もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:ゲーム > 戦略級ゲーム

PoG表紙


「Paths of Glory」は、1999年に米国GMT Games社から発売されたSLGです。テーマはWW1(第1次世界大戦)で、1914年に始まるWW1を、1Turn=3ヶ月、1ユニット=軍団~軍といった単位で再現します。

今回、この「Paths of Glory」をVASSALを使ってプレイしました。筆者は連合国を担当しました。

写真00

1Turn(1914年8月)

FR3A_333ドイツ軍はGuns of Augustカードでリエージュを落とした後、さらに戦果拡大を図ってセダンのフランス第5軍(3-3-3)を攻撃する。しかしドイツ軍の攻撃の出目が悪く、フランスが1ステップ食らっただけでMelumに後退していった。セダンに進出してきたドイツ2個軍に対してヴェルダンのフランス軍が攻撃を行い、1ステップの損害を与えた。

写真01


連合軍は、Rape of Belgiumカードでベルギーにおけるドイツ軍の残虐行為を指摘。WSを2段階上昇させて、1VPを獲得した。

東部戦線では、ロシア軍が攻勢を仕掛けていく。オーストリア国境のTarnopolでオーストリア第3軍(3-2-3)を撃破した後、Czernowitzを攻撃、オーストリア軍を撃破して、Czernowitzを占領した。

写真02


2Turn(1914年9月)

CP10_SUD_Armyロシア軍とイギリス軍で増援を行う。ロシア軍は第9,第10の2個軍(共に3-2-3)が新たに増設された。イギリス軍は第1軍(4-3-3)が動員され、ただちにオランダ戦線に送られた。

中欧軍もドイツ第10軍(5-3-3)とオーストリア第7軍(3-2-3)を増設。さらにSUD軍を編制し、東部戦線での反撃態勢を整えた。この兵力でオーストリア軍は反撃を開始。Czernowitzを守るロシア第8軍(3-2-3)はオーストリア軍の攻撃を受けて壊滅。Czernowitzも奪回されてしまう。

写真03


海上では英海軍が海上封鎖を実施して、ドイツの経済を締め上げる。

このTurn終了時に連合軍の戦争段階は、動員状態から限定戦争に移行した。

3Turn(1914年秋)

RU9A_323オーストリア軍がさらに反撃。国境を越えてロシア南部を伺う勢いである。ロシア軍は2個軍をKamenets-Podlskiに送り込み、合計3個軍でCzernowitzを攻撃。オーストリア第7軍(3-2-3)に損害を与えて、これに後退を強いた。さらに前進するロシア軍は、オーストリア軍に打撃を与えつつ、ボスニア地方に侵攻していく。

西部戦線では、強制攻撃によりフランス3個軍がセダンを守るドイツ軍を攻撃し、ドイツ第1軍(5-3-3)を壊滅させた。ドイツは新編成の第9軍(5-3-3)を直ちにセダンに送って防御を固める。

写真04
写真05


ドイツ本国では、ファルケンハインがドイツ参謀総長に就任した。これで中欧軍のWSが4となり、中欧軍も限定戦争に移行した。これにより、次Turnにトルコが自動参戦する。

4Turn(1915年冬)

AP07_SevereWeatherドイツ軍が東部戦線に3個軍を集めてワルシャワ正面で攻勢の気配を見れている。Lomzaに対してドイツ軍が攻撃を仕掛けてきたが、なんとか耐えた。

西部戦線では、ドイツ軍が強制攻撃を戦線の最南端部であるBelfortに対して仕掛けてきた。その時Belfortには1個軍団しかいなかったのでちょっとヤバイ状況であったが、要塞効果とSevere Weatherのおかげで辛くもドイツ軍を撃退することに成功した。助かった。マジヤバかった。

写真06


5Turn(1915年春)

RUCau_323コーカサス地方にロシア軍ユーデニッチ軍が編制される。ユーデニッチ軍は早速トルコ領内へ侵攻を開始した。Erzerum(エルズルム)の要塞を攻撃してこれを撃破する。

写真07


東部戦線ではロシア軍が再び攻勢に転じるも、ドイツ・オーストリア軍と一進一退の攻防を続けている。西部戦線でもドイツ軍とフランス軍が激しくぶつかるが、フランス軍は1個軍を丸々失うという大損害を被った。

