写真00


天狗岳は標高2646mの山で、北八ヶ岳では最高峰である。日本200名山の1座でもある。
今回、この天狗岳に登ってみた。

前夜に高速道路のSAで車中泊した後、早朝に出発。諏訪ICで高速を降りて、登山口へ向かう。登山口である唐沢鉱泉に着いたのは0615頃であった。

写真01


荷物その他を整えて出発したのは0645頃。苔むす山道を登っていく。稜線に出ても木々に遮られて視界は得られないが、標高2400m付近で視界が開けて南八ヶ岳の山々が綺麗に見えている。ここが第1展望台だ。

写真02
写真03
写真04


そこからは風の強い稜線歩きになる。30分ほど歩いて第2展望台に到着。目の前に西天狗岳に向かう最後の急登が見える。

写真05
写真06


ガレ場の歩きにくい急登を苦労して上り詰めて、漸く辿り着いたのが西天狗岳の山頂である。周囲に視界が広がり、南八ヶ岳の山々やすぐ近くの東天狗岳も綺麗に見えている。ここまでの所要時間は約2.5時間。コースタイムは2:50なので、20分ほど早かった計算になる。

写真07
写真08
写真09
写真10


帰りは東天狗岳から中山峠、黒百合ヒュッテを経て下山する。まずは歩いて20分ほどの場所にある東天狗岳山頂に登る。

写真11
写真12
写真13
写真14


東天狗岳から中山峠までは岩場を歩くことになるので歩き辛い。黒百合ヒュッテからは樹林帯の間を歩くことになる。

写真15
写真16
写真17
写真18


下山したのは12:20。所要時間は2:40ほどだ。コースタイムと丁度同じである。

写真19
写真20
写真21


今回の感想だが、特に危険個所はないが、山道はやや歩きにくい。従って特に下りではスリップ等による事故に気を付けたい。稜線から見る景観は良いが、残念ながら今日はややガスっていたのでアルプスの山々が綺麗に見えなかったのが少し残念。