写真35


夏の北海道旅行2日目。この日は朝から大雪山の旭岳に登った。
東川の宿を出発したのは午前5時。途中で買い物などをし、旭岳ロープウェイ駅に着いたのは0530過ぎでした。0600発の始発のロープウェーに乗る。客の1人がマスクをつけず、しかも車内でかなり大きな声(大声というほどではないが、響く声)で話しているのが気持ち悪い。

山頂の姿見駅には0610頃に到着。0615頃に出発する。最初に目指すのは6合目の旭岳石室。姿見の周回コースの外れにある。ここまでは一般の観光客でも到達可能だ。ここからが少し本格的な登山になる。

写真16


旭岳までの登山路は、火山性の石ころがゴロゴロ転がる荒れた地形である。足場は少し不安定だが、登山道は綺麗に整備されており、また登山路自体が広いために歩きやすい。一旦ペースをつかめれば、あとは一歩一歩標高を稼ぐだけだ。その途中で旭岳の火山性景観を楽しむ

写真17
写真18


旭岳山頂に着いたのは0815であった。登山開始から丁度2時間である。周辺に見える大雪の山々が美しい。

写真19
写真20
写真21

ここからは反対側のお鉢の方へ降りていく。かなり急な斜面があり、滑りそうになるので注意する。途中で幅200~300mぐらいの下り斜面の雪渓があって少しビビるが、足跡が付いていたので大したことはない。1時間ほど歩いてお鉢巡りコースにぶつかる。

写真22
写真23


お鉢巡りコースを少し歩いて中岳分岐を左に向かう。中岳温泉へ降りていく急な下り坂を下り切った所が中岳温泉だ。温泉と言っても水たまりに毛が生えた程度の小さなものだが・・・。

写真24
写真25
写真26

中岳温泉から裾合平まではチングルマが美しい木道を歩く。左手には大きな旭岳の姿も見えており、このコースで最も景観の美しい所だと言える。

写真27
写真28


裾合平に着いたのは1045頃。そこからは一気に姿見のロープウェー駅に向かう。途中何か所かアップダウンがあるので、そこは辛抱するしかない。

姿見のロープウェー駅に着いたのは1155頃であった。コース全体の所要時間は5時間40分で、コースタイムの7時間40分に比べると2時間少ない。我ながら自慢できる数値かも。

写真29
写真30
写真31
写真32
写真33
写真34

今回の感想だが、全般として天気が良かったので助かった。花も綺麗で時期的にも良かったと思う・また今回のコースも様々な要素が楽しめるにも拘らず半日程度で回ってこられる手軽さも良い。山好きにはお奨めしたいコースである。