大西洋上ではイギリス客船「ルシタニア」が、ドイツUボートの攻撃により沈没。アメリカ人乗客を含めた多数の船員や乗客が犠牲となった。この事件はアメリカ世論を激昂させたものの、まだアメリカが参戦するような状況ではなかった。

写真08


6Turn(1915年夏)

AP31_MEFイギリス地中海遠征部隊(MEF)が編制され、キプロス島に上陸した。トルコを南から攻め上げる態勢である。トルコ軍はただちに増援部隊をキプロス島前面に配置し、トルコ本土の守りを固める。MEF軍は激しく攻撃を仕掛けたが、トルコ軍の抵抗が激しく、これ以上は内陸部に侵攻できずにいる。

写真09


なおこのTurnにルーマニアが連合国側で参戦する。東部戦線で新たな敵を迎えることになった中欧軍は、さらなる対応を迫られることとなった。

写真10


7Turn(1915年秋)

IT5A_223ルーマニアが中欧軍側に立って参戦する。それに対抗してイタリアが連合国として参戦する。イタリアの参戦を受けてドイツ軍がTrieste等のオーストリア・イタリア国境地帯に移動し、守りを固める。

写真11


8Turn(1916年冬)

AP46_Brusilov_Offensive中欧軍がイタリア戦線で攻勢を仕掛けてきた。まだ戦備が整っていないイタリア(この国はいつでも火事場泥棒的な戦争を仕掛けてずっこけている)は、中欧軍の猛攻によりいきなり2個軍を失ってしまう。慌てた英仏両国は慌てて増援部隊をイタリアに派遣する。

ロシア戦線では「ブルシーロフ攻勢」が発動され、Czernowitzを守っていたオーストリア2個軍がロシア軍の攻撃により撃破されてしまう。

写真12


9Turn(1916年春)

CP31_Kemalトルコ軍が強制攻撃で「Kemal」を使用した。これによりロシア軍団1個を撃破し、Diyarbakirを奪回する。

写真13


東部戦線でもドイツ軍が攻勢を開始した。ロシア軍団1個が守っているGrodno要塞を攻撃。ロシアの守備隊を撃破した上で、さらに要塞も占領した。

西部戦線ではフランス軍が計6個もの大軍を集めてセダンを守るドイツ軍を攻撃する。兵力比は3:1と圧倒的にフランス軍が有利であったが、塹壕に守られたドイツ軍の守備は固く、フランスは新鋭の第10軍(3-3-3)を失ってしまう。

このTurnの最後のラウンドでギリシアが連合軍側に立って参戦した。

写真14


結果

CP15_Chlorine_Gas時間の関係で今回はここで終了とした。現時点でのVPは計5VP。その内訳は以下の通りだ。
このゲーム、中欧軍が有利な場合はVPが加算され、連合軍が有利な場合はその逆になる。今回の場合、まずVPスペースの支配で、連合国がイタリアのTrent、中近東のBaghdad、東部戦線のLembergとCzernowitzを確保したので合計ー4VP。中欧軍はWarsawとSedan占領したので2VP。次にイベントについては連合軍がー4VPで、中欧軍が+1VP。最後に連合軍が強制攻撃を1回サボったので+1VP。総計するとー4VPとなる。元もとが10VPなのでそこから-4VPで6VPとなる。ちなみに0VPになると連合軍のサドンデス勝利となるが、サドンデスまではまだ道半ばといった感じ。ただし第10Turnに終了する中規模シナリオでは10VP以下で連合軍の勝利になる。いずれにしても連合軍が有利な状況というのは間違いなさそうだ。

感想

AP55_OverThere久しぶりにパスグロをプレイしたが、やはり面白かった。カードドリブンなので待ち時間が少なく、テンポよくプレイできるのは良い。イベントカードも当時の様々な事件が盛り込まれていて当時の雰囲気を味わうことができる。

難点を言えば、自由度の高さか。これは利点の裏返しでもあるのだが、カードドリブンゲームの場合、プレイヤーの自由度の多さが仇となり、長考するととんでもなく時間がかかってしまう。しかも悪いことにこのゲーム、ワンミスが致命傷になる危険性がある。VASSALプレイの場合は特に要注意だ。長考についてはプレイスタイルもあるのでどうしようもないのだが、ワンミスについては明らかなミスの場合は相手側から指摘する等、紳士的なプレイを心がけたいものである。

