写真16


現代戦車戦ゲームの傑作「MBT」シリーズ。その拡張キットである「FRG」のソロプレイである。選択したシナリオは、シナリオ13「Over Hill-and-Date」。森林地帯を進撃するソ連軍増強戦車大隊。それを迎え撃つドイツ連邦軍は、最新鋭のレオパルド2A4戦車4両と歩兵部隊。西ドイツ軍にとっては、数少ない戦車数を歩兵で如何に補うかがポイントとなるだろう。なお、選択ルールは7.1士気ルールを除いて全採用としたが、ルールの適用を忘れている場合があるかもしれない。

前回まで-->こちら 

8Turn

ZM_Turn_NATO主導権は今度もNATOである。主導権ダイスだけは良いNATOなのだが・・・。というよりも、VeteranによるDRM+20の効果が大きいのだが・・・。先手を取ったNATO側はソ連戦車を狙い撃ちする。距離200mから放たれたパンツァーファウスト2発が次々とT-64BVに命中したが、いずれも頑丈な砲塔装甲に命中したため効果なし。別の戦闘でパンツァーファウスト1発がT-64BVの履帯に命中。そのT-64BVは動けなくなった。
ソ連軍に西ドイツ歩兵に対して猛烈な反撃を行ったが、2個分隊が制圧されたのみ。意外なほど頑強な歩兵なのであった。
僅かに生き残ったレオパルド1両は距離900m(9Hex)でT-64BVに対して徹甲弾を車体正面に命中させて、ようやく1両を葬った。動けるT-64BVは残り5両。それらの戦車はレオパルドを追い詰めようと間合いを詰めていくが、またもやレオパルドは巧みに森の中へ下がっていく。

写真09


9Turn

Leopard2A4_186主導権はまたもやNATOである。距離100mの至近距離から発射されたレオパルドの主砲弾。しかし距離が近いと意外に当たりにくい。しかも地形は錯綜している。レオパルドの放った120mm徹甲弾は、空しく地面を抉った。パンツァーファウストも3発が発射されたが、T-64BVに命中した1発は、またもや砲塔装甲に弾かれた。M113A1Gも戦闘に加入しソ連歩兵を機銃で狙い撃ちするが、装甲車程度の火力では殆ど効果がなかった。
ソ連軍の攻撃。西ドイツ軍歩兵1個分隊が自走砲3両からの集中砲火を浴びて壊滅。別の歩兵1個分隊は戦車砲の攻撃で制圧された。奮闘を続ける西ドイツ軍歩兵だったが、徐々に戦闘力を失っていく。

写真10


10Turn

BMP-1P_243ソ連軍はそろそろ突破を意識した行動を起こすことになる。西ドイツ軍の兵力を概ね制圧できたので、後はマップの西橋から突破を果たすのみだ。突破できなかった場合、NATO側に撃破時と同等のVPを与えてしまうので要注意。
主導権は久しぶりにソ連側が握った。ソ連側はレオパルドを撃破できる千載一遇のチャンスが訪れた訳だが、果たして。
ソ連軍はレオパルドの撃破は狙わず、後退していく。レオパルドの両翼に西ドイツ軍歩兵が潜んでいるので、迂闊に近づいてパンツァーファウストの餌食になるのを避けたのだ。既にソ連軍は盤端に向けての突破態勢に入っており、各部隊は突破を成功させることを第一とした行動に移りつつあった。
写真11


11Turn

SO_Inf長かった戦いも残り1/3となった。このTurn、またもや主導権はソ連側である。しかし最早主導権に大きな意味はなくなってきている。レオパルドの徹甲弾がT-64BVを貫いた。T-64BVは爆発炎上。これで移動可能なT-64BVは4両まで減少した。
履帯に命中弾を受けて動けなくなった西ドイツ軍兵員輸送車(M113A1Gに)対してソ連軍歩兵が近接突撃を敢行し、これを撃破した。
写真12


12Turn

WG_InfNATO側が主導権を取り返した。しかしレオパルドの視界にはソ連軍戦車の姿がない。いずれもレオパルドとの交戦を避けて西方へ突破を図っているのだ。残ったのは移動不能になった2両のT-64BVである。レオパルドは距離1200mで擱坐しているT-64BVに対して120mm徹甲弾を放った。しかしどうも今回レオパルドの射撃は出目が悪い。徹甲弾はまたもや目標をそれて明後日の方向に飛び去った。
西ドイツ軍2個分隊がソ連軍1個分隊に突撃を敢行する。数に劣るソ連兵だったが、激しい抵抗を見せ、西ドイツ軍の半固分隊を道連れにした後、自らは玉砕した。
写真13


