もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

2024年05月

4
渋沢丘陵を歩いた 際に立ち寄った魚料理の店です。
渋沢駅から3分ぐらいの所にあり、交通の便は至極良いです。

今回はビールと1000円のランチメニューを注文しました。
ランチメニューでしたが、焼き魚、刺身、お吸い物、総菜が3品と豪華です。ご飯と味噌汁ついています。 魚は焼き魚も美味しく、総菜類も美味しかった。焼き魚はのどぐろの一夜干しというやつでしょうか?。店の人に聞けばよかった。メッチャ美味しかったです。
ビールとの相性も良かったですが、ご飯との組み合わせも絶品です。これで1000円は絶対に安いです。

渋沢駅近くの「魚菜」。お奨めです。

お奨め度★★★★

写真00
写真01
写真02
写真03

写真04



240327_渋沢丘陵
渋沢丘陵は、秦野市南部に広がる丘陵地帯です。山としては低山に属し、山というよりはハイキングに近い感覚で歩けます。
低山で歩きやすい所ですが、富士山や丹沢の山々、美しい形をした大山、南に目を向ければ相模湾、さらに大井松田から足柄方面の箱根一帯も見渡すことができる景観の良さが魅力です。
さらに麓には鶴巻温泉があって、山歩きの後に温泉に浸かることもできます。

首都圏から気軽に出かけることができ、老若男女誰でも楽しめる渋沢丘陵を歩いてみました。




4
240402_主婦と

2億円と専業主婦

橘玲 マガジンハウス

筆者はよく知らないのだが、最近の婚活市場では男女を問わずに「無職」というのが不利に働くらしい。だから結婚相談所では、無職の人に対しては「婚活よりもまず就活」と勧められるという話を聞いたことがある(繰り返すが、筆者は良く知らない)。
本書は元々「専業主婦は2億円損をする」というタイトルの書物を改題したものだという。「専業主婦は~」が出版された時には専業主婦が主流で、共働きはむしろ少数派であったそうである。しかし僅か数年で状況は大きく変わり、今では専業主婦が少数派になってきるとのこと。
本書の基本コンセプトは、専業主婦をディスること、ではなく、生きていく上で経済的合理性のある選択とは何かについて示唆することにある。その中の一つとして、専業主婦という選択肢が「経済的合理性に乏しい」選択の例として取り上げられているが、それ以外にも様々な観点から経済的合理的な選択について解説している。そういった意味で言えば、筆者のような独身者にとっても十分に価値のある著作であった。そういった意味で万人にお奨めしたい著作である。

お奨め度★★★★

2億円と専業主婦
専業主婦は2億円損をする

3
浜松駅の近くには鰻のお店が沢山ありますが、この「丸浜」はそんな中でも比較的リーズナブルな値段で鰻を食べさせてくれるお店です。
静岡駅の新幹線ホームのガード下という立地で、駅からは徒歩1分という便利さ
うな丼の値段はランクに応じて税込で3200~5000円といったところ。
筆者が注文したのは、一番安い3200円の「竹」でした。
一番安いメニューでしたけど、鰻自体は十分に美味しく、満足できる味でした。
駅近という立地も良いですね。

お奨め度★★★

写真50
写真51
写真52

240414_大東亜戦争

「大東亜戦争」は、2015年にGame Journal誌の別冊ゲームとして発表されたSLGです。テーマはタイトル通り大東亜戦争(太平洋戦争)で、1941年に始まる大東亜戦争を、1Turn=3ヶ月、1ユニット=旅団~軍、航空機数十機~数百機、主力艦2隻、その他数隻といった単位で再現します。

今回、本作のシナリオ2「第二段階作戦」をプレイしました。このシナリオは、日本軍による南方攻略戦が一段落した1942年4月頃から開始されるシナリオです。東南アジア一帯から連合軍を駆逐し勢いに乗る日本軍と、反攻準備を整えつつある連合軍が、真正面から激突します。



↑このページのトップヘ