いずれにしてもパスグロは面白いゲームなので、機会を見つけて再戦したいと思っている。

Paths of Glory, 5th Printing

写真15




240414_大東亜戦争

「大東亜戦争」は、2015年にGame Journal誌の別冊ゲームとして発表されたSLGです。テーマはタイトル通り大東亜戦争(太平洋戦争)で、1941年に始まる大東亜戦争を、1Turn=3ヶ月、1ユニット=旅団~軍、航空機数十機~数百機、主力艦2隻、その他数隻といった単位で再現します。

今回、本作のシナリオ2「第二段階作戦」をプレイしました。このシナリオは、日本軍による南方攻略戦が一段落した1942年4月頃から開始されるシナリオです。東南アジア一帯から連合軍を駆逐し勢いに乗る日本軍と、反攻準備を整えつつある連合軍が、真正面から激突します。



写真00


Twilight Struggle(以下、本作)は、米GMT社が2005年に発売したシミュレーションゲームだ。本作は、WW2終了直後から1989年冷戦終結までの約30年間にわたる約半世紀の冷戦時代を扱う。全10Turnなので、1Turnは実際の4~5年間に相当する。プレイヤーは米ソそれぞれの首脳を演じる。2014年には完全日本語版も発売されており、日本でもプレイし易くなった。
本作のシステムについては、 以前の記事 で紹介しているので、そちらを参照されたい。

今回は、本作を対戦してみた。筆者はアメリカ陣営を担当する。以下はその記録である。

前回の展開は、--> こちら

5Turn(1961~1964年)

Card107ヘッドラインはアメリカが「中ソ国境紛争」、ソ連が「チェ・ゲバラ」を使ってきた。アメリカは「中ソ国境紛争」を使ってインドとタイのソ連支配を突き崩した。一方ソ連は「チェ・ゲバラ」を使ってコロンビアの親米政権をクーデターで打倒。さらにパナマでクーデターを起こしてソ連の支配権を広げてきた。
アメリカはこの機会にアジアにおける優位を占めたいと考え、「中国」カードを使ってインドの支配を確立した。さらにタイもアメリカが支配し、アメリカはアジアにおける優位をほぼ確立した。

写真05


6Turn(1965~1969年)

Card011ヘッドラインは、アメリカが「ケンブリッジ・ファイブ」、ソ連が「朝鮮戦争」。しかしいずれのカードも条件が揃わないとか、ダイス目が悪いとかで効果なし。

ソ連は、中東におけるアメリカの支配を崩さんとイランでクーデターを試みて、イランからアメリカの影響を排除することに成功した。一方のアメリカは、エジプトのサダト大統領を使ってエジプトからソ連の影響力を排除し、新型戦闘機(当時だとF-4ファントムか?)をエジプトに輸出してエジプトへの影響力を強めていく。さらにアメリカは隣国リビアにも浸透していく。

その間、ソ連は北東アジアで攻勢を強め、韓国で親ソ政権樹立に成功。さらに極東におけるアメリカの牙城であった日本にも進出してアメリカの支配を崩していく。韓国はとにかく、日本を失う訳にはいかないアメリカとしては、積極的に日本へコミットしていき、ソ連影響力の排除を図っていく。

写真06


7Turn(1970~1974年)

このTurnは、まず宇宙開発で動きがあった。月面探査を進めているソ連は、遂に初の有人月面着陸に成功したのである。史実とはことなり、「月に小さな一歩」を記したのは、アメリカ人ではなくロシア人となった。

Card068アメリカは「ヨハネ・パウロ2世の教皇選出」カードを使い、ソ連にとっては絶対防衛線ともいうべきポーランドにおけるソ連側支配を崩していく。

このTurn、ソ連は「欧州の特点獲得」カードと「中東の特点獲得」カードを引いて来たので、これを使わざるを得ない羽目になった。いずれもアメリカが有利な地歩を占めており、これらのカードの使用は、アメリカの得点をさらに加算することになった。結局Turnの終わりごろには、アメリカの勝利得点は18点に達し、アメリカのサドンデス勝利が目前となった。
そしてTurn終了時、このTurnにおけるソ連側の軍事行動不足が明らかとなり、それによってさらにアメリカが2点を獲得したため、この時点でアメリカの勝利が確定した。

