もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:ゲーム > SFアニメゲーム

写真99


同人誌、同人ゲームの通販でお馴染みの メロンブックス で、「決戦!ア・バオア・クーDX」の取り扱いを開始しました。

詳しくは-->こちら

メロンブックスさんでの取り扱いは、今の所「決戦!ア・バオア・クーDX」のみですが、もし売行きが良ければ他の作品の取り扱いも検討したいと思います。

よろしくお願いいたします。

イメージ 8



5年前に発売開始し、2年前に絶版になった「決戦、ア〇オアクー」DX版ですが、この度再版することになりました。

今回の変更内容は 以前の記事で紹介した 通りですが、
 1)カウンターのレイアウト見直し
 2)カウンターに全て英語表記を追記
 3)ショートシナリオの追加
です。

2023年5月のゲームマーケット2023春でも発表の予定ですが、通販にも対応しております。
通販を希望される場合は、こちらの記事 をご参照下さい。

それでは、今後とも「決戦、アバ〇アクー」DX版を宜しくお願いします。

G_Unit1a2

G_Unit1a3


G_Unit1a4

こちらはマップ。基本的なデザインは変わっていませんが、所々を英語表記にしています。

Map




「決戦!アバ〇アクー」の第2版を準備中です。
今回、基本的には初版と同じにしていますが、主な変更箇所は以下の通りです。

 ・カウンターのレイアウトを見直し。前回は数値を端に寄せすぎてギリギリだったので、数値その他をカウンターの真ん中付近に移動させました。これでレイアウトに余裕が出るはず
 ・カウンターに全て英語表記を追記しました。まあRX-78とMS-06は今までも英語だったのですが、「要塞兵器」とか「ミノフスキー粒子」等が日本語表記だったので、全てに英語表記を併記することにしました。理由は英語圏の人たちにもプレイしてもらいため。ルールブックも当面は日本語のみですが、今年中に英語版のルールブックを無料配布できるようにしたいと思っています。
 ・別の場所で発表したショートシナリオを追加する

まあこんな感じですかね。
現在作成中のカウンターシートはこんな感じです。

G_Unit1a2

G_Unit1a3


G_Unit1a4

「決戦!アバオ〇クー」第2版は、5月のゲームマーケットに間に合わせるべく準備中なので、乞うご期待下さい。




compass1645817376


昔、「太陽の牙ダグラム」というアニメ作品があった。
キャラクターの造形的にはあまり好きではないし、ストーリー的にも主人公側には思い入れできない(こいつら、結局の所、ただのテロリストじゃね?)。
そういえば、以前に読んだ 大田垣氏の漫画 では、テロ行為を主人公が正当化しているような発言があって、面白かったなぁ・・・。

ただ、この作品、僕的にはすごく気にいっている所がある。

それはメカ設定だ。

特に敵役、地球連邦側に登場する多彩なコンバットアーマー(本作に登場する戦闘用ロボットの呼称)たちだ。序盤では主人公達も搭乗して暫定主力機であった「ラウンドフェイサー」(作中では「ソルティック」と呼ばれていた)。初めて登場した複座型の二足歩行機で性能面では主人公機に匹敵すると言わしめた「ブロックヘッド」(それでも登場回でアッサリ撃破されるのは、お約束)。重装甲と大火力で主人公を苦しめ、後にはゲリラ側の主力機となった「ヘイスティ」(これも作中では「アイアンフット」と呼ばれていた)。そして砂漠戦で主人公機を圧倒した「デザートガンナー」等等。
これらのメカ達が大活躍できる場面をゲームで再現できないものか・・・。

現在構想しているのは、1機1ユニットの戦術級ゲーム(戦闘級という呼称は好きではない)。歩兵は1チーム1ユニットで、太陽の牙は1ユニット、連邦軍は1個分隊ぐらいか・・・。

問題はシナリオ。基本的には原作のものから面白そうなシチュエーションをいくつかピックアップしてみたいが、連邦軍兵士が「コンバットに登場するドイツ兵」みたいに倒されるような場面をゲーム化するのも面白くない。とはいえ、主人公側が連邦軍の物量攻勢に潰されるようなゲームもどうかなぁ・・・。原作から持ってくるシナリオと、あとはこちらで想定したシナリオ(ウルナ基地版乱後で反乱軍が成立した後の中隊規模同士の遭遇戦や、スタンレー高地の戦いで主人公達が登場しない場面等)を組んでみようか・・・。

