もりつちの徒然なるままに

ウォーゲームの話や旅の話、山登り、B級グルメなどの記事を書いていきます。 自作のウォーゲームも取り扱っています。

カテゴリ:ゲーム > シミュレーションゲーム全般


今年期待したい新作ゲームをピックアップしてみました。

CompassGames

最近新作ゲームや旧作のリバイバル作品を積極的に出版している米CompassGames社。今やウォーゲーム界の台風の目となりつつある当社ですが、そのラインナップには期待したい作品がずらりと並んでいます。

The Third World War, Designer Signature Edition

今年期待の大本命です。いわずとしてたGDW社往年の名作"The Third World War"のリメイク版です。既にマップやカウンターのデザインは発表されており、見ているだけで嬉しくなってきます。

3WW_Europe_Large_1600px


3WW_sheets1-4_Nov2_Page_7


カウンターを見るとイスラエル軍なども入っており、欧州方面だけではなく中東地域を扱った「ペルシャンガルフ」も含まれているようなので、期待したい所です。

3ww-cover-1200px


Blue Water Navy - World War III: The Pacific

Board Game Geek によると、既に発売されているように記述されていますが、Compass Games社のサイトを見ると、まだ発売されていないようです。 言わずもがな、 Blue Water Navy の太平洋版で、日本本土は当然として、マップには米西海岸をも含む太平洋全域が描かれています。

pic5338553


発売まではしばらく時間がありそうなので、期待して待っておきましょう。

pic5725172


The Doomsday Project: Episode Two, The Battle for the Balkans

既に何度も紹介している"The Doomsday Project"。その第2弾がこのゲームです。 前作 は東西ドイツという米ソ両陣営の「主戦場」でしたが、今度の戦場は南ヨーロッパ方面。ユーゴスラビア、イタリア、アルバニア、ギリシア、トルコと言ったかなり広い地域を扱います。地理に詳しい方なら「イタリアとトルコが同じマップに収まっている?」と聞けば違和感を感じるかもしれません。で、地図はこんな感じです。ナルホドね。

Doomsday-Balkans_Map


このゲームは既に発売済という情報もあるので、楽しみして待ちたいです。

balkans-cover


Carrier Battle: Philippine Sea

何でも「あの」マリアナ沖海戦をゲーム化した作品だそうです。かつてVictory Gamesから出版されていたCarrierのシステムを応用したソロプレイゲームとのこと。カウンターシートには「大鳳」「翔鶴」といった艦船に加えて、「赤城」「蒼龍」等の空母も含まれています。仮想戦用なのでしょうか?。またプレイヤーが担当するであろう米軍側には、航空機のユニットが含まれていますが、艦船を示すカウンターは含まれていないようです。その代わりマップ上に各空母の状態を示す欄があります。マップはこんな感じ。

ps_map_sep22_map_draft


マリアナ沖海戦をテーマにしたゲーム自体が少ないので、楽しみな作品です。

ps_boxlid_sep22_1200px


Atlantic Sentinels: North Atlantic Convoy Escort, 1942-43

英国輸送船団の護衛部隊を率いてドイツUボートと戦うソロプレイゲームです。潜水艦で輸送船を攻撃するソロプレイゲームは沢山ありますけど、その逆はあまりないので、期待大。リバー級フリゲートとか、フラワー級コルベットとか、個人的には大好きな艦がいっぱい出てきます。うわーい。

atlantic-sentinels-cover


Kontact Now: Red Eclipse

昔、AvalonHillから出版されていたFire Teamに近いようなゲームのようです。テーマは1980年代の現代戦で、1ユニットは1名から数名、1両の車両、1門の火器を表しています。1Hexは50mなので、ASLとほぼ同じスケールです。T-80とかM2ブラッドレーとかも登場するようで、結構興味をそそります。

red-eclipse-box


Dog Boats: Battle of the Narrow Seas

英海軍の魚雷艇部隊を率いて英仏海峡ドイツ海軍と戦うソロプレイゲームです。実はこのゲームは既に米海軍魚雷艇を扱った"Devil Boats"が発売されており、ドイツ海軍Sボートを扱う"Schnell Boats"も発売が予定されています。魚雷艇というやや地味なテーマなので少し様子見していましたが、なんだか欲しいなぁ。

