もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ: ゲーム

230107_マンシュタインの切り札


「マンシュタインの切り札」は、2016年に国際通信社から発売されたシミュレーション・ウォーゲームです。
テーマは1943年1~3月に行われた第3次ハリコフ攻防戦です。
今回、「マンシュタインの切り札」の対戦記録を収録したYouTube動画を作成しました。
お楽しみ頂ければ幸いです。


イメージ 19



Ukraine'43(以下、本作)は、1943年8月~11月にかけてウクライナにおけるソ連軍の攻勢を扱うシミュレーション・ウォーゲームである。ウクライナといえば、2022年に開始されたウクライナ戦争で戦場となった地域で、本作でもハリコフ(ハリキウ)、ザボロジェ(ザボリージャ)、キエフ(キーウ)、ヘルソン、マウリポリといったウクライナ戦争での激戦地がマップに収められている。
今回はVASSALを使ったソロプレイで、プレイするシナリオはシナリオ1「ジューコフ攻勢」。このシナリオは1943年8月~9月にかけて実施された「ルミャンチェフ攻勢」を再現するもので、ソ連軍の目標はハリコフの占領とドンバス地方での支配領域拡大である。まさに2022年のウクライナ侵攻を地でいくような戦いだが、果たして・・・。

Turn00a01
Turn00a02

1Turn(1943年8月5日)

ソ連軍プレイヤーTurn

RU_S25_ArtDこのTurn、ソ連軍は大規模な砲兵支援を受けた大攻勢を仕掛ける。ドイツ側も強力な陣地帯に籠っているがソ連側の物量攻勢が数の力でそれを押しつぶしていく。

まず戦線北部のスミー(Sumi 3407)では、1-1の低比率攻撃とソ連第1戦車軍が主体となった5-1の高比率攻撃(ジューコフ将軍の苛烈な指揮もあった)が上手くハマってドイツ軍2個歩兵師団を撃破。要域スミーを占領して早くもソ連軍が1VPを獲得した。

Turn01a01


要域ベルゴロド(Bekgorod 4409)西方ではヴォロネシ方面軍が第5親衛戦車軍を初めとする大軍で攻勢を行い、2個所の高比率攻撃でドイツ軍2個歩兵師団を撃破。ドイツ軍の陣地線を突破した後、さらにドイツ軍2個装甲師団(第7装甲師団、第19装甲師団)を機動強襲で撃破。ベルゴルド西部で大きくドイツ軍戦線を食い破った。

Turn01a02


ベルゴルド東部では、ステップ方面軍は2個所で低比率攻撃を実施し、ソ連第1機械化歩兵軍団(7-8-6)がドネツ川の渡河に成功。ベルゴルド南翼を突破し、ベルゴルド周囲でドイツ軍3個師団を包囲した。

さらにその南、イジウム付近の湾曲部では、ソ連第23戦車師団(7-6-6)を主力とするソ連軍が1-1の戦闘比でドイツ軍2個師団を撃破。イジウムの渡河点を確保した。

Turn01a03


戦線南部、ドンバス正面では、ソ連第1打撃軍を主体とする3-1攻撃でドイツ歩兵師団を撃破。ここに突破口を開いた。

Turn01a04


ドイツ軍プレイヤーTurn

GE_325_503Tigerいきなりドイツ軍は苦しい立場に立たされている。ドイツ軍2個所で反撃を実施。ハリコフ前面では虎の子ティーガー重戦車大隊を投入して5-1で必勝の攻撃を仕掛けたが、出目は最悪の1。結果はDRX。マンシュタインによる振り直しを行ったが、この時も出目1。まさに「虎の子」ティーガー重戦車大隊が初戦で失われたのは、ドイツ軍にとっては辛い。

Turn01b01


イジウムでは精強な第5SS装甲師団「ヴィーキング」(12-10-7)を含む戦力で3-1の攻撃を仕掛けてDRの結果を得たが、ソ連側の断固たる防御が成功し、イジウムからソ連軍を排除するのに失敗した。

Turn01b02


2Turn

ソ連軍プレイヤーTurn

RU_896_3GdMC先のTurn、鉄道末端マーカーを前進させ忘れた。ソ連軍補給フェイズに各マーカーが最大2Hexまで前進可能なので、前進する。
続いて砲兵ユニット3個を表に向ける。