13Turn

Leopard2A4_186レオパルドが漸く移動不能になっているT-64BVを仕留めた。
ソ連軍の主力は続々と盤端を突破していく。レオパルドはバックしてそれを追うが、もう間に合わない。ソ連梯団の最後尾を移動していた自走砲3両に対し、高地に潜んでいた西ドイツ軍対戦車ミサイルチームがミラン対戦車ミサイルを放ったが、またもやミサイルは目標をそれた。

14Turn

WG_HalfSQ西ドイツ軍の対戦車ミサイルチームが漸く戦果を上げた。突破するソ連軍自動砲3両の最後尾車両にミサイルを命中させたのである。自走砲は爆発炎上したが、残り2両は対戦車ミサイルチームの視界外に去った。
レオパルド戦車が後退してソ連軍の後尾を追う。最後尾のT-64BVを捕捉可能なポジションまで移動。山の上で突破の援護にあたっていたBMP-1Pがそのレオパルドに向けて対戦車ミサイルを放ったが、当然ながらレオパルドの強靭な装甲は対戦車ミサイルを物ともしなかった。

15Turn

最終Turnである。最終Turnまできっちりプレイできるのが、VASSALソロプレイの良い所だ。対人戦だと時間の都合や大局が決した等の理由でなかなか最終Turnまでプレイできることはない。
レオパルドは狙いを突破していないT-64BV 1本に絞った。突破さえ阻止すれば撃破したも同じ。T-64BVは突破するためにはレオパルドの視界内を横切るしかないのだ。

意を決したT-64BVは、レオパルドの目の前300mを全速力で横切っていく。それを待ち構えていたレオパルドは必中の射弾を放つ。命中率72%。
出目は"61"。ここまで命中判定の出目に泣かされてきた西ドイツ軍は、最後の最後に意地を見せた。そして撃破判定。
出目は"82"。え、"82"?。最初の"8"は命中個所の判定だから問題はない。車体側面の弱っちい装甲を120mm徹甲弾がバターナイフのように切り裂いた。
問題は次の"2"だ。これは撃破判定の出目。"1"ならNo Damage"、"2"ならDamegedだ。いずれにしてもKillしていない。

「まだだ、脱出判定がある」

そう。損傷した戦車で脱出判定に失敗すると、クルーが勝手に自車を放棄してしまうのだ。これに賭ける西ドイツ軍。

出目は"05"。ロシア人戦車兵たちは、戦車を捨てて脱出したのだ。これにより西ドイツ軍は最後の撃破戦果を上げた

結果

ソ連軍の損害

T-64BV 9両(2736VP)
BMP-1P 2両(132VP)
2S1自走砲 1両(90VP)
歩兵分隊 1個(98VP)

西ドイツ軍の損害

レオパルド2A4 3両(1143VP)
M113A1G 2両(114VP)
対戦車ミサイルチーム 2個(218VP)
歩兵分隊 1個(90VP)

突破に成功したソ連軍

T-64BV 3両(810VP)
BMP-1P 7両(330VP)(VP対象は5両)
2S1自走砲 2両(0VP)
ZSU-23 2両(0VP)
歩兵分隊 8個(338VP)(VP対象は6個分隊)

突破に失敗したソ連軍

T-64BV 1両(203VP)
ソ連軍:3043VP、NATO:3259VP
引分け

感想

プレイしている間はNATOの完敗と思ったが、引分けとは意外だった。ただソ連側が突破VPをもう少し効率よく突破していれば(つまり歩兵ではなく戦車、BMPを先に突破させること)、ソ連側の勝利は固かったかもしれない。その辺りも含めてソ連側は慎重な戦い方が必要であった。
それにしてもレオパルド2A4は強い。正面からならT-64BVの125mm徹甲弾ではいかなる距離からも射貫けない。序盤にアッサリやられたのは、運用が不味かったから。その場に停止しているのではなく、動くことで相手の命中率を下げさて、こちらは優秀なスタビライザーの性能を生かして移動射撃で戦う。さらに相手が側面に回り込んできたら、移動によって後退させ、彼我の態勢を有利な状況にするべきだった。

それにしてもMBTシリーズは面白い。最初は米ソ関係の兵器した含まれていなかったが、続編の登場によって西ドイツ、英国が加わった。近々カナダ軍も加わるという。どんどん広がるPanzer/MBTの世界の今後に期待したい。

写真18

写真15