DB_boxlid_Sept23


Sensuikan: Japanese Fleet Submarines, 1941-45

日本の潜水艦を率いて戦うソロプレイゲームです。個人的に日本潜水艦にあまり思い入れがないので今の所は購入予定はありませんが、気になる作品ではあります。

sensuikan-cover


Air & Armor: Operational Armored Warfare in Europe, Designer Signature Edition

これも現代戦ゲーム。かつてWest End Games社から出版されていた作品のリメイクです。もし他に欲しいゲームがなければこのゲームも「買い」なのですが、いやー、他に欲しいゲームが沢山あって・・・。でも・・・、やっぱり欲しいなぁ・・・。

a_a_cover_1200


Hitler’s Last Gamble: The Battle of the Bulge, Designer Signature Edition

かつてHobby Japanから発売されていた"The Last Gamble"が、3W社から"Hitler's Last Gamble"として生まれ変わり、根強い人気を博しているとのこと。それがさらに今回生まれ変わるということかな?。何にせよ30年以上にも渡ってデザインされ続けるというのは素晴らしいことです。私が購入する可能性は低いですが、まあ、近くにいる誰かさんが購入されるでしょう。

Box_top_cover


The Enemy is at the Gates: Berlin ? A CSS Game

2020年に発売された The Fulda Gap の続編で、1985年を想定した米ソ対決を中隊規模で描いた作品です。テーマは期待させるものなのですが、システムとテーマのマッチングが今一。前作の評価が低かったので、購入するかどうかは微妙な所です。

berlin_v2_box_cover-1200px


Fleetシリーズ

Compass Games社からは、Victory Games社のFleetシリーズをリメイクするという話もありますが、今の所はあまり具体化していない様子。まあ、気長に待ちましょう。

他にも

既に発売されているゲームでも、先に挙げた"Devil Boats"や"The Korean War"、"Fortress Europa"、"France 1944"、"Nightfighter Ace"、"Bitter Woods"等も横目に「美味しそうな」作品であり、今後もCompass Gamesの動きに目が離せません。

GMT Games

Compass Gamesが新作ラッシュなのに比べて、かつての雄GMT社はやや寂しいラインナップ。GMT社はマウンテッドマップやデラックス版など、個々の作品について付加価値を高めて収益を高めようという戦略にシフトしつつあるようですが、・・・・、詳しくは良くわかりません。P500の作品群を見てもリプリント系が中心で、新作が少ないのが寂しい所です。

Salerno '43

あのシモニッチ氏がデザインした最新作で、私の周囲にいる「シモニチスト」達が大いに期待しているらしい作品です。私も期待しています。2022年ではGMTで最も期待したい作品ではないでしょうか。

Salerno43


Red Storm: Baltic Approaches

私「一押し」の空戦ゲーム Red Storm の拡張キットです。デンマーク周辺のバルト海がマップ上に描かれており、対艦ミサイルを使った対艦攻撃ルール等もあるそうです。このゲームも2年ほど前から紹介されていますが、未だに出版されていません。です。

pic6471832


Pacific War

かつてVictory Gamesから出版されていたPacific Warのリメイク版です。元々のゲームは結構人気があったようですが、私はあまり好きではありません。気になる作品ではありますが、購入するかどうかは微妙な所。前作の欠点(異常に強い潜水艦、史実通りの編成が組めない(燃料が足らないため)等)が解消されていれば、再度プレイしてみても良いのですが・・・。

PacWar


Vietnam: 1965-1975

あのVictory GamesのVietnamのリメイク版だと思われます。そもそもヴェトナム戦争をゲーム化して面白いのか(空戦場面などを除いて)、という所も興味津々ですが、どんなゲームなんだろ、という興味も津々。まあ個人的に購入する可能性は低いですが、中身を見てみたい、プレイしてみたい、という気持ちはあります。

