の対等交換も常識的に考えれば損だが、本作ではそうではない。第一NATO側の立場に立てば、F-15の1機もF-111の1機もVPという意味では等価で、かつ戦闘機相手にしか使えないF-15の方が相対的に「安い」。そういった意味で爆撃機の損害を軽減するという意味で敵戦闘機の早期撃破を狙う戦術は必ずしも失敗ではなかったと思っている。

「我々にはホンの少し運がなかっただけだ」


Turn06b


7Turn

先にミグの攻撃によって損傷機を出したイーグルの「ダラス」小隊は、執拗なソ連機の攻撃を避けながら帰路につく。一方、別のイーグル編隊はダラス小隊の帰還を援護すべく布陣する。

8Turn

イーグル「ミラー小隊」2機がエアファルト西方に遊弋するミグを狙って急降下する。距離10海里から発射されたスパローミサイルが1機のMiG-21bis "Fishbed L"の至近距離で爆発。そのミグは大破する。ミラー小隊はさらにミグへ接近。格闘戦に持ち込んだ。機体性能、装備、さらにパイロットの技量で勝るイーグルはミグを圧倒し、1機をAIM-9Mサイドワインダーの直撃により撃墜。もう1機を20mmヴァルカン砲の射撃によって撃墜した。ミグ2機を瞬時に撃墜したことになる。2名のパイロットは脱出に成功。大空にパラシュートの花が2個開く。

Turn08a


9Turn

NATOの攻撃隊が続々と目標上空に侵入してきた。WP側のSAM部隊も活発に対応し、数発のSAMが発射されるが、NATO側の強力な電波妨害に阻まれてNATO側に損害はない。

Turn09


10Turn

3番目のF-15Cの編隊が敵中に突入する。「ネモ」小隊。エアファルト東方のミグ編隊をレーダーロックオン。激しい対空砲火を躱してミサイル発射。最初の一撃(前Turnに実施したBVR攻撃)は外れたが、次の一撃が目標に命中。MiG-23 1機が炎に包まれる。さらにネモ小隊は残ったMiG-23 1機に格闘戦を実施。20mmヴァルカン砲の1連射が目標を粉砕した。一瞬で2機のミグを撃墜したF-15Cイーグルは、まさに世界最強の「鷲」であった。

Turn10a

F15C


その西方、両軍の最前線付近では、SAM発射の噴煙を目ざとく発見したカナダ空軍のCF-18Aホーネットが急降下爆撃を敢行する。激しい対空砲火を冒してクラスター爆弾による爆撃を行ったホーネットの2機編隊は、目標のSAM部隊を9Turnの間、使用不能にした。

Turn10b


実は上記の爆撃はルール違反であった。というのも、Dense Cloudが発生している場合、Dense Cloudを挟んでLOSが通らないのである。ルールブックの書き方が曖昧だったので、その時の判断では「隣接ヘクスは見える」としてプレイしたが、BGGでデザイナー氏に確認した所、Dense CloudがLOSを完全に遮断することが判明したのだ。つまり雲の下からSAMを撃たれてもSAMサイトを見つけることはできない。危険を冒して雲の下に降りるしかない、ということだ。

と、VASSALによる対戦は時間の都合上、ここまでで終了となった。この時点でNATO側の損失はなしだがF-15 1機が大破。WP軍は損失4機である。この後、NATO機による飛行場攻撃が本格化することになるが、WPの対空火器は強力なのでNATO側も無事では済まないだろう。この先をプレイできなかったのは残念であるが、また機会を改めてプレイしてみたい。

F15C


3
200816_カエルの楽園

カエルの楽園

百田尚樹 新潮文庫

この本は寓話である。現在の日本を模した架空の「カエルの楽園」を舞台に繰り広げられるカエルたちの葛藤を描いている。本書を通じて筆者は現在の我が国の安全保障政策を批判している。小学生でも読めるような平易な文章だが、もし小学生が本書を読書感想文のテーマに選んだら、先生はどんな顔をするんだろう。と想像するのは楽しい。自分が小中学生だったら、多分本書で読書感想文を書くだろうな、と思ってしまった(中学生ぐらいなら教師のスタイルが右か左かぐらいは判断できる)。
2~3時間ぐらいで読める内容であり、また「カエルの楽園」がどうなるかワクワクするので、結構楽しめる作品である。

お奨め度★★★

↑このページのトップヘ