もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:世界の軍隊 > 旧日本陸軍・海軍

5
211218_日本軍兵士

日本軍兵士-アジア・太平洋戦争の現実

吉田裕 中公新書

「太平洋戦争で日本軍は善戦した」「連合軍は日本軍兵士の戦いぶりを驚嘆した」等とはよく言われる。自国民や戦争に参加した人たちだけではなく敵である連合軍側からも同様の評価がなされることがある。陸海軍を問わず旧日本軍にある種の「精強さ」を評価する向きがあることは否定できない。しかし「精強さ」の裏でどのような悲惨な死があったのか。そしてそれらを生み出した日本軍の組織的な欠陥とは何だったのか。本書はそのような事実に着目し調査した著作である。
本書はまず日本軍兵士の「死に方」に着目する。個々の兵士がどのような「死に方」をしたか、については、細かいデータが存在していないため実数は不明である。しかしいわゆる純粋な意味での「戦死」の割合は極めて少なく、その大半が戦病死、つまり病死であったとする筆者の主張は衝撃的だ。例えば日中戦争の段階(1941年12月まで)のデータでも戦病死の割合は50%以上となっており、中国戦線を戦い抜いたある連隊の場合、戦病死の割合が73%にのぼるという。補給面で比較的恵まれていたとされる中国戦線ですらこの数値なのだから、補給の断たれた太平洋の島嶼戦や悲惨の代名詞とされるインパール戦等はもっと割合が増えるであろう。その原因は日本軍の衛生観念の低さや衛生対策の遅れ等が挙げられているが、戦闘力至上主義の弊害と読み取ることもできる。
さらに純粋な病死以外にも、例えば自殺者や事故死(軍隊内のイジメにより死亡に至ったもの)、さらに輸送中の海没、さらには特攻による強制自殺等も含めると、日本軍における「名誉の戦死」の実態が実は陰惨なものであったことが浮かび上がってくる。
またこのような悲惨な実態を生み出した背景には、日本陸海軍の急速な規模拡大を挙げることができる。「精鋭主義」を打ち出していた日本陸海軍の規模は、1930年の段階で陸軍20万人、海軍5万人の計25万人。それが太平洋戦争終結時の1945年には陸軍550万人、海軍170万人の計720万人まで膨れ上がり、実に30倍規模に膨れ上がった。このような「大衆化」した軍隊で「精鋭主義」が通用する訳がないのだが、そのような事態を直視して本質的な対策を打たなかったことが悲惨な事態を招いたと言えよう。
日本軍の「強さ」について改めて見直してみるには良い著作だと思う。

お奨め度★★★★★

余談だが、戦後に所謂「戦記」物の著者はほとんどが「25万人」のグループに属しており、その中でもさらに一部のエリート層であったことは覚えておいて損はない。そしてエリート達の作文が、「残り720-25万人」の思考に全く及ばなかったことは、大岡昇平、山本七平らの作品を見れば明らかである。

4

211105_日本陸海軍


なぜ日本陸海軍は共に戦えなかったのか

藤井非三四 光人社NF文庫

今や「海軍善玉説」は色褪せて久しいが、本書でもいわゆる「海軍善玉説」に対する反例が次々と提示されている。例えば昭和時代に軍部が暴走した件について、満州事変や2.26事件は陸軍が「主犯」と言えるが、5.15事件は海軍が主犯である。さらに昭和初期に急進的な先軍思想に走ったのは、海軍の特に航空関係者だったというのは驚きだ(あの真珠湾攻撃の戦闘隊指揮官、板谷茂も危険人物としてマークされていたという)。
本書では明治、大正、昭和という時代の中で、陸海軍の統合作戦思想がどのように育まれ、どのように崩壊していったかを記している。特に重要なのが日露戦争末期から大正時代にかけての海軍予算偏重で、八八艦隊という分かりやすい「宣伝」を行った海軍が予算の多くを取得していたという。それは八八艦隊がワシントン条約で廃棄された後でも続いていた。その結果、日本陸軍の装備更新は進まず、旧態依然とした装備のままであった。
よく日本陸軍の旧式装備が批判されるが、海軍が予算の大半を独り占めしている状況で、しかも装備品以外の予算が多くを占める陸上部隊にとって、装備更新が進まなかったことを陸軍のみの責とするのは一面的過ぎるといえる(いわんや「日露戦争で史実よりも日本陸軍が大敗したから海軍の発言権が増えて八八艦隊が実現した」等という仮想戦史等は寓話に等しい、というか寓話そのものだけど・・・)。
さらに本書では太平洋戦争における戦いぶりにも触れ、その中で陸海軍の統合作戦が崩壊していく様を記している。本書によれば、第2段階作戦以降では主に海軍側の作戦構想に陸軍が引っ張られる形となり、しかもそれが失敗を繰り返したために陸軍部隊の多くがその犠牲になったという(ガダルカナルやアッツ島)。陸軍は失敗を繰り返す海軍に不信感を抱き、それが感情的なしこりとなって統合作戦の阻害要因になったとしている。つまり「陸海統合作戦失敗の主要因は海軍側の作戦失敗だが、それに対して「大人の対応」ができなかった陸軍も褒められたものではない」というの本書の出張と言えるかもしれない。

お奨め度★★★★

3

210930_日本失敗の研究

日本陸海軍失敗の研究

歴史街道編集部 PHP研究所

「歴史街道」という雑誌に掲載された記事を再編集したもの。日本陸軍、日本海軍、そして終戦工作の3つの項目に整理された計15編が掲載されている。1つ1つの記事は短いが、例えば戦時中に密かに進められてきた和平工作の話など、興味深い記述がいくつかあった。
短い記事が中心なのですき間時間に読める著作である。

お奨め度★★★

3

210722_日本海軍の水雷戦隊

世界の艦船2020年11月号増刊:日本海軍の水雷戦隊

海人社

最近は様々な増刊シリーズでバリエーション拡大を図る世界の艦船シリーズだが、今回は日本海軍の水雷戦隊が対象である。写真記事は、日本海軍水雷戦隊旗艦を務めた巡洋艦と駆逐艦の全タイプについての解説。本文記事は日本水雷戦隊の編成と戦史に関する記事である。記事は過去の世界の艦船史から抽出したものが多く、昭和時代の記事も多い。特に目新しい内容はなかったが、読みものとしてはそこそこ面白かった。

お奨め度★★★

3
210612_世界の艦船

世界の艦船:傑作軍艦アーカイブ(11)-空母「赤城」「加賀」

傑作軍艦アーカイブシリーズも早11作目。近年はAmazon Unlimitedで無料で読めるので、重宝している。2000円以上と考えれば高いが、無料(実際には月額を支払っている)と考えれば安い。
本書は日本海軍の空母では最大級かつ最も初期の艦である「赤城」と「加賀」に焦点を当てた内容である。本書の魅力は数多く掲載されている写真にあり、特に三段空母時代の写真は見応えがある。
記事の方は「赤城」「加賀」の船体、機関、兵装、搭載機に関するものから、もし両艦が当初の予定通り巡洋戦艦、戦艦として就役した場合の評価など、多岐に渡っている。
定価で買うにはコスパが怪しいが、無料に近いと考えればそこそこ読み応えのある内容と思える。

お奨め度★★★

↑このページのトップヘ