ソ連軍の攻勢である。まずスミーの北方を歩兵3ユニットで攻撃する。1-1の低比率攻撃だが、出目に恵まれて結果はDR。地形が悪いのでドイツ軍は後退する。

その南、スミーとベルゴルドの間では、第5親衛戦車軍を主力とするソ連軍機械化部隊が3ヶ所で攻勢を実施。ダイス目にも恵まれていずれも攻撃成功。ドイツ軍は必死の「断固たる防御」を試みたが、こちらはダイス目に恵まれずに失敗。大きく突破口を開けられた。

Turn02a01


ベルゴルドでは、同市を守るドイツ第167歩兵師団(5-7-4)をソ連軍が包囲攻撃。砲兵支援の元、3-1で攻撃を仕掛けてDRの結果を得たが、ドイツ軍が死守に成功してベルゴルドは守り切った。
戦線中央のイジウム付近では、ソ連軍が突破口拡張のため3ヶ所で攻勢を実施。損害を被りながらも2個所で戦線に突破口を広げた。

Turn02a02


南方では、タガンログ(Taganrog 5832)北部の戦線屈折点を守る弱体化したドイツ軍第302歩兵師団(2-5-4)に対してソ連軍第4騎兵師団(5-7-6)歩兵2個師団が戦車旅団と航空支援を受けて1-1で攻撃を受けたが。ここはドイツ軍は奮戦してソ連軍を撃退(A!)。タガンログ北方を守り切った。

ただしドンバス正面では、ドイツ軍第3SS装甲師団「トーテンコップ」が守る高台をソ連軍が1-1の低比率攻撃を実施。出目に恵まれて結果はD1。ドイツ軍は死守を試みるも、こちらは出目に恵まれずに失敗。ドイツ軍歩兵師団1個が包囲され、退路が断たれた。

Turn02a03


ドイツ軍プレイヤーTurn

GE_987_6PzDドイツ軍は反撃というよりは戦線整理のために4ヶ所で攻撃を実施した。そこそこ攻撃自体は成功したものの、ギリギリで戦線を支える状態である。なお、ハリコフで構築中の陣地はこのTurnに完成した。

3Turn

ソ連軍プレイヤーTurn

RU_226_T34-1このTurn、ソ連軍の目玉はハリコフの包囲網完成である。ハリコフを包囲し、その補給線を遮断できれば、1個軍相当のドイツ軍を包囲できる。まさにスターリングラード戦の再現だ。

まず北方ではドイツ軍の目を引き付けるため、第1戦車軍がスミー西方で攻勢を実施。

そして本命のハリコフ後方では、ハリコフ西方でソ連第5親衛戦車軍がドイツ第39歩兵師団(4-7-4)を撃破。ハリコフの後方を遮断。さらにイジーム方面から突破してきたソ連軍部隊を連結し、ハリコフ包囲が完成した。

Turn03a01


ドイツ軍プレイヤーTurn

GE_657_7PzDドイツ軍としては、ハリコフ包囲を解囲するのが兎に角の目標になる。しかし反撃兵力は明らかに不足しており、包囲解囲の可能性は厳しい。
それでも北方から個別反撃。南方からはSS装甲軍団がハリコフ目指して反撃を仕掛ける。ドイツ軍の反撃はギリギリで成功し、なんとかハリコフへの補給線を解囲した。
さらに包囲下にあるベルゴルドのドイツ軍歩兵師団は、ソ連軍の2-1攻撃を見事に撃退し、さらに包囲下の損耗チェックにも耐えて、ベルゴルドを守り抜いた。

Turn03b01


つづく

221224b_Undaunted


Undauntedノルマンディは、米国OSPREY GAMES社が発売し、アークライトが日本語化したユーロ系ウォーゲームです。今回、このゲームをプレイする機会があったので、動画を作ってみました。
お楽しみください。

20221224_Stalingrad42

とあるゲーム例会。12月下旬のそれは「バルジ例会」と呼ばれ、ドイツ軍のアルデンヌ攻勢、いわゆる「バルジの戦い」にまつわるゲームを集中的にプレイするのが通例となっていました。

ところが、この日、トラブル発生。我々がプレイする予定のゲームを実は「誰も持ってこなかった」事件発生。まあ単なるコミュニケーション・エラーなので「誰が悪い」ということではないのですが、さあ困った。

ただ「災い転じて福となす」の言葉通り、12月の戦いはバルジばかりではない。スターリングラード攻防戦があるではないか。しかも2022年に発売されたStalingrad'42(GMT)Expansionがある。このゲーム、42年12月のWinter StormからLittle Saturn作戦、そして翌年のソ連軍大攻勢とスターリング陥落までを楽しめる豪華なもの。しかもルールはシンプルで明快。こういうチャンスにプレイするのも悪くない。

