もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

2021年07月

3
JR弥彦線の終点弥彦駅。弥彦神社への参拝口として知られている駅です。その弥彦駅の目の前(徒歩1~2分)にある料理屋が「やまぼうし」です。

Nigata00

注文したのは海鮮わっぱ飯。暖かい御飯に鮭、イクラ、鯛等がたっぷりと載せられていて贅沢な一品です。アツアツの御飯と漬物との組み合わせもまたよし。こんな贅沢なワッパ飯をありかな、と思いました。

Nigata01
Nigata02

店から歩いて10分ぐらいの所に弥彦神社があります。丁度新緑の時期。青い緑と神社の建物が良い感じでコラボしていました。森林浴が気持ち良いです。

Nigata03
Nigata04
Nigata05
Nigata06
Nigata07

お奨め度★★★

3

210517_パンツァー

パンツァーズ・イン・ノルマンディ

Eric Lefevre/岡部いさく訳 大日本絵画

ノルマンディ戦を戦ったドイツ装甲部隊について、装備、編成、戦歴をまとめた著作である。大判の書籍ではあるが、写真が多いので読み通すのに左程時間はかからない。高価な著作ではあるが、欧州戦線に関する書籍で日本語で読めるものは多くないので、そういった意味では貴重な著作と言える。

お奨め度★★★

4
先日、家の近くを散歩した時に見つけたラーメン屋さんです。カウンター席が10席ほどの小さなお店で、県立里山公園に向かう途中の道路上にあります。駐車場あり。
オーソドックスな味玉ラーメンを注文しました。綺麗に折りたたまれた中太麺と醤油味のスープ。
「これぞラーメン」
というオーソドックスなラーメンです。
麺はツルツルと喉越しのよい味。スープも透き通った雑味のない味です。スープが美味しいので、半分ぐらい飲んでしまいました。
家の近所なのでちょくちょく行きたいと思えるラーメン屋さんでした。

お奨め度★★★★


まつや1
まつや2

実戦で活躍しながら何故かウォーゲームに登場しない航空機ということで取り上げてみました。スタイル的には結構好きな機体です。

プラモデルとかでは結構見かける機会の多い飛行機です。ドイツ海軍の水上機で「ビスマルク」や「シャルンホルスト」等の主力艦に搭載されることが多いため、取り上げられる機会はそこそこ多いと思います。
ウォーゲームで本機を見たことは、残念ながら私は一度もありません。「ライン演習」やノルウェー作戦のゲームでも、本機は少数機がバラバラに登場することが多いので、まとまった戦術単位としては扱い辛い。そんな所ではないかと思います。
同じ水上機でも、日本海軍のそれは空母戦ゲーム等で索敵戦力の重要な一翼を担っており、登場機会が多いです。また米水上艦の艦載機(SOCシーガル等)は、一部のマニアックな空母戦ゲームでひょっこり登場することがあるよう。

「実戦で活躍しながらウォーゲームには登場しない機体」としては、他にはL-4 GrassHopper(映画「バルジ大作戦」では結構活躍していました)、E-8 JointStars、C-47 Skat\ytrainなんかもありますね。C-47はOCSのような汎用システムゲームでは、登場するケースがあるかも・・・。


Ar-196s


4
KY33


江戸時代初期に有馬氏が日向に転封となり、代わりに 日野江城 に入ったのが松倉重政。その重政が新たな居城として築城したのが島原城の始まりとされている。明治時代に一度廃城となって天守等が廃却されたが、戦後に天守閣が再現され、今に至っている。

島原鉄道の島原駅から徒歩約10分。復元天守の端正な姿が目の前にある。入場料を払って中に入ると、内部は資料館になっている。キリシタンや島原の乱に関する史料。当時の武具等が飾られており、見応えがある。

KY34
KY35
KY36
KY37
KY38
KY39
KY40
KY41


最上階からは島原の街並みを一望できる。

KY42
KY43
KY44


続いて天守周辺を写真を撮ってみた。

KY45
KY46
KY47
KY48
KY49


城内の一角にある丑寅の櫓は民具資料館になっていて、明治、大正、昭和、平成の庶民の生活を伝える様々な製品が並べられている。それにしてもワープロが資料館の一角に飾られるとは・・・。そのうちノートパソコンも民具の1つとして飾られるのかなぁ・・・。そういえばファミコンがなかったのは少し驚き。

KY50
KY51
KY52
KY53


天守閣の入口には愛想の良い案内嬢がいたので、少し話をしてみると、 「島原城武将隊」 というチームらしい。それぞれが島原に由緒ある武将の姿になり、観光案内をしているそうな。その日いたのは、天草四郎さんと高力忠房さん。ご本人の許可を得て写真を撮らせて頂いた。

KY54
KY55


そんなこんなで島原城。色々と面白い城であった。

お奨め度★★★★

↑このページのトップヘ