Sta42Ex表紙


Stalingrad'42(以下、本作)は、2019年に米国GMT社が出版したシミュレーション・ウォーゲームである。本作のテーマは1942年夏から秋にかけて行われた青作戦とスターリングラード攻防戦、そしてウラヌス作戦までを扱っている。1Turnは実際の3~7日間、1Hexが10マイル、1ユニットが連隊~機械化軍団に相当する(基本は師団~機械化軍団)。

今回プレイしたのは、Expansionは、2022年に発売された追加キットで、1942年12月から始まったリトルサターン作戦とそれに続く冬嵐作戦、スターリングラード陥落を扱う。新たなルール、ユニット、シナリオが追加されている。このシナリオは1942年12月14日から翌年2月5日までの約2ヶ月間を計12Turnで描いている。史実において、スターリングラードでの第6軍降伏が1943年1月31日なので、このシナリオはスターリングラード陥落までの時期を描いている。

前回までの展開 --> こちら



APic39b01


40Turn(43/01/13-16)

赤軍Turn

ここまでは対戦プレイであったが、ここからはソロプレイに切り替える。

まずヴォロネジ西方では、突出してきた枢軸軍を赤軍が逆撃。ハンガリー第9軽歩兵師団はAuto DSにより壊滅。さらにドイツ軍歩兵2個師団も退路を断たれて壊滅に近い損害を被った。

APic40a01


スターリングラードでは四方から市街地を攻撃。砲兵支援と航空支援で戦闘比4:1。戦闘結果はDR2。ドイツ軍は何とか死守に成功し、スターリングラード市街を守り切った。しかし部分的後退により赤軍の一部がスターリングラード市街地に突入した。

APic40a02


その他の戦線でも赤軍が突破を図り、一部では成功したものの、ドイツ軍も各地で奮戦して赤軍の突破を阻止している。

枢軸軍Turn

枢軸軍は兵力不足なので、このTurnは攻撃せず、戦線を縮小する。


41Turn(43/01/17-20)

赤軍Turn

天候は曇り。弱体化著しい枢軸軍に対し、赤軍は全面攻勢を仕掛ける。

まず北方ヴォロネジ戦線。ヴォロネジへの直接攻撃(1:2)こそ失敗に終わったが、ヴォロネジ西方では赤軍機械化部隊が大突破に成功。枢軸軍防衛ラインを抜けて後方のドイツ第2軍司令部をも撃破する勢いを見せる。そのため枢軸側の前線は南北に分断されてしまう。

その南、スヴォボタ付近では、ハンガリー歩兵部隊のスタックが戦闘比3:1の攻撃を受け、A1/D1の結果により後退を余儀なくされる。

APic41a01


RU_5Tk_006そして赤軍攻勢の本命は、その南、ミルレロヴォ(Millreovo,3322)~モロゾフスク方面。こちらでは、第5親衛戦車軍を主力とする赤軍機械化部隊がルーマニア、イタリア軍の守備陣値を痛撃。戦線を突破してヴォロシロフグラード(Voroshirovgrad,2725)に向けて突破口を形成。その過程でドイツ軍2個歩兵師団を包囲下にした。

APic41a02


GE_76_453スターリングラード市街では、戦闘比2:1で市街地へ総攻撃を実施。砲兵支援で3:1で、結果はD1。戦車師団の残余が壊滅し、スターリングラードを守るのは、第6軍司令部と消耗した第76歩兵師団(4-5-3)のみとなった。いよいよスターリングラードの最後が迫ってくる。

スターリングラード南方では、ドイツ側の冬嵐作戦の残余部隊を赤軍部隊が反撃。第23装甲師団(7-6-6)を包囲した。

APic41a03


枢軸軍Turn

ドイツ軍は可能な限り後退し、体制を立て直そうとする。しかし逃げ遅れていた歩兵師団2個は見捨てるしかない。


42Turn(43/01/21-24)

赤軍Turn

天候は晴れ。ついにスターリングラードが陥落した。パウルス第6軍は完全に降伏。スターリングラードで戦っていたドイツ軍は壊滅してしまう。

APic42a01


さらに北方では赤軍がヴォロネシを攻撃し、ドイツ軍の1個歩兵師団が壊滅する。ヴォロネシに残るのは、損耗した1個師団のみ。
さらに赤軍の先鋒はカメンスク(Kamensk,3327)付近でドネツ川を渡河。ロストフへの道が開けた。

APic42a02


枢軸軍Turn

全戦線で危機的状況の枢軸軍。その中でも一番危ないのがカメンスク付近である。同方面で装甲兵力を結集して反撃したい所だが、損耗激しく反撃兵力を捻出できない、仕方なくルーマニア軍やイタリア軍主体の部隊で防衛ラインを敷くが、いかにも心もとない。

APic42b01


北方では、クルスクに迫る赤軍に対し、増援で現れた第335歩兵師団(5-7-3)がクルスクに到着。ギリギリでクルスクを守り切った。

スターリングラード南方では、戦線が突出しているので徐々に後退。冬嵐作戦の発起点であるコテルニコヴォ 付近まで後退してきた。またドン川付近で弱体化していた赤軍歩兵師団2個に対して反撃を実施。これを撃破した。

APic42b02


つづく

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コマンドマガジン171号 [ コマンドマガジン編集部 ]
価格:3,960円(税込、送料無料) (2023/11/13時点)