Vietnam


Barbarossa: Army Group South, 1941, 2nd Edition

実はそれほど欲しくはないのですが、他に期待したい作品がないので、尺を埋めるために入れてみました。

AGS


Avalanche Press

South Pacific

SWWaSシリーズの作品で、南太平洋における1942-43年の戦いを描いた海戦ゲームです。かつて同シリーズで発売されたSOPACの続編とのことですが、カウンター1000個以上の大作です。
このゲームも2017年頃から「出るぞ出るぞ」と言われ続けて、未だに出ていない。新手の「出る出る詐欺」とも思われますが、気長に待ちましょう。
ちなみに購入しても本当にプレイするかどうかは微妙な所です。

South_Pacific_300


MMP

うーん、新作の方にはあまり期待したい作品はないなぁ・・・。BCSはもう少しプレイしてみたいけど。

まとめ

こうしてみると、Compass Gamesが圧倒的で、今やGMT社を凌いで私にとっては「期待値最大」のゲームメーカーになった感があります。ちなみに国産ゲームが出てきませんが、無視している訳ではなく、新作情報が乏しいので取り上げられなかったということで。別に「舶来信者」ではありませんです。
(まあ国産ゲームに関する情報を積極的に収集していない、という点もあります)

新年、あけましておめでとうございます。

年末に2021年の反省を行い ました。そこで今回は今年、すなわち2021年の抱負について考えてみたいと思います。
これまで同様優先度A~Cにランク分けしたいと思います。今回も1項目毎に得点を設定し、Aは10点、Bは5点、Cは2点として、合計100点になるようにしました。
今年も合格ラインを80点以上としました。できれば90点以上で、100点も視野に入れます。
また数に押しつぶされないように「仕事を増やす」ようなアイテムは極力減らし、「やりたかったこと」「やりたいこと」を優先的に入れるようにしました。


1.優先度A

1.1 「海空戦!南太平洋1942第2版」を発表する

こちら でも宣言しましたが、「海空戦!南太平洋1942第2版」を発表します。時期的には4月のゲームマーケットを目標としたいと思っています。

海空戦!南太平洋1942



1.2 「欧州海域戦」英文ルールを作成する

これから既存のゲームについて英文ルールを少しずつ作っていきたいと思っています。その狙いは英語圏への進出で、拙作を注目してくれている海外の方が目をつけてくれたらな、と夢想しております。配布方法はネットでの無料配布を予定しています。対象として「欧州海域戦」としたのは、自作ゲームの中では比較的ルールが少なく、また新しいゲームなので完成度が高いということで選びました。

1.3 海空戦ゲームを4作品以上プレイする

昨年も取り上げました。未プレイの作品2作品以上を含むことも条件に加えます。以下のリストが主な対象になります(*は未プレイ、以下同じ)。  
     
  • GMT「Empire of the Sun」  
  • GMT「Wing Leader」  
  • GMT「Zero!」  
  • GMT「Wild Blue Yonder」  
  • GMT「Pacific War」  
  • GJ「大東亜戦争」  
  • GJ#81「米中激突、台湾海峡編」(*)  
  • GJ#40「日本海海戦1905」  
  • GJ#39「真珠湾強襲」  
  • CMJ「Victory at Sea」  
  • CMJ「Iron Bottom Sound 3」  
  • CMJ#90「ソロモンズ「キャンペーン」(*)  
  • AtO「Imperial Sunset」(*)  
  • AtO「Operation Cartwheel」  
  • AH「Submarine」(*)  
  • VG「フリート」シリーズ  
  • CompassGames「Blue Water Navy」  
  • CompassGames「Blue Water Navy - Pacific」(*)  
  • CompassGames「Carrier Battle: Philippine Sea」(*)  
  • CompassGames「Atlantic Sentinels: North Atlantic Convoy Escort」(*)  
  • CompassGames「Dog Boats: Battle of the Narrow Seas」(*)  
  • CompassGames「Slient War」(*)  
  • CompassGames「Intercepter Ace」(*)  
  • CompassGames「NightFiter Ace」(*)  
  • AvalanchePress「South Pacific」(*)


