帯広地区には「かしわ」という名前の豚丼屋が2か所あります。1つは音更町の国道沿い、よつ葉乳業の工場近くにある「豚丼のかしわ」。もう一店舗は帯広競馬場近くにある「ぶたどんのかしわ」です。ちなみにこの両店舗はオーナーが親子(音更の方が親)という話を聞いたことがありますが、真偽のほどは不明です。
今回紹介するのは、後者「ぶだどんのかしわ」。ちなみに前者は「臨時休業」が多く、なかなか食べるチャンスがありません(筆者は過去1度だけ食べたことがあります)。

大盛豚丼(1390円)と味噌汁セット(100円)を注文しました。

さすがに大盛というだけあって豚が何枚もご飯に乗っています。豚肉は炭火焼きで焼いた味がして、「いっぴん」等の有名店に比べるとワイルドな感じがします。こういう豚丼もありかな。

万人受けするのはたぶん「いっぴん」の豚丼だと思います。ただ、帯広の豚丼のルーツってこんな感じだったんだな、と思わせてくれるのが「かしわ」の豚丼だと思います。

お奨め度★★★

写真03
写真04
写真05