写真64

鬼ヶ城(きのじょう)は古代の城である。奈良時代だかその前だか、朝鮮半島における白村江の戦いに敗れた大和朝廷は、倭(日本)を守るために西日本にいくつかの大城塞を築いたという。その代表が福岡の大野城だが、今回紹介する鬼ヶ城もそんな城塞の1つだ。
岡山県総社市の中心部から北に広がる鬼城山。鬼ヶ城はその一帯に築かれた山城である。総社市からは鬼ヶ城の山頂付近に復元された山城の様子を伺うことができる。見るのは簡単だが、行くのは結構難儀である。市街地から山に向けて車を走らせ、途中から狭い山道に入る。車1台がやっと通過できそうな山道。所々に行き違いのための待避スペースが用意されてはいるが、前から車が来るとそれなりに難儀する。
標高約400mの駐車場からは500mほど歩かなければならない。前回紹介した松山城に比べれば物の数ではないが、それでも炎天下の山道を歩いて登っていくのはそれなりにキツイ。ようやくの思いでたどり着いた所には、再現された鬼ヶ城の雄姿が広がっている。

写真65
写真66
写真67
写真68

駐車場の近くにはビジターセンターがあって入場無料。内部には鬼ヶ城に関する様々な展示物が紹介されている。冷房完備で涼しく、ゆっくり過ごすには丁度良い場所である。

写真61
写真62
写真63

車がないとアクセスがやや不便な鬼ヶ城だが、行ってみる価値は十分にある城である。

お奨め度★★★★