今年の冬も北海道にやってきました。
例によって行き先は美瑛地区です。
そこで今回、美瑛周辺で見た風景の一部を紹介します。

青池

美瑛では近年最も注目されているビュースポット。季節や昼夜を問わず多数の観光客(外国人含む)が訪れる場所です。場所は美瑛市街から車で20km弱走った所。十勝岳の麓に位置します。夏場なら美瑛市街から自転車で行くのも可能ですが、冬場は自家用車又はバスで行くのが無難。個人的には極寒の中、バスを待つのは拷問に近いものがあるので、車がお奨めかな。
池自体が青く澄んだ色なので、それ自体が幻想的な景観を作っています。
冬場は雪が積もっているので池の青さは全く見えないのですが、その分夜間にライトアップが灯され、幻想的な景観を作り出しています。
写真00
写真01
写真02
写真03
写真04


白髭の滝

青池から5kmほど山側に向かった所。白金温泉と呼ばれる温泉地域にある場所です。豪快な滝が夜にはライトアップされて、これまた幻想的な景観です。

写真05
写真06


新栄の丘

美瑛と美馬牛の間にある景勝地。美瑛市街から数キロなので自転車でも行くことが可能ですが、上り坂があるので要注意です。
丘の上からは美瑛の畑の景観が一望でき、天気が良ければ十勝岳連峰の雄大な姿を拝むこともできます。
私が行った時には丁度夕陽が沈む時間帯。冬場では珍しく夕陽が沈む瞬間を目にすることができてラッキーでした。
写真08
写真09
写真10
写真11
写真12


ベベルイ

上富良野からさらに南下し、富良野岳の麓を回り込むようにして坂道を上がっていった所の高台です。ここからは目の前に富良野岳の雄姿と雄大な田園地帯を楽しむことができるので、個人的には好きな場所です。季節を問わず楽しめる場所です。
私が行った時には残念ながら富良野岳の山頂部にガスがかかっていたので、その全貌を目にすることはできませんでした。

写真13
写真14

つづく