あと、パイロットの練度ルールだが、「ダグラム」では「ガンダム」ほどには主人公達と雑魚キャラのパイロット練度に差がなく、ゲーム化する際には有難い(あまりに能力差があり過ぎると、ゲームとしては成立し辛くなる)。とはいえ、パイロット能力差も完全に無視するのも興ざめなので、一般的なレベルでもパイロット能力の差はルール化したいと思っている。

という感じで構想してみたが、果たしてどうなることやら。1ユニット1機に拘らず、例えば小隊規模にしてスタンレー高地の攻略戦に絞ってゲーム化してみるのも面白いかも・・・。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダグラムアーカイヴス [ モデルグラフィックス編集部 ]
価格:4,730円(税込、送料無料) (2023/11/19時点)


太陽の牙ダグラム メモリアルブック
Get truth 太陽の牙ダグラム(1) (ビッグコミックススペシャル)
Get truth 太陽の牙ダグラム(2) (ビッグコミックススペシャル)
Get truth 太陽の牙ダグラム(3) (ビッグコミックススペシャル)

最近のアニメ作品については詳しくないので「オッサン視点」と開き直って書きます。 今でいう所の「ファースト・ガンダム」って実はすごくウォーゲーム化しやすい作品なのではないかと思っています。実際、出版されているウォーゲームもファースト・ガンダムのものが多いように思えます。
で、今回、何故「ファースト・ガンダム」がウォーゲーム向きなのか、ついて考察してみました(大した考察じゃないけどね)。

一応、その理由について3点を挙げてみました。

1)全面戦争であること。
2)敵味方の実力がある程度拮抗していること。
3)敵味方が諸兵科連合であること。


1)全面戦争であること

分かりやすい反例が「Zガンダム」とか「ダグラム」「ボトムズ」ですね。これらの作品は戦術レベルではゲーム化可能なのですが、作戦レベル以上になるとゲーム化が難しい。

2)敵味方の実力がある程度拮抗していること

反例としては「イデオン」「ヤマト」「マクロス」等が挙げられます。「ヤマト」は全面戦争には違いないのですが、「ヤマト」がいない所では地球側が弱すぎ、逆に「ヤマト」がいると敵側が弱すぎるということで、実力が拮抗していません。「マクロス」も全面戦争には違いないのですが、敵が巨大過ぎてゲームにはなりません。

3)敵味方が諸兵科連合であること

実はこれが結構重要なのではないかと。ガンダム、ガンキャノン、ガンタンクと性格の異なる機体が登場し、さらにコアファイター、Gファイター、ガンベリー、ホワイトベース。主役側だけでもこれだけ多彩な兵科が登場するので、その組み合わせが面白い。さらにスケールを広げると、地球側にはマゼランやサラミス、ジムにボール。敵側にも各種宇宙戦艦やモビルスーツだけではなく、戦闘機や戦車、突撃艇まで多彩な陣容。これだけ組み合わせがあるとゲームとして楽しい。
例えば「ダグラム」や「バイファム」等と比較しても一目瞭然。「銀英伝」も上記1)2)は満足しているのですが、兵器の多彩さではやや見劣りします。さらに同じガンダムシリーズでも、SEEDとかも味方側のバリエーションが乏しいのが難点かな(SEEDはあまりちゃんと見ていないので、上手く料理すれば面白いウォーゲームに化けるかも)。

余談ですが、「ダグラム」って第5話、第6話あたりをゲーム化すると結構面白いかも・・・。

結論

ちなみに「ファースト・ガンダム」以外で1)2)3)に該当する作品と言えば・・・、作品全体ではないのですが「宇宙戦艦ヤマト2」の地球vs白色彗星があげられます。「ダンバイン」は兵器の多彩さがやや微妙かな。

まあ、そんな所です。

あとおまけとして、ストーリーがあまりぶっ飛んでいないというのも大事かも。
「リックドム12機が全滅、3分も経たずにか・・・」
と驚いているぐらいなら良いのですが、
「敵の戦艦250万隻、波動砲の一撃で全艦戦闘不能」
とかいうレベルだと、もう戦争じゃないです。

ガンダムでも比較的新しい作品はぶっ飛んでいる事例が多くてゲーム作る側としてはあまり興味がそそられません(イグルーの後半部分とか・・・)


↑このページのトップヘ