写真07


感想

プレイ時間は2時間弱。今回は途中までのプレイだったけど、最終Turnまでプレイしても3時間とかからないだろう。たった3時間足らずで戦後の世界史を再体験できる本作はやはり素晴らしい作品である。Board Game Geekで長らく一番人気だったのも頷ける話だ。
このゲーム、慣れないうちには何をして良いのかわからないことがある。特に初心者が熟練者を相手にした場合、何をしているのかわからない間に負けていたりすることが多い。かくいう私も本作を最初に2回ほどプレイした時には、わけのわからない間にサドンデス負けを食らっていて、一体このゲームの何が面白いのかサッパリ理解できなかった。
そういった意味では、もし初心者が最初に本作をプレイする際には、可能な限り実力の拮抗した相手とプレイするのが望ましいと考える(あるいは、インストが超絶上手いベテランゲーマーが相手でも良い思うけど、筆者個人の体験から言えば「インストが上手いベテランゲーマー」とやらにこれまでに一度も出会ったことはない)。

いずれにしてもプレイ時間も短いし、その気になれば1日に何度もプレイできる。メインシナリオだけではなく終盤戦シナリオも興味深いものがあるので、機会があれば再戦したい作品である

写真08_Saigon





トワイライト・ストラグル 日本語版
トワイライト・ストラグル 日本語版
Twilight Struggle: Deluxe Edition
NHKスペシャル デジタルリマスター版 映像の世紀 ブルーレイBOX [Blu-ray]

240413_PoG

「Paths of Glory」は、1999年に米国GMT Games社から発売されたSLGです。テーマはWW1(第1次世界大戦)で、1914年に始まるWW1を、1Turn=3ヶ月、1ユニット=軍団~軍といった単位で再現します。

今回、この「Paths of Glory」をVASSALを使ってプレイしました。筆者は連合国を担当しました。



写真00


Twilight Struggle(以下、本作)は、米GMT社が2005年に発売したシミュレーションゲームだ。本作は、WW2終了直後から1989年冷戦終結までの約30年間にわたる約半世紀の冷戦時代を扱う。全10Turnなので、1Turnは実際の4~5年間に相当する。プレイヤーは米ソそれぞれの首脳を演じる。2014年には完全日本語版も発売されており、日本でもプレイし易くなった。
本作のシステムについては、 以前の記事 で紹介しているので、そちらを参照されたい。

今回は、本作を対戦してみた。筆者はアメリカ陣営を担当する。以下はその記録である。

1Turn(1945~1948年)

Card026筆者はヘッドラインに「CIA創設」カードを使用した。このカードは、相手の手札を全公開させるカードである。このカードによって相手側プレイヤーが「アジアの特点獲得」と「欧州の特点獲得」カードを持っていることが判明した。ソ連軍の立場から言えば、特点獲得カードの所在が明らかになった以上、相手に出し抜いて高得点を得ることが不可能となったわけである。尤も、欧州にせよアジアにせよ、これらの地域は本ゲームで最重要地域であるため、いずれか一方が収奪し続けるということは不可能に近いのではあるが・・・。

そういった事情もあってか、ソ連側プレイヤーじゃ「欧州の特点獲得」カードを早々に使った来た。手札がバレているから、早めに使っておこうという訳であろう。この段階では両陣営とも欧州での優勢を得ていないが、ソ連が「主戦場国」であるポーランドと東ドイツを支配しているのでソ連プレイヤーは2点を獲得した。

一方の、アメリカプレイヤーである筆者は、アジア重視で、日本、フィリピン、オーストラリアを支配下においていく。さらに韓国、イランの支配を広げていく。ソ連側はアフガニスタンとパキスタンを支配してきたので、こちらとしてはヨルダンとイランを支配下に置いた後、「中東の特点獲得」カードを使って得点を獲得した。この時期、中東情勢はアメリカの一方的な支配状況だったので、アメリカ軍が計6点を獲得。勝利得点では、一気に逆転した。

Card018そして最後は「ナチの科学者を登用」して宇宙開発を実施。アメリカの人工衛星「エクスプローラー1号」が、初めて宇宙空間を飛行した。宇宙時代の幕開けである。









写真01

2Turn(1949~1952年)

