備中高松城と清水宗治といえば、このブログを読んでいる方で知らない方は殆どいないと思う。羽柴秀吉中国進攻の中で最も劇的な場面となった場所。毛利方の武将清水宗治は、秀吉率いる数的に優勢な織田方の軍勢を相手に高松城の湿地帯を生かして善戦する。しかし秀吉側の軍師黒田官兵衛の献策による水攻めによって高松城は水没してしまう。高松城危うし、という正にその時、本能寺の変で信長討たれるの報が秀吉陣営にもたらされる。危機に陥った秀吉は、巧みな外交戦で毛利方との和睦をまとめ上げた。高松城城主清水宗治は、毛利方和睦の条件として切腹を命ぜられ、両軍の見守る中見事な最後を遂げたという。
とまあ、戦国史の一大転機となった場所である備中高松城。先に紹介した鬼ヶ城から山を下りた所にある平城である。城と言っても石垣や天守閣といった往時の遺構が残っている訳ではなく、一面の湿地帯に二の丸跡、本丸趾といった跡地が残っているだけ。とはいえ、水攻めを受けた高松城の地形については往時そのままと言って良く、当時の雰囲気を思い起こすことは十分にできよう。

写真69
写真70
写真71

こちらは本丸趾です。
写真72
写真73
写真74

なお、城跡の近くには巨大な鳥居があり、一体なんだこれは、と思わずにはいられない。これは最上稲荷の大鳥居とのことであった。総社地方にはこういった神話的なものが数多く残っているのだろうか。

写真75