もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:読書 > 登山書籍

3

200612_山と渓谷

山と渓谷2020年5月増刊

特集は「最も美しい上高地へ」。上高地の魅力、上高地周辺の山々、上高地へのアクセス、さらに上高地周辺の蕎麦処などを紹介している。そういえば最後に上高地へ行ったのはいつだっただろうか?。そういえば10年以上行っていない。夏か秋の上高地へ行ってみたいと切に思う。
本書では上高地の美しい自然が写真で紹介され、見ているだけで癒される。また紹介されている様々なコースも登山意欲を駆り立てるものばかり。読んでいて楽しくなるような内容であった。

お奨め度★★★

2

200331_山と渓谷

山と渓谷2020年4月

特集は「山の自然学入門」。花や地層、動物といった山における自然学を解説した内容である。正直な所、あまり興味を惹く内容ではなかった。Amazon Unlimitedで無料で入手できるので、ダウンロードした、というのが正直な所である。(すいません)

お奨め度★★

3

200111_ヤマケイ登山学校
ヤマケイ登山学校-雪山登山

天野和明 山と渓谷社

タイトル通り雪山登山のノウハウについて記載した著作。内容は「用具とウェア」「雪山を登る技術」「ロープワーク」「雪山に泊まる」等、初歩的な内容だけではなく、中級以上の内容も含んでいる。さらに雪山でのリスクや雪山で実際に遭遇し得る(あるいは筆者自身が遭遇したインシデント等)を紹介し、雪山登山が決して安易な気持ちで挑むものではないことを記している。
本書を取った動機は雪山にチャレンジしたいという気持ちからだが、本書を読んで「雪山はコワイ」「決して雪山を舐めてはいけない」という気持ちが強くなった。

お奨め度★★★

3

200128_日帰り登山


日帰り山あるきベスト130-関東周辺

JTBパブリッシング

関東周辺の登山コースの中から日帰り可能なコース130を紹介したガイド本である。Amazon Primeで無料入手できるので入手した。日帰りコースばかりなので難易度は比較的低いコースがメインで、危険度や難易度の高いコースは紹介されていない。逆に普通の登山ガイドでは紹介されないような低難易度の山歩きが数多く紹介されている。扱っている領域は、関東一円と山梨県で、それより遠方の山々は紹介されていない。歩きやすいコースが数多く紹介されているので、万人にお勧めできる登山ガイドである。

お奨め度★★★

4
200222_山と渓谷

特集は「登れる"カラダ"をつくる」。自身の体力についてのセルフチェックの方法、自宅で体を鍛える方法、歩き方の改善、道具の活用等について記事が掲載されている。地味な内容だが、登山を「楽しむ」ためには必要な内容である。早速セルフチェックをしてみたら、予想以上に体力が不足していることを知って愕然とした。早速その日からエクササイズを始めった。結構キツイが、山で楽しむこと、安全に登山することを考えれば、エクササイズは必要だと思う。

お奨め度★★★★

↑このページのトップヘ