pic5725172


1.4 2022年の新作ゲーム4本以上プレイする

最近、「温故知新」の「温故」の方に軸足が強いので、「知新」にも目を向けようということで、2022年に発表された作品を4作品以上プレイすることを目標とします。この新作には、いわゆる「リメイク」作品も含めて良いことにします。候補は以下の通りです。
  • Compass「The Third World War」  
  • CompassGames「5th/7th Fleet」  
  • CompassGames「Blue Water Navy - Pacific」(*)  
  • CompassGames「Carrier Battle: Philippine Sea」(*)  
  • CompassGames「Atlantic Sentinels: North Atlantic Convoy Escort」(*)  
  • CompassGames「Dog Boats: Battle of the Narrow Seas」(*)  
  • CompassGames「The Doomsday Project: Episode 2, he Battle for the Balkans」(*)  
  • CompassGames「Air & Aromor」  
  • CompassGames「Kontact Now: Red Eclipse」  
  • CompassGames「Vietnam」  
  • GMT「Salerno 43」  
  • GMT「Barbarossaシリーズ」  
  • GMT「Red Storm: Baltic Approaches」  
  • GMT「Pacific War」  
  • AvalanchePress「South Pacific」(*)  
  • CMJの新作  
  • GJの新作


  • atlantic-sentinels-cover


    2.優先度B

    2.1 英文戦史の読破(10冊以上)

    例年通りの目標です。優先度を1つ下げました。過去に読んだものを再読するも「あり」にします。


    210609_SB2C



    2.2 自作ゲーム紹介動画を作成する

    宣伝やルール説明を兼ねてゲーム紹介用動画を作ってみたいと思います。とはいえ、こちとらズブの素人。まあボチボチやってみましょうか。

    2.3 「海空戦スターターキット」又は「水上戦No.2」を作成する

    拙作「海空戦!南太平洋1942」は、空母戦で考えられる事象をかなり「詰め込んだ」ゲームになっています。そこでルールをシェイプアップし、必要最小限に絞り込んだルールとして「スターターキット」を作成する予定です。現状のルールが基本ルール45ページなので、ルール量24ページ以下を目指したいですが、果たして・・・。配布形態についてはWebによる無料配布を考えています。
    なお、別のプランとして雑誌「水上戦No.2」にする可能性もあります。この場合は、「欧州海域戦」の新シナリオや登場艦船紹介になると思います。

    2.4 WW2ゲームを4本以上プレイする(海空戦を除く)

    昨年と同じですが、ゲーム数を少し減らしました。未プレイの作品2本以上を含むものとします。現在考えているプレイ候補は下記の通りです。 
    • GMT「Staringrad'42」  
    • GMT「Ukraine'43」  
    • GMT「Operation Dauntless」  
    • GMT「Salerno 43」(*)  
    • GMT「Panzer」シリーズ  
    • VG「Hell's Highway」(*)  
    • AH「Russian Front」  
    • SPI/HJ「Operation Typhoon」(*)  
    • SPI/HJ「Battle for Stalingrad」(*)  
    • Columbia「Rommel in the Desert」(*)  
    • GJ#4「激闘、マンシュタイン装甲軍」  
    • CMJ#70「Ukraina44」(*)  
    • CMJ「Legend Begins」


    Salerno43


    2.5 現在戦ゲームを3本以上プレイする(海空戦除く)