という訳で、早速プレイしてみました。私はソ連軍の北方担当、今回の主役です。その戦いぶりは以下の動画を参照してください。



感想ですが、とにかく面白い。主役は勿論ソ連軍ですが、ドイツ側も反撃の機会があり、両軍とも十分に楽しめます。ルールもシンプルでわかりやすく、ルールで迷う場面は殆どありませんでした。
このゲームも是非再戦したい1作です。

F-14A_VF-211_SectionTop


最近嵌っているRed Storm - Baltic Aooroaches(以下、本作)である。
今度は米空母艦載機が登場するシナリオをプレイしてみる。シナリオ23「Danger Zone」だ。スウェーデンに侵攻したソ連軍。そこに補給物資を運ぶソ連軍輸送船団に対して米空母航空団が攻撃を仕掛けるシナリオだ。ここに来ていよいよ本命、米空母機動部隊が登場することになる。「Danger Zone」というタイトルも、米空母の活躍を予感させるものになっている。
今回、私はソ連軍を担当し、無敵の米空母部隊を迎え撃つ。

前回までの展開 --> こちら

14Turn

ZZ_SAMLaunchまるで「利根4号機」のような活躍。
米攻撃隊最先端でソ連艦隊をレーダー捜索し続けていたS-3Bヴァイキングに、ソ連新鋭駆逐艦「ベズプレーチュヌイ」(ソブレメンヌイ級)の発射した艦対空ミサイルSA-N-7bが命中した。炎に包まれて落ちていくヴァイキング機。米攻撃隊にとっては貴重な「眼」が失われたことになる。とはいえ、既にソ連艦隊の多くがヴァイキングの活躍で発見状態になっており、やや手遅れの感が否めない。

そしてソ連軍は、MiG-23MLD 2機を米攻撃隊に突入させ、一番厄介なEA-6Bプラウラーに対してBVR(視認距離外)ミサイルで攻撃を仕掛ける。米攻撃隊が随伴しているプラウラー機は計2機。そのうち1機は先に長距離SAMの攻撃によって撃破したので、残りは1機。これを撃墜又は撃破すれば、米攻撃隊の電子妨害能力は大幅にダウンする。これまでF-14トムキャットを恐れて逃げ回っていたWP軍戦闘機にのって、まさに乾坤一擲の反撃であった。

が、
ソ連戦闘機による攻撃は見事にスカ。ソ連側にとって千載一遇のチャンスを逃してしまう。

Turn14a


15Turn

US_F14_Maverickソ連側は諦めない。今度はポーランド空軍のMiG-23 4機がEA-6BにBVRミサイル攻撃を仕掛ける。しかしまたもや攻撃は「スカ」。そしてF-14トムキャットが翼を翻してMiG-23に迫ってくる。混戦状態であったためトムキャット自慢のフェニックスミサイルは使用できないが、至近距離からMiG-23に対してドッグファイトを仕掛けていく。マーベリック・チームとアイスマン・チームの計4機のトムキャットは、数に勝るMiG-23相手に優位に戦いを進め、2機撃破の戦果を挙げた。トムキャットは1機が損傷する。

Turn15a

16Turn

NATO_ASM_906先に発射されたハープーンミサイルがソ連艦隊に到達した。ソ連艦隊は艦対空ミサイルでハープーンの迎撃を試みるが、プラウラーによるジャミング、友軍戦闘機誤射の危険、そして対艦ミサイル迎撃自体の困難さが相まって、困難を極めた。それでも12発のミサイルのうち3発を撃墜することに成功するも、残り9発のミサイルがソ連艦隊に殺到する。
対艦ミサイル2発がカニン型駆逐艦に命中。同艦は轟沈する。他にクリヴァク型フリゲート艦の2隻が、それぞれ4発、2発のハープーンが命中。両艦とも沈没する。僅か12発の対艦ミサイル攻撃で、1隻のミサイル駆逐艦と2隻のミサイル・フリゲート艦が瞬時に失われてしまった。

PO_MiG23_Sarna先にトムキャットと交戦していたポーランド空軍のMiG-23は、トムキャット隊が混乱している隙を突いて交戦空域を突破し、EA-6Bプラウラーに格闘戦を仕掛けた。トムキャットに劣るMiG-23であったが、亜音速の電子戦機に比べるとその性能は圧倒的であった。そもそも電子戦機や哨戒機が戦闘機と戦って勝てるハズもない。プラウラーは、MiG-23の放った23mm機関砲の斉射を浴びて空中に四散した。ソ連艦隊を苦しめ続けた電子妨害機を、漸く一掃したのである。