ヘッドラインはアメリカが「オリンピック」、ソ連が「核兵器禁止条約」である。いずれのカードもあまり影響のないカードだ。

このTurnは両陣営のクーデター応酬合戦となった。まずアメリカがパキスタンで軍事クーデターを起こし、強力な親米軍事政権を確立した。しかしソ連側もフィリピンでクーデターを成功させた後、さらに引き続いてパキスタンでも軍事クーデターを強行。パキスタンの右派政権を打倒してパキスタンは再び騒乱状態とした。

Card004そんな状況だから、デフコンが2になっているから、もう核戦争目前の状態である。そんな中で米国本土では、核攻撃に備えた避難訓練が盛んに行われるようになった。とはいっても強力な水爆ミサイル相手に民間防衛がどこまで役に立つのだろうか?・・・。

その間、エジプトでは、ナセル大統領就任によってソ連の影響力が強まり、さらにイタリアでは共産党が活発化してきた。ソ連はいよいよ西側諸国の本陣であるう西ヨーロッパに対して影響力を行使し始めたのである。
対するアメリカは、西ドイツの地盤を固める一方、フランスへも影響力を行使してその地盤固めを行う。

写真02


3Turn(1953~1956年)

Card031ヘッドラインでソ連側は「危険分子の排除」カードを使ってきた。これは、そのTurnに相手のカードの作戦値を-1するカードである。正直な所、結構鬱陶しい。
仕方がないので、こちらとしては「中東の特点獲得」カードを使用し、得点固めを行う。この時期、ソ連もエジプトを拠点として中東のプレゼンスを確保しつつあったものの、イスラエル、イラン、サウジアラビアという三大国を支配下としているアメリカの優位は動かない。アメリカは4点をさらに得点した。

宇宙開発分野では、ソ連がアメリカに追いついてきた。アメリカに引き続いて人工衛星の打ち上げに成功したソ連は、次に打ち上げられたスプートニク2号で初めてライカ犬を宇宙に送り込んだ。有人飛行に先立つ動物を使った宇宙飛行の分野で、ソ連がアメリカに先んじたのである。
慌てたアメリカは、ハムという名のチンパンジーを宇宙に送りこみ、なんとかソ連に追いつこうとする。しかしソ連の宇宙開発はアメリカの予想を上回る速度で進展し、遂には人類初の有人宇宙飛行を成し遂げた。

宇宙空間で国家の威信をかけた熾烈な宇宙開発競争が続く中、ソ連は東南アジアに食指を伸ばし、ベトナム、タイに共産政権を樹立した。さらにフィリピン、インドネシア、マレーシアにも共産政権を広げていく。まさにドミノ理論を地で行くような展開であった。

写真03


4Turn(1957~1960年)

現時点での得点はアメリカの9点で、未だにアメリカ有利の状態が続いている。全般情勢を見ると、アジアでは極東地域ではアメリカが押さえているけど、東南アジアはほぼ共産陣営が支配を固めつつあり、アメリカが恐れた「ドミノ理論」を地で行くような展開となっている。 アフリカでもソ連の勢力浸透が進んでおり、赤化が進んでいる。
主戦場であるヨーロッパでは、アメリカがイタリアでの共産党政権を打倒したけど、イベリア半島がソ連人民戦線勢力の伸長により赤化が進んでいる。
アメリカが大きく勝っているのは南米一帯で、この辺りはアメリカの支配一辺倒である。

Card062そんな中、全世界に衝撃が走った。当時のアメリカ大統領ケネディがダラスを遊説中に銃で撃たれて命を落としたのである。ちなみに「ケネディ暗殺」カードの威力は、アメリカプレイヤーの手札を全て公開状態とするもので、Turnの早い時期に使用すると結構強力なカードである。

アメリカが混乱する中、ソ連は南米地区にも浸透を図るべく、まずチリに影響度を置いて来た。アメリカ側も対抗上、アルゼンチンを固める。
そしてアメリカは、「ニクソン訪中」カードを使用。このカードを使ってチャイナカードをソ連軍プレイヤーから奪った。アメリカ外交会心の一撃である。

写真04


つづく



トワイライト・ストラグル 日本語版
トワイライト・ストラグル 日本語版
Twilight Struggle: Deluxe Edition
NHKスペシャル デジタルリマスター版 映像の世紀 ブルーレイBOX [Blu-ray]

↑このページのトップヘ