    昨年と同様です、そのうち1本は未プレイの作品とします。現在考えているプレイ候補は下記の通りです。  
    • CompassGames「The Third World War」  
    • CompassGames「The Doomsday Project: Episode 1, The Battle For Germany」  
    • CompassGames「The Doomsday Project: Episode 2, he Battle for the Balkans」(*)  
    • CompassGames「Air & Aromor」(*)  
    • CompassGames「Kontact Now: Red Eclipse」(*)  
    • CompassGames「Vietnam」(*)  
    • CompassGames「Korean War」(*)  
    • MMP「OCS - Forgotton War」  
    • GMT「Next War」シリーズ(*)  
    • GMT「MBT」シリーズ  
    • GMT「Twilight Struggle」  
    • GMT「Labyrinth」  
    • SPI「Fire Fight」(*)  
    • SPI「Next War」(*)  
    • SPI「NATO Division Commandor」(*)  
    • DG「Fale Safe」(*)  
    • CMJ#65「シナイ半島73」(*)  
    • AH「MBT」(*)


    3ww-cover-1200px


    2.6 プレWW2ゲームを3本以上プレイする

    昨年と同じ。上記のうち1本は未プレイの作品とします。候補になるのは以下の作品群です。 
    • GJ#75「独眼竜政宗」  
    • GJ#80「長元記」  
    • GJ「秀吉軍記」(未プレイのシナリオをプレイしたい)  
    • GJ#68「西国の雄」  
    • GJ#36「真田軍記」  
    • GJ#12「壬申の乱」(*)  
    • GJ「信長最大の危機」  
    • CMJ#83「ブルー&グレー」  
    • AH「Here Come the Rebel」(*)  
    • EP「武田騎馬軍団」(*)  
    • EP「戦国大名」(*)  
    • GMT「The U.S. Civil War」  
    • GMT「Paths of Glory」  
    • GMT「For the People」  
    • ツクダ「激闘、関ヶ原」  
    • Victory Games「The Civil War」

    西国の雄


    2.7 VASSALモジュールを1本以上仕上げる

    「真田軍記」。なんとか今年は完成させたいけど・・・。Commadn at SeaのVASSAL版が先になってしまうかも・・・。

    2.8 WW2陸戦テーマのキャンペーンシナリオを完遂する

    Operation Dauntless(GMT)を昨年プレイした際 に面白かったので、一度キャンペーンシナリオを完遂したいと思います。ただし、例えばThe Jaws of VictoryやBCS等に浮気する可能性もあるので、少し一般的に目標自体は「WW2陸戦テーマのキャンペーンシナリオ」としておきます。

    OpD00


    2.9 WW3テーマのキャンペーンシナリオを完遂する

    一応The Doomsday Project: Episode 1をターゲットにしています。こちらも 昨年プレイして 面白かったので、今年はフルキャンペーンシナリオをプレイしたいと思います。ただし、例えばThe Doomsday Project: Episode 2やThe Third World War等に浮気する可能性があるので、WW3ゲームとしておきます。

    TBFG


    2.10 海戦ゲームのキャンペーンシナリオをプレイする

    メインターゲットはBlue Water Navy(CompassGames)。今年は恐らく太平洋版も発売されるようなので、是非キャンペーンシナリオを完遂したいです。フリートシリーズやPacific War、あるいは拙作「海空戦!南太平洋1942」に浮気するかもしれません。

    pic5725172


    優先度C

    3.1 Fighting Wingsシリーズをマスターする

    せっかく和訳も手に入れたのだから、一度ぐらいはプレイしてみたいです。
    ただこのゲーム、スケールが細かすぎて一撃離脱戦法の旨味が上手く表現しにくいのですね。それよりも複葉機のように小回りが効く機体の方が使いやすいというのが・・・。

    Wings of the Motherland


    3.2 Red Stormシリーズ(GMT)をプレイする

    Down Town、Elusive Victory、Red Storm等のゲームについて、シナリオを1度以上プレイします。これも良いゲームなのですが、年に1回ぐらいはプレイしないとルールを忘れそう。