ただ、MiG-23の大金星は、やや遅きに失した感があった。

Turn16a


US_A7_Shebaハープーンミサイルに引き続いて侵入してきた米軍の攻撃本隊は、A-7Eコルセア12機からなるが、これがミサイル攻撃を受けて混乱するソ連艦隊の防空スクリーンを飛び越えて、その後方にあるソ連輸送船団を攻撃する。
最初の編隊4機がマーベリック短距離ミサイル数発を発射。それが輸送船2隻に命中し、忽ち輸送船は大破する。
第2編隊4機も同じくマーベリックミサイルを発射。ロプチャー型LSTの1隻が沈没し、もう1隻が大破する。
そして最後の4機が突入態勢に入ろうとした時、ポーランド空軍のMiG-21がコルセア機に襲いかかった。旧式のMiG-21であったが、それでも爆装した攻撃機よりは遥かに強かった。コルセア隊はミグの攻撃を回避するのが精一杯で、爆装を投棄。攻撃の機会を失う。

A-7E_Corsair


この段階で概ね決着がついたとして、今回のプレイは終了とした。ここまでのプレイ時間は、休憩時間を除いて8時間半であった。

両軍の損害

WP軍の損害

沈没:ミサイル駆逐艦1隻、ミサイル・フリゲート艦2隻、LST1隻
大破:輸送船2隻、LST1隻
航空機損傷:MiG-23 2機

米軍の損害

航空機撃墜:F-14A 1機、EA-6B 2機、S-3B 1機
航空機損傷:F-14A 1機、A-7E 1機
戦死/行方不明:7名、捕虜:1名

NATO軍VP:2(航空機)+72(艦船攻撃)=74VP
WP軍VP:26(航空機、搭乗員)+32(輸送船生き残り)+3(ASM撃墜)=61VP
差が13VPでNATO側の勝利、ただし戦果確認の偵察が完了していないので、仮に戦果確認の半数に失敗したと仮定すると、引き分けになる

感想

うーん、かなり頑張ったような気がしたんだけど、これで「負け」と言われても、少し納得できないと思ってしまう。圧倒的な米艦載機を相手に、高価な電子戦機2機を含む4機を撃墜。米攻撃隊の1/3を無力化したにも関わらずだ。対艦ミサイルにせよ、EOGBによる対艦攻撃にせよ、防御側としては「どうしようもない」ほど圧倒的であり、如何ともし難い。敢えて言わせ貰えば、仮に私が今回の状況で米側を担当すれば、1機も失うことなく作戦遂行する自信がある。

これまでいくつかのシナリオをプレイしてみたが、全般的には対艦攻撃が容易すぎると思う。いくら精密誘導兵器とはいえ、100発100中に近い対艦ミサイルの命中率は違和感を禁じ得ない。あのフォークランド紛争ですら対艦ミサイルの実質的な命中精度は50%程度に過ぎなかったのだから。もう少し対空砲火による対艦ミサイル対処の可能性を高めた方が良いように思う。特にCIWSについては、もう少し「当たって」欲しいなぁ。現状のルールだとCIWSによるで対艦ミサイル阻止に多くは期待できない。

今回の反省として、ハープーンが接近してきた時にSAMによる迎撃が有軍機の存在によってかなり制約を受けてしまったことがある。基本ルールでは、SAMの目標から4Hex以内に有軍機が存在していると、友軍誤射を恐れるという意味でSAM発射ができないのだ。しかし15.3項の選択ルールを使うと、友軍誤射の危険があるケースでもSAM発射が可能になる。そこで次回プレイ時に艦船側を担当する時は、事前調整で15.3の選択ルールを採り入れるように調整してみたい。

まあ色々書いたが、ジェット戦闘機や対艦ミサイルによる対艦攻撃は、他のゲームではなかなか味わえないテーマと言える。そういった意味で本作は極めてユニークな作品であると言えよう。機会があれば、1980年代日本近海バージョンを作ってみたいが、著作権の問題とかあるから難しいかも・・。英語で著作権交渉とか、敷居が高そうだし・・・。(個人での遊び用としてVASSALでコッソリ作るか・・・。)

Sovre

F-1

↑このページのトップヘ