もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ: 世界の軍隊

240430_ミリクラ

Military Classics Vol.85

イカロス出版

特集は「蒼龍・飛龍・雲龍」。何度か取り上げられているとは思うが、日本海軍の中型空母シリーズである。内容的には特に目新しい所はなく、飛行長の実務内容について詳しく紹介している記事が面白かった。第2特集のM3スチュアートは、本誌には珍しい連合軍側の特集記事。これは今まで取り上げられる機会がなかったアイテムなので、興味深かった。できれば本誌でも連合軍側についてもう少し取り上げる機会を増やしてほしいと思うのだが、ムリだろうなぁ

お奨め度★★★


MILITARY CLASSICS (ミリタリー・クラシックス)Vol.85(2024年春号)-特集:蒼龍・飛龍・雲龍
MILITARY CLASSICS (ミリタリー・クラシックス) Vol.84(2024冬号)-特集:IV号戦車
MILITARY CLASSICS (ミリタリー・クラシックス) Vol.83(2023年秋号)-特集:三式戦闘機/五式戦闘機
MILITARY CLASSICS (ミリタリー・クラシックス) Vol.82(2023年夏号)-特集:丙型・丁型海防艦
MILITARY CLASSICS (ミリタリー・クラシックス) Vol.81(2023年春号)-特集:ドイツ突撃砲・突撃戦車

3
240301_日本海軍航空史1

日本海軍航空史(1)用兵編

日本海軍航空史編纂委員会 時事通信社

旧海軍の航空関係者が、旧海軍航空の実態について記した著作である。第1巻用兵編では、主に海軍航空の発展と用兵思想、術力について述べられている。3部構成で、第1部「海軍航空の歩み」、第2部「海軍航空用兵思想の変遷」、第3部「航空術力の錬成」となっている。1冊で1000ページ近い大作で、海軍航空関係者の思いがこもった1冊と言える。海軍航空者自身の回想なのでやや身内に甘い感は否めない。特に特攻作戦については「特攻を悪く言うな」という思いがヒシヒシと伝わってくる内容であった。本書の主張をどう考えるかは読者次第だが、海軍航空関係者が海軍や海軍航空についてどのような考えを持っていたかを知るには良書である。また当事者自らの回想という意味では史料性も高い1作だ。


2

240315_歴史群像

歴史群像2024年4月号

学研

特集は「戦艦武蔵建造」。他に2つ特集記事があったが、正直な所、いずれも今ふたつだった。今回面白かったのは台湾空軍の分析記事。他にはC-47スカイトレインの記事、独立戦争におけるワシントンの活躍等が面白かった。

お奨め度★★

歴史群像 2024年4月号-戦艦武蔵建造
歴史群像 2024年2月号-中東戦争航空戦1948-73
歴史群像 2023年12月号-日本機動部隊
歴史群像 2023年10月号-特集:ドイツ空軍の東部戦線
歴史群像2023年8月号-マリアナ沖海戦
歴史群像 2023年6月号-日本海軍駆逐艦全史
歴史群像 2023年4月号-海上護衛戦
歴史群像 2023年2月号-日本巡洋艦
歴史群像 2022年12月号-比島攻略作戦
歴史群像 2022年10月号-NATO軍vsワルシャワ条約軍


3
240320_センチュリー

センチュリーシリーズ写真集

イカロス出版

米空軍が採用したジェット戦闘機のうち、F-100スーパーセイバーからはじまる一連の戦闘機群をセンチュリーシリーズと呼びます。その内訳は実用戦闘機であるF-100、F-101、F-102、F-104、F-105、F-106の計6機種と、詩作のみで終わったF-107ウルトラセイバー、そして計画のみに終わったXF-103、XF-108がありました。
本書はセンチュリーシリーズの写真集で、特にF-100からF-107までの各機種について様々な写真を掲載している。思い返せば幼少期、当時最新鋭だったF-15やF-16に比べてどこか野暮ったいと感じたセンチュリーシリーズの各機。しかし今写真を見返してみると、その姿が美しいと感じるから不思議です。特に子供の頃に不細工だと思いこんでいたF-101やF-105がカッコいいのなんの。気になる方は是非ご一読下さい。

お奨め度★★★

アメリカ空軍ジェット戦闘機センチュリーシリーズ写真集

3
240216_ミリクラ

Military Classics Vol.84

イカロス出版

特集は「IV号戦車」。パンターやティーガーに比べると地味だが、開戦時から終戦時までドイツ装甲師団の主役の1人として戦い続け、特に長砲身搭載型は連合軍のシャーマンやT-34に対しても十分に対抗できる性能を持っていた。さらに派生型も多く、88mm砲搭載のナースホルンや150mm砲装備のブルムベア、さらに自走砲のフンメル、対空用のヴィルベルヴィント等、バリエーションの多彩さでも他の追随を許さない。本書では、このIV号戦車の魅力を様々な視点で紹介している。IV号戦車のファンのみならず、WW2の欧州戦線に興味のある向きには、一読の価値があるだろう。
第2特集は艦上偵察機「彩雲」。開戦後に開発が始まった艦載機の中では比較的早期に戦力化できた機体である。あ号作戦などの戦歴も豊富であり、戦争末期における海軍航空隊の「眼」となった機体でもあった。
特集記事以外にも連載記事も興味深い内容であった。特に古峰文三氏の「砲兵から見た戦後戦史」は、WW2終了後におけるヨーロッパ正面での東西両陣営の対決を氏独自の視点で分析するもので、今後の内容が楽しみな記事であった。

お奨め度★★★

MILITARY CLASSICS (ミリタリー・クラシックス) Vol.84(2024冬号)-特集:IV号戦車
MILITARY CLASSICS (ミリタリー・クラシックス) Vol.83(2023年秋号)-特集:三式戦闘機/五式戦闘機
MILITARY CLASSICS (ミリタリー・クラシックス) Vol.82(2023年夏号)-特集:丙型・丁型海防艦
MILITARY CLASSICS (ミリタリー・クラシックス) Vol.81(2023年春号)-特集:ドイツ突撃砲・突撃戦車
MILITARY CLASSICS (ミリタリー・クラシックス) Vol.80(2023年冬号)-特集:Fw190/Ta152
MILITARY CLASSICS (ミリタリー・クラシックス) Vol.79(2022年秋号)-特集:高雄型重巡

↑このページのトップヘ