    RedStoem


    3.3 ゲームの和訳1本以上

    The Wild Yonder(GMT)の完全和訳版かPanzer/MBTのプレイブックを和訳しようかな?。

    イメージ 1



    3.4 有効プレイ率2.5以上

    昨年と同じです。

    3.5 PFB2022年内完成

    いつもと同じです。



    それでは皆様、今年も宜しくお願いします。

    今年もあとわずかです。今年はコロナ禍に始まりコロナ禍に終わった散々な年でしたが、そのような中にあっても色々なゲームをプレイしました。そこで例によって 2021年年始に立てた目標 に対する達成度を見ていきましょう。

    1.目標達成度

    優先度A

    (1) 英文8冊
    (2) 秋のゲムマまでに「ソロモン夜襲戦」又は「海空戦」続編版を発表する
    (3) 「海空戦No.3」をゲムマ春に発表する
    (4) 海空戦ゲームを4作品以上プレイする
    (5) 2021年の新作ゲーム4本以上プレイする
    (6) WW2ゲームを6本以上プレイする(海空戦を除く)

    これは全部達成しました。(3)は「海空戦No.3」ではなく「水上戦No.1」というタイトルになりました。

    全体像


    優先度B

    (1) 現在戦ゲームを3本以上プレイする(海空戦除く)
    (2) プレWW2ゲームを3本以上
    (3) ゲームの和訳1本以上
    (4) Red Storm(GMT)でNATOが攻撃側のシナリオを完遂する
    (5) VASSALモジュール
    (6) Fighting Wingsシリーズをマスターする


    これらは(1)(2)(5)が達成しました。うーん、成績が半分というのは如何にも・・・。

    RedStoem全体


    優先度C

    (1) ソロプレイゲームを2作品以上プレイする
    (2) 有効プレイ率2.5以上
    (3) Command at Seaをプレイする

    (2)(4)(5)を達成しました。(4)についてはStalingrad'42ではありませんが、それに代わる大型ゲームとしてThe Doomsday Project: Episode Oneをプレイしたので、まあそれでOKということで。

    z03


    全体としては達成率81%。昨年から14ポイント低下しました。あちゃー。
    来年はまず90点台に復活させたいですね。

    それでは、皆様、来年は良いお年でありますように・・・。

    今年も年末がやってきました。そこで個人的な今年のベストゲームを決めたいと思います。
    今回は昨年同様以下のような縛りにしました。

    (1) 過去3年以内に発表された作品であること。
    (2) 私自身は今年初めてプレイした作品であること。

    候補として残ったのは以下の作品群です。

    ・ガ島沖砲雷戦(GJ#77)(2020)
    ・ガダルカナルギャンビット(GJ#77)(2020)
    ・The Little Land(CompassGames)(2019)
    ・The Jaws of Victory(New England Simulation)(2020)
    ・Atlantic Chase(GMT)(2021)
    ・パンツァーカイル(GJ#78)(2020)
    ・The Battle for Germany(CompassGames)(2021)
    ・Bule Water Navy(CompassGames)(2019)
    ・SS装甲師団長(GJ75)(2020)
    この中から私が選んだ2021年ベストゲームは、以下の3作です。

    金:The Battle for Germany(CompassGames)(2021)
    銀:Bule Water Navy(CompassGames)(2019)
    銅:Atlantic Chase(GMT)(2021)

    次点は以下の通りです。

    ・The Little Land(CompassGames)(2019)
    ・The Jaws of Victory(New England Simulation)(2020)
    ・SS装甲師団長(GJ75)(2020)

    上の2つは良いゲームだと思うのですが、まともにプレイできていないのが難点(そういう意味では"The Jaws of Victory"は来年の候補に取っておきます。

    "SS装甲師団長"も悪いゲームではないのですが、傑作「オペドン」と比べると、やはり「ゲーム的」と感じる面が多々あるので入賞ならず、というところで・・・
    それでは良いお年を。

    TheBattleforGermany

    BWN表紙


    AtC00


    ゲムマ

    お越し頂いた皆様、ありがとうございます。
    また複数の方から「海空戦!南太平洋海戦1942」の再販についてご希望を伺いましたので、前向きに検討いたします。
    それでは次回もよろしくお願いします。

    ↑このページのトップヘ